ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

星野リゾート 界 アルプスの口コミ情報・宿泊予約

星野リゾート 界 アルプス

〒398-0001 長野県大町市温泉郷2884-26
星野リゾート 界 アルプス
〒398-0001 長野県大町市温泉郷2884-26
TEL: 0570-073-011
みんなの満足度
3.5 詳細評価
接客対応
3.6
清潔感
3.7
客室
3.3
食事
3.5
コスパ
3.2
立地
3.4
スパ・温泉
3.7
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 大人2名 解除
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
空室・最安値を検索
じゃらんJTB
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
1
良い
1
普通
1
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
0
家族旅行
2
友人・知人
0
一人
1
全文表示簡易表示
1 - 3件目 / 合計 3件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.8 2018年1月31日に投稿 獲得票数:13 投稿者: すしねこ
2018年1月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
期間限定で長野駅からの無料送迎バスが運行されており、そちらを事前に予約して宿まで向かいました。大型観光バスで運行されており、宿に到着するとスタッフが総出で迎えてくれました。降車は一気に行うのではなく、スタッフより名前を呼ばれてからロビーへ向かいます。間隔を空けて呼ばれるため、チェックインは混雑もせずに、ゆとりある手続きが行えました。 ロビーで温かいりんごジュースをいただき、その後に客室へと案内されました。私はそばアレ...

期間限定で長野駅からの無料送迎バスが運行されており、そちらを事前に予約して宿まで向かいました。大型観光バスで運行されており、宿に到着するとスタッフが総出で迎えてくれました。降車は一気に行うのではなく、スタッフより名前を呼ばれてからロビーへ向かいます。間隔を空けて呼ばれるため、チェックインは混雑もせずに、ゆとりある手続きが行えました。

ロビーで温かいりんごジュースをいただき、その後に客室へと案内されました。私はそばアレルギーを持っているのですが、食事以外に囲炉裏で振る舞われる「おやき」について尋ねると、納品元まで確認してくださいました。製造工場でもそば製品を扱っていないことなど、細やかで安心できる回答をいただきました。

星野リゾート界アルプスは、旧旅館松延の建物を使っていましたが、建て替えを行い2017年12月にリニューアルオープンしたばかりです。宿泊したのは「信濃もてなしの間 和室」という客室で、平日に1名で利用し2食付き37,650円でした。客室棟は西棟と東棟に分かれており、どちらも2階建てになっています。私は母屋寄りの西棟に案内されました。なお、東棟だけが温泉棟まで屋根付きの通路でつながっています。

和室の広さは42平米あり、畳敷きにベッドが備えてある和洋折衷の造りです。所々の装飾は信濃の工芸品を使用し、落ち着いた雰囲気に仕上がっていました。ベッドルームとリビングの間に仕切りもないことから、広々とした印象がありました。ベッドはロータイプのために、普段はベッドに慣れてない方でも使いやすいと思います。ふんわりとした寝心地で、ぐっすり休むことができました。ほかの星野リゾート界と同じように、照明は暗めの設定になっていますが、特に使いづらいと感じるほどではありませんでした。

温泉内風呂の付いた客室以外は、離れを含めてシャワーのみとなり、バスタブは用意されていません。寒い時期にシャワーだけでは冷えるため、客室にもバスタブがあればと思いました。加えて私の客室棟からは、雪の中通りを渡って温泉棟へ行くため、足元が雪に埋もれて冷たい思いをしました。アメニティは髭剃りを除いてそろっており、化粧品類は星野リゾート界オリジナルながら、和漢生薬成分を含んだ質のよいものです。ただ、男性は大浴場へ髭剃りを取りに行かねばならず、できれば客室に備えて欲しいと感じました。

温泉棟の1階に湯上り処があり、2階が大浴場となっています。男女ともに造りが違わないことから、入れ替えはありませんでした。利用時間は15時から深夜1時、朝は5時から11時となっており、タオル類はすべて用意されています。宿泊した日は、内湯にりんごが浮かべられ、信州らしさを感じるりんご風呂を堪能できました。露天風呂からは、四季折々の山々やカラ松が眺められ、よい雰囲気の造りでした。ただ、屋根がないために、悪天候時は長くは入れないのが難点です。内湯は黒っぽい造りの上に照明が暗く、夜間は足元がよく見えずに、とても気を使う必要がありました。温泉は加水・加温・循環・消毒がなされています。

食事は2食ともに食事処で用意されます。半個室の食事処は、障子張りゆえに会話は聞こえてしまいますが目隠しは効いており、あまり周囲を気にせずに食事ができました。器、盛り付けともに美しく、創意工夫のある食事内容でした。宿の売りである雪解けをイメージした雪鍋は、綿あめに割り下を掛けていただく、見た目にも面白い料理でした。料理自体はすき焼きになりますが、生卵ではなく半熟の卵を付けていただくのも珍しかったです。

朝食はやや品数が少ないながら、朝はあまり召し上がらない方には、ほどよい量かもしれません。鉄鍋で提供される茸と鶏の味噌汁がおいしく、冷え込む朝には体が温まる料理でした。

いままで泊まった星野リゾート界とは異なり、臨機応変で心のこもった応対をいただきました。ほかの施設が悪いわけではありませんが、マニュアル化されたおもてなしではなく、全体的に宿泊客の立場に寄り添った温かいものでした。いくつかの場面で遭遇したのは、どれも細やかで迅速な応対ばかりでした。スタッフは好感が持てる方が多く、とてもよい滞在ができました。

建て替えてリニューアルしたばかりのため、どこを利用しても新しく奇麗で、快適に過ごせました。ほかの星野リゾート界とは異なり、イベントは場所が固定されているため、あちらこちらに移動しなくてよいのは楽でした。宿泊初日は15時から22時までと開催時間も長かったです。イベントの時間帯にも余裕があるため、時間に追われず利用できるのは有難いと感じました。信濃の文化や伝統工芸に触れながら、自分達のペースでゆっくり過ごせ、どの世代でも貴重な体験ができると思います。正直、いままで宿泊した星野リゾート界の中では、一番素晴らしいと感じました。ぜひ、またリピートをしたくなる宿です。

接客対応

落ち着いたスタッフが多く、細やかな心配りのできる方が多かったです。温かい応対で、和やかに過ごせました。

清潔感

建て替えて1カ月ほどなので、とても奇麗で気持ちよく過ごせました。

客室

バスタブが無くシャワーのみというのは残念ですが、広々とした印象があり使いやすかったです。

食事

信州の滋味を使った創意工夫のある料理でした。雪鍋はほかで見かけたことがない、面白い料理だと思います。

コスパ

接客の満足度は高かったものの、客室の設備や食材などを考慮すると、やや割高に感じる料金でした。

立地

黒部アルペンルートの入り口にも近く、自然豊かな場所に位置してます。

温泉・スパ

露天風呂の雰囲気がとてもよく、雪景色に似合う造りでした。ただ、雨や雪除けの屋根は欲しかったです。

備考・アドバイス

囲炉裏では、15時から19時まで「おやき」を、19時半から22時までは「焼きりんご」や「熱燗」が振る舞われます。翌朝は6時から7時まで「おめざ粥」もあり、信州出身の年配のスタッフから楽しい話も伺えました。

お冷ポットがなく、1人に1本500mlミネラルウォーターがサービスされます。飲み物が必要な方は、事前に調達されたほうがよいかと思われます。

星野リゾート全般に言えることですが、宿への直通番号はなく、コールセンター経由となります。急に宿へ連絡を取りたい時などは不便に感じます。また、キャンセル料が3週間前からかかり、3日前から100%となるのでご注意ください。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.3 2016年2月7日に投稿 獲得票数:4 投稿者: ももこ
2016年1月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
「和室(10畳+広縁)」に大人2名と子供1名で宿泊しました。平日1泊2食付のスタンダードなプランで大人1名16,000円、子供(食事なし・寝具なし)は無料でした。こちらの宿はチェックアウトが12:00となっており、宿泊した翌日も温泉を楽しんだり宿の周辺を散歩したりとのんびりできるので、ゆっくりしたい方には特にオススメです。 私たちは車で宿に向かったのですが、宿の向かいにある駐車場に車を停車させるとチェックインの時間より早かったのにも関わ...

「和室(10畳+広縁)」に大人2名と子供1名で宿泊しました。平日1泊2食付のスタンダードなプランで大人1名16,000円、子供(食事なし・寝具なし)は無料でした。こちらの宿はチェックアウトが12:00となっており、宿泊した翌日も温泉を楽しんだり宿の周辺を散歩したりとのんびりできるので、ゆっくりしたい方には特にオススメです。

私たちは車で宿に向かったのですが、宿の向かいにある駐車場に車を停車させるとチェックインの時間より早かったのにも関わらずすぐにスタッフの方が出てきてくれました。その年配のスタッフさんは子供のことを名前で呼んでくれたり、フレンドリーかつ丁寧な対応をしてくれてかなり好感がもてました。

宿のコンセプトが「信州の贅沢な田舎体感」というだけあって、エントランス前には土間があり、囲炉裏を囲んで蒸し野菜や甘酒、野沢菜漬けなどが振る舞われていました。せいろでゆっくりと蒸されたジャガイモとサツマイモは甘味がありおいしく頂けました。甘酒は自分で囲炉裏の火で温めてから飲みました。用意されたものをそのまま頂くのではなく、自分でひと手間加えてから頂くというのもおもしろかったです。チェックイン後から19時まで利用できるので、自分たちの好きなタイミングで楽しめます。他のゲストの方々もそれぞれに楽しまれていたようでした。

客室は10畳の和室+広縁という至ってシンプルなものでした。3ヶ月後(2016年3月末)にはリニューアル工事のために一時閉館するということで、さすがに古さは感じましたが、清潔に保たれていました。窓からは北アルプスの山々が見渡せ自然を感じることができました。コートや荷物を収納するスペースもあり便利でした。広縁に椅子はありましたが、ソファーではないので座って寛ぐという感じではなかったです。

客室のテーブルには蒸篭が置いてあり、冷蔵庫の中にある温泉まんじゅうを温めて食べることができるようになっていました。確かに温めてから頂くお饅頭は普通に頂くよりもおいしく感じました。ちょっとした工夫ですが、ゲストを喜ばせてくれるサービスがうれしかったです。

客室のお風呂は温泉ではないので利用しませんでしたが、洗面台はわりと明るく使いやすかったです。歯ブラシなどのアメニティは「界」オリジナルの風呂敷に包まれており、風呂敷はおみやげに持ち帰れるのでうれしいです。以前宿泊した界ではシャンプー類、基礎化粧品類は界オリジナルブランドのものが用意されていましたが、こちらでは市販のものが置いてありました。

夕食までの時間に和紙作りの体験ができました。予約の必要はなく無料で体験できてハガキを作って持ち帰れます。若い女性のスタッフさんが和紙作りを手伝ってくれたのですが、このスタッフさんが他のスタッフさんに比べると愛想がなく笑顔も少なくて事務的な感じがしました。新人さんだったのでしょうか。他のスタッフさんたちの対応が良かっただけに非常に残念に思いました。

夕食は、個室風に仕切られた食事処でいただきました。1つの部屋をついたてで2つに仕切って使用していました。スタンダードな会席料理です。運んできてくれるスタッフさんはしっかりと内容を説明してくれますし、丁寧なお品書きが置いてあるので料理の内容がよくわかりました。食前酢から始まり、メインは「雪鍋」という名前のついたすき焼きでした。1人用のお鍋に氷が雪山のように盛り付けてありました。そこに火をつけると、あっという間に氷が溶けていき春の雪どけをイメージさせるお料理でした。インパクトがあり楽しめる演出で、記憶に残ること間違いないです。お料理は全体的に器や見た目にこだわっていて美しく、優しいお味でおいしかったです。メインの前にはお凌ぎのお蕎麦もあってボリュームも十分でした。その他、追加で注文できるお料理もいくつかあるようです。

夕食後には土間でお餅つきが行われ、ほとんどのゲストの方が集まっていたと思います。季節など関係なく毎晩行われているとのことでした。子供用の小さな杵も用意されていたので小さな子供は楽しそうに参加していました。つきたてのお餅は、あんこ、きなこ、もしくは大根おろしのトッピングでいただくことができました。臼と杵でのお餅つきはそう体験できるものではないですし、みなさん楽しんでいました。そして、非常においしいお餅でした。

朝食も夕食と同じ食事処でいただきました。ご飯は土間にあるかまどで炊いたものだそうです。朝6時くらいに炊き始めるそうで、その光景を見学することもできます。オーソドックスな和食でしたが、印象的だったのはお味噌汁ではなく小さな鴨鍋風のお料理があったことです。ほっこりと温まるお料理でおいしかったです。スタッフさんも適切なタイミングでお茶を変えてくれたりと、気持ちよく食事をすることができました。

温泉は、男女別に大浴場があり、内風呂と露天風呂がありました。内風呂は広々としていて泉質もやわかく適温なので長くつかることができます。そして、この宿の醍醐味とも言える露天風呂はほんとうに心地よく心から寛ぐことができました。お湯に浮かんだ大量のりんご、よく冷やされた月見酒とカリン水で、やすらぎのひとときを過ごせます。さらに、お風呂で読めるように防水加工がされている文庫などもそろえてありました。翌朝になると浴槽に浮かべられていたりんごは檜の板に変わっていました。檜の香りがすがすがしく朝風呂にぴったりでした。なお、バスタオルも大浴場に用意されていました。

冬場は近隣のスキー場への送迎もあり、ウインタースポーツが楽しめます。白馬五竜というゲレンデにはこちらの宿泊客専用のラウンジもあり便利でした。

ちなみに、私たちは冬季に作られる巨大なかまくらを楽しみに宿泊しました。しかし、今年は雪が全くなく1月の時点では作れないとのことで残念でしたが例年でしたら巨大なかまくらが楽しめるようです。

客室こそ素朴な温泉旅館という感じでしたが、心のこもった接客と贅沢な露天風呂、土間パーティーやお餅つきなどのおもてなしの数々、ゆっくりと温泉を楽しみたい方にはもちろんオススメですが、どちらかというと賑やかに過ごしたいファミリー向けの宿かもしれません。いろいろな体験ができるので、ずっと宿にいても飽きずに楽しめます。絵本や旅の本など様々な本がそろえてあるライブラリーもあり、のんびりできます。リニューアルのためしばしの休業を迎えますが、リニューアル後にまた訪れたいと思える宿でした。

接客対応

マニュアル通りではなくゲストに合わせた対応をしてくれている感じがして好印象。若い女性スタッフの対応が冷たく感じられその1人だけが非常に残念でした。

清潔感

清潔感はありますが、施設の老朽化は感じられます。間もなくリニューアルのために一時閉館するとのことです。

客室

シンプルな和室です。しっかりと清掃されていますが、備え付けの押し入れの中など古さが目立ちます。

食事

内容はシンプルですがおいしく、見た目が美しくインパクトのあるお料理でした。

コスパ

いろいろな体験が無料でできるのでコスパは良い方だと思います。

立地

自然豊かな土地です。冬はゲレンデまで近く便利です。

温泉・スパ

露天風呂の果実湯(冬はりんご)、ふるまい月見酒など楽しみながらゆっくりとお湯につかることができました。

備考・アドバイス

・ゲレンデまでの送迎は時間が決まっているので利用したい場合は確認すると良いでしょう。
・雪のかまくらは2月にならないと完成しない年もあるそうです。
・宿周辺での雪遊びには子供用のソリなどを貸してくれます。

4.5 2016年1月7日に投稿 投稿者: 菜の花
2016年1月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
大町温泉郷の一番奥にある、贅沢な田舎体験をコンセプトとした、こじんまりとしたお宿です。 チェックインは、ロビーにあるソファに座りながら、ゆったりとできました。 1階にある土間で、囲炉裏を囲んで温まりながら、様々なおもてなしを受けることができるとの説明があり、チェックインを終えると早速行ってみました。 食べ物は、昔ながらのかまどを利用し、じゃがいもとさつまいもがほっかほかに温められており、バターやお塩を付けて食べることがで...

大町温泉郷の一番奥にある、贅沢な田舎体験をコンセプトとした、こじんまりとしたお宿です。

チェックインは、ロビーにあるソファに座りながら、ゆったりとできました。
1階にある土間で、囲炉裏を囲んで温まりながら、様々なおもてなしを受けることができるとの説明があり、チェックインを終えると早速行ってみました。
食べ物は、昔ながらのかまどを利用し、じゃがいもとさつまいもがほっかほかに温められており、バターやお塩を付けて食べることができます。他にも、信州の名産である野沢菜漬けがありました。
飲み物は、地酒、甘酒、果林水、そば茶があり、地酒はそのまま冷酒でもいいですし、囲炉裏で温めてぬる燗や熱燗で楽しむこともできました。
夕食前だとわかっていても、ついつい温野菜を何度もおかわりしてしまい、地酒もすすんでしまいました。
土間なので気温は低いですが、ブランケットの貸し出しもあり、囲炉裏の温かさにすっかり癒されました。

お部屋は、和室(10畳+広縁)でした。
築年数は経っているようでしたが、清潔感があり、古さは気になりませんでした。
冷蔵庫には冷水と温泉まんじゅうが入っていました。他には有料のミネラルウォーター、リンゴジュース、生茶、ハートランドビールが入っていました。
テーブルに蒸篭が用意してあり、お饅頭を温めて食べられるようになっていたので、あつあつを美味しくいただくことができました。
浴衣はスタッフの方がサイズを選んでくださり、子ども用(小学生と幼児)もお借りすることができました。
歯ブラシなどのアメニティは、界オリジナルの風呂敷に包まれており、風呂敷は大浴場を利用する際にも使えるようになっていました。
部屋にもバスタオルが人数分用意してありましたが、大浴場には専用のバスタオルが用意されているので、持っていく必要がなくて助かりました。

設備
テレビ、電話、冷蔵庫、洋式トイレ(ウォシュレット)、バス、ドライヤー、浴衣

アメニティ
ドライヤー、ボディーソープ、シャンプー、リンス、タオル、バスタオル、ボディータオル、浴衣、歯磨きセット、髭剃り、シェービングローション、シャワーキャップ、コットン

大浴場の利用時間は、15時~1時 と 5時~11時 でした。
15時~20時の間は、露天風呂に2種類の地酒と果林水が無料で用意してあり、22時まではりんごが浮かんでいました。お湯の温度もちょうどよくて、つい長居してしまいました。
乳幼児用のベビーベットやベビーバス、椅子、シャンプー、ボディソープなども充実していました。
男女の入れ替えはありませんでした。

夕食は2部制で、お食事処でいただきました。
小学生と幼児は、プレートで提供され、大人は1品づつ適温でテンポよく運ばれてきました。岩魚のお刺身が特に美味しかったです。

夕食後には、1階の土間にて、おもちつきが開催されました。
家族づれの方も多く、子どもたちも餅つきを体験させてもらえて、かけ声と笑い声が響き渡っていました。
大根おろし、あんこ、きなこの3種類を食べ比べできて、やわらかいお餅はとても美味しく、別腹で食べれてしまいました。

朝食には、土間のかまどで炊いたご飯がでてきたのですが、とても美味しく、おかわりをたくさんお願いしてしまいました。

チェックアウトが12時なので、1泊でしたが、とてもゆったりと滞在することができました。
今年は雪が少なく、例年ならあるはずのかまくらも、残念ながらできていなかったので、ぜひまた来てみたい宿でした。

接客対応

親切丁寧であり、居心地の良い滞在をサポートしてもらえました。

清潔感

建物自体は新しくはありませんが、清掃が行き届いていました。

客室

老朽化している部分はありますが、居心地の良い空間でした。

食事

土間で炊き上げたご飯はとても美味しく、満足できました。

コスパ

価格以上の優雅な時間を過ごすことができました。

立地

大町温泉の中でも一番おくにあり、静かで落ち着きがありました。

温泉・スパ

露天風呂にドリンクサービスがあったり、リンゴが浮いていたり、バスタオルも使えてとても満足できました。

備考・アドバイス

建替改装のため、2016年3月31日をもって一時休館となり、再開業は、2017年秋ごろの予定との事です。

1 - 3件目 / 合計 3件

施設情報

施設名
星野リゾート 界 アルプス
かな
ほしのりぞーと かい あるぷす
所在地
〒398-0001
長野県大町市温泉郷2884-26
電話番号
0570-073-011
チェックイン
13:00
チェックアウト
11:00
アクセス
安曇野I.C~車で40分 長野駅より特急バスまたは信濃大町駅より車で約15分
送迎
なし
部屋数
48
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 × 貸切風呂 × 客室露天風呂 × 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 × 送迎サービス × ランドリー × クリーニング × マッサージ × エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 綿棒 冷蔵庫
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS
情報提供: じゃらん JTB

星野リゾート 界 アルプス周辺のホテル・旅館