ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

たてしな藍の口コミ情報・宿泊予約

3位

たてしな藍

〒391-0301 長野県茅野市蓼科中央高原横谷峡口
たてしな藍
〒391-0301 長野県茅野市蓼科中央高原横谷峡口
TEL: 0266-67-5030
みんなの満足度
3.4 詳細評価
接客対応
3.3
清潔感
3.6
客室
3.3
食事
3.3
コスパ
3.1
立地
3.4
スパ・温泉
3.5
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
じゃらん一休.comJTBるるぶトラベル近畿日本ツーリスト日本旅行
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
0
良い
2
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
1
家族旅行
0
友人・知人
1
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 2件目 / 合計 2件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.6 2017年11月27日に投稿 獲得票数:10 投稿者: colline
2017年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
旅行サイトのセールプランを利用し、11月の祝日に、2名1泊2食付き57,240円(1人当たり28,620円)で宿泊しました。 宿の駐車場に車をとめると、すぐにスタッフが出迎えてくださいました。玄関までは長い石階段を上ります。周りの木立は葉が散ってしまい、寒々しい風景でしたが、かえってそれが質素な宿の佇まいをより情緒深くさせていました。案内いただいたロビーは、和の趣の外観とは対照的に洋風のソファーが置かれていて、モダンな雰囲気がします。...

旅行サイトのセールプランを利用し、11月の祝日に、2名1泊2食付き57,240円(1人当たり28,620円)で宿泊しました。

宿の駐車場に車をとめると、すぐにスタッフが出迎えてくださいました。玄関までは長い石階段を上ります。周りの木立は葉が散ってしまい、寒々しい風景でしたが、かえってそれが質素な宿の佇まいをより情緒深くさせていました。案内いただいたロビーは、和の趣の外観とは対照的に洋風のソファーが置かれていて、モダンな雰囲気がします。ソファーは4つ向かい合うように配置されていますが、間隔が意外に狭く、先に座っていらしたお客様との距離が近すぎて少し気まずい感じになってしまいました。プライバシーを考えると配置を工夫した方がよいかと思いました。黒豆を寒天で包んだ和菓子と緑茶をいただきながらチェックインの手続きをしました。

敷地内には藍染工房があり、前もって予約しておけばチェックアウトの日に藍染の体験ができるそうです。藍染に興味のある方には喜ばれるのではないでしょうか。館内や客室には藍染の製品がここかしこに使われていますが、藍色の深い色合いに囲まれていると、なぜか心が落ち着きました。

客室は本館と新館があり、新館1階は本館1階から階段を12段上がった所にあります。こちらの宿はエレベーターがないので、足腰が弱い方はお部屋選びに注意が必要です。本館1階にある露天風呂付和洋室「Dタイプ」の「蘇芳」と「茜」という部屋は、大浴場や食事処に行くのに階段を使いません。ダイニングルームも備えていて、夕食は部屋でいただくので便利だと思います。

今回宿泊したのは、新館1階の露天風呂付客室「NDタイプ」の「如月」という部屋です。和室10帖と特に広くはありませんが、ゆとりのある広縁が付いているのでゆったり過ごせました。また、2帖ほどの化粧の間があり、着替えの時などに利用でき使い勝手が良かったです。清掃も行き届いていて、清潔感がありました。

藍染の布団カバーは大きな穴があいていたので、使い込むほどに風合いが増すとはいえ、新しいものに替えるか繕うかした方がいいと思いました。

館内着は浴衣と作務衣がそれぞれ1枚ずつ用意されていました。室内用にはバスローブが置いてあります。バスタオルは1人3枚ずつあったので、大浴場にタオルがなくても十分足りました。アメニティーは必要最低限で、ヘアゴムやコットンはありません。女性の基礎化粧品は備え付けの資生堂「ルモンドール」のものが用意されていました。メイク落としはないので、大浴場にある物を使用するか、自身の物を持参するとよいでしょう。男性用は備え付けの資生堂のヘアケア用品とアフターシェーブローションが用意されていました。宿泊費を考えますと、もう少しアメニティーや化粧品を充実させてほしいです。

飲み物はお茶セットとドリップコーヒーが用意されていました。冷蔵庫の物はすべて有料でしたが、ミネラルウォーターくらいは無料でよいのではと思いました。

客室の温泉露天風呂はバルコニーに設置されています。石造りの小さな湯船で、内側にステップがあり半身浴も楽しめます。新緑や紅葉の季節に比べ、この時期の眺めは枯れ木が多く寂しげですが、自然に囲まれながら入る温泉は気持ちの良いものでした。広いバルコニーには、リラックスできるチェアとテーブルも用意されていて、湯上りに寛ぐのに丁度よかったです。敷地が幹線道路に接していて意外に車の通りが多かったので、お風呂に入っている時に少し騒音が気になりました。内風呂と露天風呂が離れていて、動線が悪かったです。

大浴場は2箇所あり、共に露天風呂を併設しています。利用時間は、内湯は15時から翌日9時半まで、露天風呂は15時から23時までと、翌日明るくなった時間(時間は決まってませんでした)から9時半までです。夕食時に男女の入れ替えをします。最初に女湯だった方は、内湯も露天風呂も小さかったです。もう一つの風呂はどちらも広く、開放感がありました。岩の露天風呂は屋根がなく、見上げると高原の澄んだ夜空を見ることができ、爽快な気分になりました。このほかに、有料の貸切露天風呂が2箇所あります。部屋に露天風呂が無く、気兼ねなく温泉を楽しみたい方はこちらを利用されるとよいかもしれません。

こちらの宿は「ふるまいサービス」と言われるものがあり、ロビーで15時~17時半に心太を、20時~21時にワインかジュースをいただけます。ワインサービスの時間は、照明が落とされ、BGMが流れる中ライトアップされた庭を鑑賞できました。利用できる時間が短いため、すぐに席が埋まってしまい、一旦部屋へ戻る方もいらっしゃったので、あと30分位長ければゆっくり楽しめたのではないかと思いました。朝食後は酒厨「ちろり」で抹茶か(8時半~10時)、ロビーでコーヒーを(8時~10時半)いただけます。夕食後は冷蔵庫に「そばずし」が用意されていました。味はお寿司ですが、しっかり蕎麦の香りもする初めての食感でした。

食事は朝、夕共に食事処「山味庵」の個室でいただきます。話し声は聞こえますが、騒がしい方はいらっしゃらなかったので静かに食事ができました。夕食は18時、18時半、19時から、朝食は8時、8時半、9時から選べます。

夕食は旬の食材を使った懐石料理です。山間の宿らしく、山菜やキノコをふんだんに使った料理が供されます。しめじや舞茸、エリンギは勿論のこと、花びら茸や白舞茸など食べたことのないキノコも味わえました。特選牛のワイン蒸し焼きは、その場でワインが掛けられ、香りがフワッと広がり食欲をそそります。器にりんごを利用したり盛り付けにも工夫が凝らされていました。洗練された懐石料理という感じではないですが、滋味豊かな美味しい料理でした。配膳を担当された女性スタッフの料理の説明が早口なのが少し気になりました。

朝食は鱒の一夜干しや卵豆腐、切り干し大根の煮物などが並ぶ和食です。朝食の定番の卵焼きはありませんでしたが、代わりに数種類の豆腐を楽しめました。みそ汁は、夕食同様たくさんのキノコが入っていて美味しかったです。ご飯は、白米か蕎麦粥を選択できました。

接客は全体的に丁寧な対応で好感が持てました。女性スタッフは笑顔の方が多く親しみがあります。女将さんらしき方が夕食中に挨拶にいらっしゃいましたが、物腰が柔らかで人柄の良さが表れていました。ただ、宿に到着してロビーに案内された際に、男性スタッフが私達の荷物を土足で歩く床に置いたのはショックでした。これは改善してほしいです。

門から玄関までの階段が長かったり、館内にエレベーターがなかったりするのは不便ですが、それを忘れるほどの豊かな自然があると思いました。高原の澄んだ自然の中で美味しい料理をいただいて、のんびり寛げる素敵な宿です。

接客対応

接客は全体的に丁寧な対応で好感が持てました。女性スタッフは笑顔の方が多く親しみがあります。。

清潔感

どこも清掃が行き届いていました。水回りもきれいにされていて衛生的でした。

客室

特に広くはありませんが、ゆとりのある広縁が付いているのでゆったり過ごせました。客室露天風呂は開放感あって快適でした。

食事

夕食は滋味豊かな懐石料理がいただけます。種類豊富なキノコ料理はどれも美味しかったです。

コスパ

アメニティー以外は、価格相応の満足が得られると思います。

立地

自然豊かな高原にあります。バスの本数が少ないので、車で来られた方が便利かと思います。

温泉・スパ

無色透明の刺激の少ない温泉です。岩の露天風呂は屋根がなく爽快感がありました。

備考・アドバイス

・ロビー近くの廊下にセルフサービスの麦茶が用意されています。

・露天風呂付和洋室「Dタイプ」の「蘇芳」はロビーの隣にあり、「茜」は「蘇芳」の隣にあります。本館1階には「蘇芳」「茜」以外に客室はありません。

・大浴場は本館1階にあり、有料の貸切露天風呂は新館2階の奥にあります。

4.0 2015年5月4日に投稿 投稿者: 山の音
2014年12月頃に友人と滞在 この口コミに投票する
車を降り、玄関に向かう石段の小路を歩いていくと、綺麗な藍染ののれんが掛かった鳥居状の門が現れます。蓼科というと別荘地、上品、上質なという連想が浮かびますが、引き込まれるような藍色はまさにピッタリ、宿に入る前から上等なもてなしが待っているに違いないと想像させます。途中、藍染工房へ続く横道を見ながら進み、非常に小ぶりながら清楚とした玄関に到着します。従業員の歓迎を受け、前を見渡すと大きくはない施設ながら、窮屈に感じない暖...

車を降り、玄関に向かう石段の小路を歩いていくと、綺麗な藍染ののれんが掛かった鳥居状の門が現れます。蓼科というと別荘地、上品、上質なという連想が浮かびますが、引き込まれるような藍色はまさにピッタリ、宿に入る前から上等なもてなしが待っているに違いないと想像させます。途中、藍染工房へ続く横道を見ながら進み、非常に小ぶりながら清楚とした玄関に到着します。従業員の歓迎を受け、前を見渡すと大きくはない施設ながら、窮屈に感じない暖色系の赤を上手く調和した明るく居心地よさそうな規模のロビーが広がっています。庭がよく見えるように広大なガラス窓で開放感たっぷり。チェックインを済ませ、今回お目当てにした掘炬燵のあるNCタイプの部屋に案内されます。

室内は3人では余裕のありそうな純和風の10畳間とその奥には待ち焦がれていたシックな藍色のこたつ布団にくるまれた掘炬燵、その向こうには床から天井までの大きなガラス窓から明るい光が差し込んでいます。早速いただいたのは疲れを癒す甘いようかん。頂いたあとは掘炬燵に集合です。あったかーい。外を見ると冬でも枯れない松林に囲まれたちょっとしたお庭が一望できます。ひと時マッタリしてから最近の旅館に多くなってきた作務衣に着替え温泉に向かいました。

露天風呂は一部天井が覆うタイプで小雨や雪が降ってもかえって風流です。泉質は、素直な感じの無色透明アルカリ性単純泉で長湯しても大丈夫でした。心なしか肌が柔らかくなったような感じです。

夕食は、個室食事処で、ちょっとした料亭のような趣です。品数は普通の日本料理より少し多いのと一品一品がちょっとだけ大振りなことと美味なせいでお酒は進むし、信州だからと、あらかじめ馬刺しを予約したのが裏目に出ました。名物胡麻仕立ての豚角煮、合鴨鍋と進むにつれお腹がいっぱいです。更に、何故かこちらのペースでなく、サクサクと短時間でお料理を配膳されるので休む間が全くありません。残念ながら合肴は少し箸をつけただけでギブアップ。完食はできませんでしたが、味は見ておきたいと取り敢えず全てには箸をつけました。これでもかというくらいに次から次に料理が運ばれ、後半は、お酒を楽しむひと時もなく、食べました。でも地酒飲み比べはどれも美味でした。もうちょっとゆっくり配膳してくれたらなぁ。。品数が多いのかなぁ。奇抜な独創性のある盛りつけや調理方法は特別ないのですが、料理の味付けやちゃんと調理されていることが分かります。品数が多いのは、「もてなし」の表現でしょうか。

自室でしばし休憩後、ロビーに行きました。音楽が流れています。すると曲に合わせてお庭のライトアップが変化します。それをサービスワイン(飲み放題)をいただきながら、まったりしました。やがて眠くなりましたので、まだ夜更けではありませんが満腹のせいで熟睡です。

翌朝はこちらは良い天気ですが、八ヶ岳は悪そうです。朝風呂に入り朝食となります。ちょうど良い量でした。出立までの暫しの時間に、ちょっとした茶室風空間でお抹茶をいただきました。お土産処では、藍染のアクセサリーやバッグ等を中心にお菓子等食品も取り扱っていました。

宿のロビーを象徴としたセンスの良さと、お食事では「もてなそう」という気持ちがあふれ出ています。藍染のお土産を手に宿をたちました。深くて、美しくて、心を鎮める、やっぱり藍はカッコイイです。

接客対応

必要な接遇がされており不便がない。一定以上の密着性がなく、それがかえって煩わしさがない点として挙げられる。

清潔感

館内の清掃は行き届いており、個室、共有部分とも全く不快感のない清潔が保たれている。

客室

共有部分と異なり、純和室テースト。全部屋数は少ないが部屋タイプは豊富で、都度、部屋を変えることで新鮮な印象が得られることで、飽きさせない。

食事

いわゆる創作料理ではない。特別な技工や盛り付けの豪華さはないが、素材と調理で満足させる実力があり、品数も一般的な日本料理より多いので盛りだくさん。

コスパ

プライベートな別荘的な使用方法と考えると、全くコスパに遜色はなく、むしろ安価。あれだけの清潔な環境と料理が維持費なしで手に入れることができるのは幸せ。

立地

都内から非常に至近であり、周辺は一級の観光地が揃っており、非常に利便性に富む。本来一等の別荘地。

温泉・スパ

泉質は特徴だったものでないが、いつも清潔で部屋数を考えると浴場数は豊富で飽きがこない。デザイン性も高い。

備考・アドバイス

広さや豪華さを優先するなら部屋の広い露天風呂付客室が良いでしょう。しかし、個室露天風呂の必要性は然程ないと思います。大浴場が2種類、貸切露天風呂も2種類ありますので、1・2泊程度ならこれだけでも飽きないと思います。

男性でも根を上げるくらいですから、お食事には余計なオプションは頼まないのが良いようです。ボリュームは十分です。

都内からだと本当に近いです。自分だけのセーフハウスにするのも良いでしょう。

1 - 2件目 / 合計 2件

施設情報

施設名
たてしな藍
かな
たてしなあい
所在地
〒391-0301
長野県茅野市蓼科中央高原横谷峡口
電話番号
0266-67-5030
チェックイン
15:00
チェックアウト
10:30
アクセス
■お車の場合
・東京(中央高速)~諏訪I.C~メルヘン街道(R229)~たてしな藍(諏訪I.Cより30分)
・大阪(名神)~小牧JCT(中央高速)~諏訪I.C~メルヘン街道(R229)~たてしな藍(諏訪I.Cより30分)
■電車の場合
・新宿(中央東線特急2時間20分/2時間45分)~茅野(バス(メルヘン街道バス)・タクシー約20~30分)~滝見平下車(徒歩2~3分)~たてしな藍
・名古屋(中央西線、塩尻で乗り換え特急3時間)~茅野(バス(メルヘン街道バス)・タクシー約20~30分)~滝見平下車(徒歩2~3分)~たてしな藍
<茅野駅発バス時刻>→<滝見平着バス時刻>
9:20→9:52
12:20→12:52
15:00→15:32
<滝見平発バス時刻>→<茅野駅着バス時刻>
10:33→11:05
13:33→14:05
16:23→16:55
送迎
なし
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車場台数: 20台
部屋数
17
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 ○ 貸切風呂 ○ 客室露天風呂 × 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 × 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ × エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 ○ ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 スリッパ 綿棒 冷蔵庫 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS デビットカード