ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

〒399-2431 長野県飯田市川路4942-2
渓谷に佇む隠れ宿 峡泉
〒399-2431 長野県飯田市川路4942-2
TEL: 0265-27-3332
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:11 投稿者: izaiza認証済
2019年7月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
和モダンにリニューアルされた高級感のある館内と地元の食材を生かした独創的なお料理が魅力の温泉宿

「峡泉」のある天竜峡温泉は、長野県を流れる天竜川の渓谷「天竜峡」にある温泉地です。

7月下旬に、大人2名、小学生1名で宿泊しました。客室はベーシックルームという和室(本間10帖+次の間4帖)、一泊二日の夕朝食付きで、料金は税込で大人1名22,300円、子供1名15,610円でした。長野県には年に一度は訪れていますが、天竜川沿いは数少ない未訪の地で、夏休みを機に初めて訪問することにしました。

最寄り駅はJR飯田線の天竜峡駅で、宿まで徒歩5分程です。この日は高速バスの伊賀良バス停から無料の送迎サービスを利用しました。ドライバーは宿の支配人の方で、穏やかな笑顔と物腰やわらかな語り口がとても印象的でした。幸運なことに、このあとの諸々の手続き、客室への案内、夕食の給仕などはすべて支配人の方に担当していただきました。

建物は峡谷の崖の上に位置し、周辺の生い茂った木々にすっぽりと覆われています。館内に一歩足を踏み入れると、そこからは別世界で、涼しい微風とお香の香りが静かに漂っていました。リニューアルされたばかりのロビーは和モダンの装いで、大きなガラス窓から見える日本庭園とのコントラストが美しく、庭園美術館を思わせる雰囲気がありました。ウェルカムドリンク&スイーツは、スパークリングハーブティーと林檎羊羹のセットで、ミント香の冷たいおしぼりが添えられていました。炭酸を含むハーブティーの清涼感は格別で、暑さで疲れた体を隅々まで癒してくれました。ロビー脇にはライブラリやフリードリンクのコーナーがあり、宿泊客がいつでも無料で利用できるサービスが整っていました。

館内は、客室に向かう廊下にもお香の香りが漂っていました。玄関先に置かれた「知足のつくばい」や廊下に飾られた「緑地金襴手の花瓶」など目を引く置物もあり、どこにいても高級旅館らしい雰囲気を感じました。

客室は、昔ながらの和室と、2019年4月にできたばかりのハイグレードのツイン和洋室があります。今回宿泊した客室は「梅」という和室でした。客室の広さは、主室に加え、広縁、玄関、廊下、バスルームなどを含めると、恐らく30平米超はあるものと思います。内装は、いかにも伝統的な和室といった雰囲気で、経年は感じるものの、畳は新しく清掃も行き届いていて清潔感がありました。窓からの景色は、木々の緑が美しく、その合間からかすかに天竜川が見えました。この辺りは国定公園に指定されているため、許可なく木々の伐採ができないのだそうです。

洗面台のスペースはこじんまりとしていますが、ヘアドライヤーは2つあり、化粧品もそろっていて、使い勝手の良さを感じました。基礎化粧品、シャンプー類はすべて、松山油脂の「LEAF&BOTANICS」で統一され、精油の香りが心地よく感じました。無線LANのサービスは、動画再生やファイル転送などスムーズで、通信速度は快適に保たれていました。コンセントは10か所以上もあり、電子機器の充電には不自由しませんでした。飲み物はいずれも無料で、ほうじ茶、玄米茶、煎茶のティーバッグが各2つ、ミネラルウォーターが6本と、UCCのドリップコーヒーシステム(カプセルは4つ)が用意されていました。

お風呂は、共同の貸切風呂、客室内のバスルームがあり、いずれも温泉です。貸切風呂は循環ですが、客室内のバスルームは源泉が直接供給されています。源泉名は天竜峡温泉、泉質はアルカリ性単純温泉で天然ラドンを含んでいます。やわらかで少しぬるっとしたお湯は肌に優しく、湯上がり後はすべすべして美肌効果を感じました。

貸切風呂は2か所にあり、空いていればいつでも自由に利用できます。入浴時には、入口の札をめくって「ご使用中」としてから、中から鍵を閉めます。バスタオルやフェイスタオルは常備されており、客室からの持参は不要です。脱衣所には、冷茶のサービスもありました。浴室は、4~5名は入れそうな浴槽と4つの洗い場があり、家族風呂としては十分すぎるほどの設備でした。シャンプー類は、同じく松山油脂の別ブランドの製品が用意されていました。洗面台には、基礎化粧品はなく、最低限の使い捨てアメニティが用意されていました。貸切風呂は2か所とも利用しましたが、向かって左手(ロビー寄り)の方が、柱がない分見通しが良く開放感がありました。アメニティや備品は、同じものが用意されていました。

客室のバスルームは、一般家庭にありそうな近代的なお風呂場の設備で、二畳弱ほどの適度な広さ(約170cm×約160cm)がありました。温泉宿らしい風情はありませんでしたが、全体的に新しく清潔感にあふれ、気持ちよく利用できました。浴槽は横になって入浴できる広さがあり、温泉をためて何度も湯浴みを楽しみました。

食事は、ベーシックルームの場合、通常は部屋出しですが、この日は宿泊客が少なかったため、宿側の配慮で特別にダイニングルーム(食事処)に席を用意していただきました。ジャズやボサノバをBGMに、徐々に暗くなっていく外の景色はムード満点で、黄昏時のおしゃれな雰囲気に浸りました。

夕食の会席は、地元の旬な食材を使った多種多彩なお料理が並び、独創性豊かで「楽しむ」という言葉がぴったりの献立でした。熊笹茶の御椀は、お茶の旨味と鯉のつみれの相性が秀逸で、口の中に残る余韻を暫し楽しみました。お造りの大王岩魚はこの地ならではの一品で、脂がのってしっかりとした食感を楽しみました。焼き物は、川辺を歩く沢蟹に見立てた盛り付けがかわいらしく、鮎の香ばしさが特に美味しく感じました。冷やし鉢は、ガラスの器に竹筒が乗っているだけに見えたのですが、竹筒を持ち上げると、隠れていたそうめんと卵が流れ出てきて、遊び心で童心に返りました。クライマックスは、すっぽんと野菜を湯葉で巻いた天ぷら、A5級の信州プレミアム牛の焼肉、黄金シャモの薬膳鍋など主役級のお料理が続々と登場し、豪華で独創的なお料理を心行くまで堪能しました。

お酒は、「北緯35度のテロワール」という地酒をいただきました。幻の酒米といわれた「たかね錦」や地元の名水を使ったこだわりの一品で、すっきりとしたキレと旨味のバランスが絶妙でした。結局、あまりの美味しさに、二度もおかわりしてしまいました。

夕食後は星空観賞ツアーの予定だったのですが、あいにくの曇り空で中止となりました。その後、少し晴れてきたので宿の周辺を散歩していたところ、スタッフの方が出てきて、見える範囲で星空の説明をしてくれました。このスタッフの方は「星空案内人」という民間資格を有する方で、北斗七星や夏の大三角形はもちろんのこと、木星や恒星の等級定義に至るまで、子供にもわかりやすく説明してくれました。普段、星の見えない東京に住む私たちにとって、こうした気の利いたサービスは本当にありがたく、子供にとっても夏休みの良い思い出となったように思います。

朝食は、食卓を埋め尽くすように、一品一品手の込んだお料理が並び、量・質ともに充実した献立でした。食材はいずれも新鮮で、特に野菜たっぷりのサラダや味噌汁が美味しく感じました。味噌汁は薄味で、ヤングコーンやアスパラガスなど素材そのものの味を味わいました。小松菜のスムージーは、果物の甘味で味付けされていて、目覚めの一杯にうってつけでした。

朝食後は、早々に9時過ぎにチェックアウトしました。チェックアウト後は、周辺を観光するため、昼過ぎまでキャリーバッグを預かっていただきました。宿を出ると、目の前が散策ルートになっていて、あらためて観光拠点として便利な立地に感じました。

長野県有数の景勝地に、このような上質の温泉宿があるとは、今回の訪問まで全く知りませんでした。物腰やわらかな接客、香りへのこだわり、独創性豊かなお料理、夏の星空観賞はこちらの宿ならではの魅力で、忘れられない夏の思い出となりました。天竜峡は、立地的にどこからも行きにくい場所というイメージがありますが、高速バスを使えば、意外に宿までスムーズにたどりつけます。次回は、季節を変えて再訪したいと思っています。

接客対応

スタッフの皆さんの穏やかで心のこもった接客に心が癒されました。特に食事や夜の散策の際には嬉しい心遣いがあり、滞在中は終始気持ちよく過ごせました。

清潔感

リニューアルされたロビー周辺はとても新しく、清潔感にあふれていました。昔ながらの和室も経年は感じるものの、隅々まで清掃が行き届いていました。

客室

昔ながらの和室は、窓から見える木々の緑が美しく、静かな安らぎの時間を過ごせました。温泉の出るバスルームやコーヒーシステムなど、設備も充実していました。

食事

地元の食材を使ったお料理は、素材を生かした味付けで独創性があり、器も美しく、味も見た目も大変満足しました。夕食にいただいた地酒は、私の中では指折りの一品です。

コスパ

夏休み期間のハイシーズンにもかかわらず、天竜峡に近い絶好の立地、充実した接客とサービス、上質の食事がついてこの料金であれば、費用対効果は高いと思います。

立地

峡谷の崖の上に位置し、眼下には木々の合間から天竜川が見える風光明媚な立地です。JR天竜峡駅からは徒歩5分程で、天竜峡観光の拠点としても大変便利です。

温泉・スパ

二つの貸切風呂は、家族利用としては十分すぎるほど設備が充実していました。客室にも温泉がひかれていて、好きな時間に好きなだけ湯浴みを楽しみました。

備考・アドバイス

チェックインは15時から、チェックアウトは11時までです。

高速バスの伊賀良バス停から送迎サービスがあります。宿までの所要時間はおよそ20分程です。事前予約が必要ですのでご注意ください。

子供は、一部を除いて大人とほぼ同じお料理が並びました。

貸切風呂は、夜は23時まで、朝は6時から利用できます。

備え付けの基礎化粧品は、化粧水、乳液、洗顔料、メイク落としが用意されていました。使い捨てのアメニティは、歯ブラシ、ボディタオル、ヘアブラシ、足袋が共通で、男性用には追加でカミソリ、女性用には追加でヘアバンド、ヘアゴム、コットン、綿棒が用意されていました。子供用のアメニティは、歯ブラシ、ボディタオル、足袋でした。

バスタオル、フェイスタオル、浴衣は人数分、作務衣は大人にのみ用意されていました。

客室には、新品の虫よけスプレーが用意されていて、外出の際に重宝しました。

渓谷に佇む隠れ宿 峡泉周辺のホテル・旅館