ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

野沢温泉 旅館 さかやの口コミ情報・宿泊予約

2位

野沢温泉 旅館 さかや

〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9329
2位/82件中 - 野沢の旅館
野沢温泉 旅館 さかや
〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9329
TEL: 0269-85-3118
みんなの満足度
3.2 詳細評価
接客対応
3.3
清潔感
3.1
客室
3.0
食事
3.6
コスパ
3.5
立地
3.3
スパ・温泉
3.6
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
じゃらん楽天トラベルJTB一休.comるるぶトラベルExpedia日本旅行
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
2
良い
0
普通
1
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
1
家族旅行
1
友人・知人
1
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 3件目 / 合計 3件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.3 2017年11月28日に投稿 獲得票数:12 投稿者: たび金魚
2017年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
さかやは江戸時代に創業した造り酒屋で、明治期に旅館に転業した老舗です。バス停から温泉街の坂道を上っていくと、野沢温泉の共同浴場「大湯」の屋根越しに、宿の建物が見えてきます。湯の街らしく、玄関先には足湯がしつらえてあり、郷土玩具の鳩車や、縁結びの男女の神様「道祖神」の木像が飾られています。11月の平日に2名2食付き38,880円(税サ込)で宿泊しました。 玄関でスリッパに履き替えると、フロントの女性スタッフに窓際のソファへと案内さ...

さかやは江戸時代に創業した造り酒屋で、明治期に旅館に転業した老舗です。バス停から温泉街の坂道を上っていくと、野沢温泉の共同浴場「大湯」の屋根越しに、宿の建物が見えてきます。湯の街らしく、玄関先には足湯がしつらえてあり、郷土玩具の鳩車や、縁結びの男女の神様「道祖神」の木像が飾られています。11月の平日に2名2食付き38,880円(税サ込)で宿泊しました。

玄関でスリッパに履き替えると、フロントの女性スタッフに窓際のソファへと案内されました。広い窓越しに見事な庭園と鯉の泳ぐ池を望み、ホッとした気持ちになりました。館内随所に置かれた置物も、季節を感じさせてくれます。記帳はなく、予約時に登録した名前と食物アレルギーの確認がありました。部屋に案内された際、大きめの旅行バッグを持っていたにもかかわらず手荷物を持っていただけなく残念に思いました。荷物を持つスタッフもいましたので、接客にばらつきがあるように思います。

宿泊した部屋は4階にある8畳+板の間の「菖蒲」で、シモンズのツインベッドが置かれた和室です。客室はやや手狭ですが、和彩色の本間は傷みもなくキレイでした。女性スタッフが館内の説明をしてくださいましたが、貸切風呂の説明がなく、後で気付いて予約をした時には選べる時間が2つしか残っておらず、初めに教えていただきたく思いました。

今回利用した客室はシャワールーム付きで、バスアメニティはミニボトルに入ったポーラのシャワーブレイクプラスが用意されています。客室アメニティは必要最小限のもので化粧品類はありません。スキーシーズンに役立つ熱で乾かすタオルハンガーもあります。清掃は全体的に行き届いていて、客間の障子や部屋の隅にわずかなホコリがある程度でした。ただ洗面盤は古いようで、目地の汚れやカランの水垢などが残っていました。わずかではありますが、急須の中に洗い残しの茶葉が残っていたのがとても残念でした。廊下の音や隣室の話し声はほとんど気になりませんが、中庭に面した部屋だったので向かい側の部屋から見えてしまい、ほとんど障子を閉めて過ごしました。

お風呂場は、男性用の「鷹の湯」と女性用の「月の湯」があって、それぞれサウナ付き露天風呂が併設されています。浴舎は男女とも似た構造で、宮大工が造った素晴らしい湯屋建築でした。温泉は中庭に湧く自家源泉を使用した100%掛け流しです。湯船は3つに仕切られた石風呂で、熱い源泉を冷ますための木の升から、46度ほどの透明な「あつ湯」、44度ほどの白濁した「ぬる湯」、さらにぬるくて寝転べる「腰湯」と、順に湯が掛け流される仕組みです。特にあつ湯は透き通っていて鮮度がよく、大変気に入りました。珍しいことに、飲泉できるよう源泉の注ぎ口に柄杓が置いてあります。お湯は火傷しそうなほど熱く、えぐ味があってまずいのですが、胃腸に効くとのことでした。露天風呂はサウナが併設されているので、水風呂もあります。小さな庭がありますが、周囲が温泉街なので眺望はありません。アメニティは一般的なものが揃っていますが、基礎化粧品はクレンジングがありませんでした。また夜10時ごろは仕事終わりの従業員さんが入浴されているので、気になる方はその時間を避けられたほうがいいでしょう。

予約制の貸切風呂「じょんのび」は、15時から22時まで、45分間利用できます。予約時刻にフロントで鍵を受け取り、お風呂場へ向かいます。湯船は2人でちょうどよい大きさで、少し熱かったので湯もみをして入りました。ほのかに硫黄(硫化水素)の香りがするたいへんいいお湯でした。残念だったのは、脱衣場に湿気がこもるせいか少しカビ臭く、壁の劣化が目立ちました。

湯上り処には長野オリンピックで選手が使ったグッズが展示されています。常に冷水が置かれていて、16時から18時30分まではお茶と美味しい野沢菜のサービスがあります。その時間は係りの方が常駐しており、お声がけをしてくれます。大変嬉しいサービスでした。

夕食は2階にある個室や共用の食事処でいただきます。この日は宿泊客が少なかったため、個室の「檜」に案内されました。前菜は郷土料理の旬彩盛りで、稲穂や栗など季節感もあり、盛り付けははっとするほどの美しさです。お酒によく合う信州サーモンの吟醸づけなど手の込んだ味付けを楽しみました。テーブルには濡れ七味とワサビ、発酵させた唐辛子の「かんずり」が用意されていて、好みで料理につけて食べられます。蒸し物のじゃがいも饅頭は、漏れた炎が美しい器で、きくらげや銀杏などを道明寺粉でくるんだ逸品です。お造りは、長野ならではの川魚3種です。残念だったのは台の物のすいとん鍋と焼き物の信州黒毛和牛がほぼ同時になってしまい、火が消えないうちに急いで食べなければいけませんでした。最後のご飯まで手間をかけ、地元野沢産こしひかりは、ボウルに入った茸のあんかけをかけていただきます。デザートのカボチャプリンは、ムースのような食感でした。どれもたいへん美味しい食事でした。

食事処は主に若い女性スタッフが担当していて、朗らかで、料理の説明や温泉の案内までしていただけるほか、食事を終えたときも男性スタッフがエレベーターを開けて挨拶をいただくなど、素晴らしい接客でした。

朝食も同じ個室でいただきました。お台に乗ったヤマメの一夜干しは熱々でいただけます。温かい十三穀米の饅頭は、中に入った鶏のひき肉の味も引き立っていました。ご飯は白米、温泉で炊いたおかゆ、麦とろご飯から選べます。麦とろご飯は、ほのかに味がついています。わさび昆布は味が濃いので、麦とろご飯やおかゆにのせて食べたところ、大変美味しかったです。ご飯のお代わりは別のものを頼めるので、おかゆと麦とろご飯を両方いただくことができました。

スタッフは、笑顔の足りない方もいらっしゃいますが、親切で明るい接客をしていただきました。残念だったのは、11時のチェックアウトに対し、大浴場は10時までしか利用できないことです。できれば10半ごろまでお風呂に入れればと、とても名残り惜しかったです。湯処野沢温泉にあって、泉質のいいお湯に風情のあるお風呂場を有し、特に夕食は、趣向を凝らした料理と器に合わせた美しい盛り付けで、予想を超えるほど満足度の高いものでした。どなたにも安心してお勧めできる宿だと思います。

接客対応

礼儀正しく、親切な対応です。特にお食事処のスタッフは、朗らかで気持ちのいい方ばかりでした。

清潔感

貸切風呂を除いては、施設や客室など全体的に清掃がいきとどいています。

客室

宿泊した部屋は、ベットが大半を占めているのでやや手狭ですが、トイレと洗面がセパレートで使い勝手はよかったです。

食事

朝夕とも、奥信濃の郷土料理が味わえます。見た目も美しく、とても美味しくいただきました。

コスパ

食事や接客サービス、温泉などを考えるとコスパはいいと思います。

立地

温泉街の中心に位置します。有名な共同浴場「大湯」のすぐ裏手で、外湯めぐりにも便利な場所です。

温泉・スパ

大浴場の湯屋建築は素晴らしく、洗い場の数も多いうえ、温度の違う3漕の湯船を楽しむことができました。

備考・アドバイス

夕食は6時と6時30分から、朝食は7時30から8時30分で時間を選べます。

16時30分からホテル周辺を散策するツアーがあり無料で参加できます。

Wi-Fiは利用可能です。

野沢温泉バス停から徒歩3分ほどです。送迎はありません。

4.5 2015年10月30日に投稿 獲得票数:1 投稿者: サイパン
2015年9月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
高級旅館です。野沢温泉の「大湯」という共同浴場の近くにある旅館です。ロビーに入ると正面には中庭が見えて、素敵。お部屋もきれいで清潔感あります。従業員さんの対応も丁寧。そして何としてもびっくりしたのが、夕食。なんと、個室なのです。ふすまで区切られているだけなので、隣の人の話し声は聞こえますが、自分たちだけの贅沢な空間です。畳の部屋に、テーブルがあって、和洋折衷な感じが何ともよい。朝食も、同じ部屋で個室での食事でした。懐...

高級旅館です。野沢温泉の「大湯」という共同浴場の近くにある旅館です。ロビーに入ると正面には中庭が見えて、素敵。お部屋もきれいで清潔感あります。従業員さんの対応も丁寧。そして何としてもびっくりしたのが、夕食。なんと、個室なのです。ふすまで区切られているだけなので、隣の人の話し声は聞こえますが、自分たちだけの贅沢な空間です。畳の部屋に、テーブルがあって、和洋折衷な感じが何ともよい。朝食も、同じ部屋で個室での食事でした。懐石料理でおいしかったのですが、ひとつ残念だったのがデザート。しょうゆを少し加えたゼリーの中に、信州特産の巨峰が入っているのですが、工夫を凝らし過ぎたのもあって、味はあまりおいしくなかった。それ以外はとても満足です。温泉も、木のぬくもりが感じられる、昔を感じさせる良いお風呂でした。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

5.0 2014年12月4日に投稿 獲得票数:1 投稿者: kochan
2014年3月頃に友人と滞在 この口コミに投票する
スキーツアーでたまにはコスパなツアーでなくちょっとリッチにいかない?ってことで友達と相談して、こちらの宿を選択しました。普通に宿泊すればもっとお高いと思います。あくまで含まれる料金を推定して¥15000未満と回答です。で、予想通りの贅沢なひと時を味わえる宿でした。ツアーの料金設定が高めなので非常にすいていました。連泊させていただきましたが優雅にゆっくりとスキーを楽しめました。食事懐石風で味も最高です。温泉もおもむきありで...

スキーツアーでたまにはコスパなツアーでなくちょっとリッチにいかない?ってことで友達と相談して、こちらの宿を選択しました。普通に宿泊すればもっとお高いと思います。あくまで含まれる料金を推定して¥15000未満と回答です。で、予想通りの贅沢なひと時を味わえる宿でした。ツアーの料金設定が高めなので非常にすいていました。連泊させていただきましたが優雅にゆっくりとスキーを楽しめました。食事懐石風で味も最高です。温泉もおもむきありで満足。豪華な施設でした。ゲレンデまでゆっくり5分ぐらい歩くと自動の遊歩道無料があります。便利でした。またぜひこの宿に泊まりたいと思いました。

接客対応

にこやかに優しそうな表情で対応してくれました

清潔感

館内どこもすばらしくきれいでした

客室

和室2人なので十分な広さ

食事

懐石膳スタイルで非常に満足

コスパ

コスパを求める宿ではない

立地

ゲレンデからはちょっと離れるが問題なし

温泉・スパ

情緒あってすばらしくよかった

備考・アドバイス

朝早く到着してもスキー客専用快適な待合室がありますから安心です。少しゆっくりとしてからゲレンデいけますよ。

1 - 3件目 / 合計 3件

施設情報

施設名
野沢温泉 旅館 さかや
かな
のざわおんせん りょかん さかや
所在地
〒389-2502
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9329
電話番号
0269-85-3118
チェックイン
15:00
チェックアウト
11:00
アクセス
名古屋より:車/中央道・上信越自動車道~豊田飯山IC~国道117号線を野沢温泉方面へ約30分
      車以外/中央西線、篠ノ井線長野駅乗換、飯山線戸狩野沢温泉駅下車、バス20分「野沢温泉」下車 又はタクシー15分
東京より:車/関越道経由上信越道~豊田飯山IC~国道117号線を野沢温泉方面へ30分
     車以外/長野駅乗換、飯山線戸狩野沢温泉駅下車、バス20分「野沢温泉」下車 又はタクシー15分
補足:車/冬期は雪道となります。チェーンなどのご用意が必要です。
   車以外/JR長野駅東口より野沢温泉行きの直通バス有。
送迎
なし
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車時間: 15:00~翌11:00まで(時間外のご利用はお申し付けください)
駐車場台数: 30台
部屋数
29
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 ○ 貸切風呂 × 客室露天風呂 ○ 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 ○ コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く ○ ゲレンデ近く ○ 駐車場 × 送迎サービス ○ ランドリー × クリーニング ○ マッサージ ○ エステ ○ サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 スリッパ 洗顔料 綿棒 コットン 冷蔵庫 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 ズボンプレッサー 衛星放送 無線LAN接続
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS

編集部からの施設紹介コメント

温泉街の中心部に位置する「旅館さかや」。麻釜と並ぶ野沢温泉のシンボル「大湯」を、懐に抱くように建つ大きな旅館です。江戸時代には造り酒屋を営み、当代のご主人で17代を数える名門老舗旅館。旅館さかやはTVや雑誌などのメディアにもたびたび取り上げられ、野沢温泉を代表する高級旅館として名を馳せています。

旅館さかやの威風堂々とした佇まい。広々としたエントランスでは、つたで編まれた鳥に車輪が付いた巨大なオブジェが迎えてくれます。こちらは野沢温泉に伝わる民芸品「鳩車(はとぐるま)」。ここまで大きな鳩車はそうそうお目にかかれません。昔の子供たちは鳩車に糸を付け、引っ張って遊んでいたそうです。皇室に献上され、御幼少の頃に現皇太子殿下も遊ばれた郷土玩具。野沢温泉を代表するお土産品としても知られています。玄関脇に足湯もありますので、旅の疲れを足湯で癒しながら鑑賞されてみてはいかがでしょうか。

旅館さかやの館内に入ると、磨き抜かれた床がきらきら輝く瀟洒なロビー。ダウンライトや間接照明が幻想的ともいえる艶やかな空間を映し出します。上質な家具が配され、奥の一面ガラス張りの窓からは中庭の日本庭園。つる細工のシェードを纏ったライト、代々伝わる着物なども展示され、岡本太郎氏のアート作品も鑑賞できます。華やかで上品なインテリア、評判に違わないハイクラス旅館です。

旅館さかやの総客室数は29室。広さやしつらえが異なる複数のお部屋が用意されています。標準客室は10畳+広縁からなる約40平米の純和室。比較的リーズナブルな8畳和室、ツインローベッドを備えたコンパクトな和洋室もあります。より贅沢な滞在を楽しめる次の間付き客室も人気です。本間12.5畳+次の間4.5帖+掘り炬燵の間+広縁からなる、スペシャルなお部屋も完備。本間10畳+ツインベッドの和洋室もお薦めです。いずれも落ち着いた和のしつらえ。お好みのお部屋で寛ぎの温泉ステイをご満喫下さい。

旅館さかやの自慢は何といっても大浴場。内湯は宮大工の手による伝統の湯屋建築造り。天井が非常に高く、天井の中心部が煙突のように空に伸びています。成分の強い蒸気を外に逃がしながら、室内の温かさを保つ本格的な湯殿。木の温もりが伝わってくる趣深い内湯です。こちらの方が広いですが、隣の共同浴場「大湯」に似た造り。その見事さに圧倒されます。また、大浴場「鷹の湯」には、あつ湯・ぬる湯・腰湯の浴槽が設けられ、違い湯を楽しめるようになっています。外には石造りの露天風呂。脇に水車が築かれ、植栽をバックに水車が回る風情豊かな露天風呂です。サウナ&天然水が注がれる水風呂も併設されています。

旅館さかやは敷地内に2本の自家源泉を有しており、湯船には自然湧出の源泉湯をかけ流しています。大きな湯船から滔々と天然温泉があふれ出す贅沢なお風呂です。泉質はアルカリ性の単純硫黄泉。湯治場として有名な野沢温泉ですが、美肌効果も抜群の温泉です。アンチエイジングの効果も兼ね備えた美人の湯。滑らかな肌触り、湯上りのウルスベ感を実感できます。2つの大浴場は10~12時の清掃時間以外、いつでも入浴可能です。湯上り処では湯茶や野沢菜のサービスも行われています。

また、館内には予約制の貸切風呂「じょんのび」も完備。さらに、高級旅館らしくエステルーム「Mirac」もあります。野沢温泉を活用し、トリートメントを行う温泉エステ。クイックフェイシャルからボディー+フェイシャルのスペシャルコースまで、多彩なメニューをご用意。比較的リーズナブルな価格となっています。温泉情緒薫る野沢温泉村での極上エステ、一興です。

旅館さかやのお食事は襖で仕切られた個室にて頂きます。多少の音は聴こえるものの、かなり広い個室お食事処です。夕食は旅館さかやオリジナルの信州創作和食。徹底的に地場産にこだわり、奥信濃の大地で培われた野菜を豊富に取り入れた献立です。素材の味を引き出す丁寧な調理法で、力強い大地の恵みを味わえます。美濃焼や備前焼の器も使われ、味・見た目・食感・手触りと、大地の生命力を五感で感じるお料理となっています。

海のない山国、それも奥信濃の野沢温泉村のため、基本的に海のものはなく華やかさにはやや欠ける印象ですが、舌の肥えた方に好評の大人の料理です。信州プレミアム牛のしゃぶしゃぶプランなども提供されています。野沢温泉の湧水で醸した「水尾」など、信濃の地酒も豊富にご用意。野沢菜と共に、ぜひ信濃の銘酒の数々をご賞味下さい。朝食にも麦とろや温泉粥など、郷土色豊かな旅館さかやならではの朝食が膳を彩ります。

旅館さかやは温泉街散策に抜群の好立地にあります。野沢温泉は外湯巡りが有名な温泉郷。隣には先述した共同浴場「大湯」、近くには「河原湯」「松葉の湯」があります。伝統建築の建物を見学するだけでも、温泉旅情を楽しめます。すぐそばには野沢温泉大湯通り。浴衣姿で温泉街を散策してみるのもいいですね。旅館さかやプロデュースのカフェ&バー「フット」に立ち寄るのもお薦めです。また、5月~10月の毎週日曜には、野沢温泉朝市が開かれますので、足を運んでみましょう。旅館さかやは、ちょっと豪華なスキー・スノボー旅行にもお薦めの老舗高級旅館です。

野沢温泉 旅館 さかや周辺のホテル・旅館}