ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

信州・野沢温泉 常盤屋旅館

〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷9347
信州・野沢温泉 常盤屋旅館
〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷9347
TEL: 0269-85-3128
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.5 に投稿 獲得票数:14 投稿者: tanuko222認証済
2018年8月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
3つの源泉が注ぐ「千人風呂」を堪能できる、江戸時代から続く老舗の湯宿

野沢温泉を代表する外湯「大湯」の隣に建つ、創業380年の老舗の宿です。8月の平日に両親と三人で宿泊し、一泊二食付きで、一人当たり約14,000円(税込)でした。

当日は野沢温泉のバス停から徒歩で向かいました。宿の入口には、野沢温泉のシンボル「道祖神」が飾られており、老舗旅館らしい風情ある佇まいです。玄関に入ると、華やかで格調高いロビーが広がっていました。フロントで記帳した後すぐに、お部屋までご案内いただきます。

ご担当いただいた女性の方は、館内やお部屋の他、外湯や観光施設等についても、丁寧に説明してくださいました。落ち着いた頃、淹れたてのお茶と温泉饅頭をいただきます。

こちらの宿は、地下一階、地上五階建ての建物で、客室は全十五室です。 今回宿泊したのは、三階の「雪つばき1」という、12畳の和室に広縁、洗面、お手洗い、お風呂という間取りの純和風のお部屋でした。予約したのは10畳の和室でしたが、宿のご好意で広いお部屋に変更していただいたようで、嬉しく思いました。

客室は、広縁や家具など、経年劣化を感じる部分もありましたが、必要に応じて改装されているようで、全体的に清潔感がありました。特にお手洗いは新築のように綺麗で、心地よい檜の香りを感じました。唯一気になったのはお風呂で、タイルの古いシミが目についたのは残念でした。ベランダからは「大湯」が見え、温泉街らしい風情を味わうことができます。

洗面エリアには、男性用のシェービングフォームや、女性用のクレンジング等が用意されていましたが、化粧水や乳液は見当たらなかったので、必要な方は持参が必要です。バスタオル、浴用タオルは一枚ずつでしたが、浴用タオルはお願いすれば追加でいただけるので、不便には感じませんでした。嬉しかったのは、冷蔵庫とお部屋の両方に冷水が用意されていたことで、暑い日だったので重宝しました。

ロビーには、明治、大正期の宿の写真やパンフレット等が飾られており、宿の長い歴史を垣間見ることができます。地下一階には、前オーナーのご家族が、長野オリンピックに出場された際の記念品が飾られており、興味深く拝見しました。

この日は強い雨が降っており、地下は雨漏りがひどく、いくつものバケツが置いてありました。ただ、館内をご案内いただく際、雨漏りについても言及されていたので、それ程気になりませんでした。個人的には、マイナス面も包み隠さずお話しいただく姿勢に、好感を覚えました。他のフロアには雨漏りは見られず、館内は、全体的に清潔に保たれていたと思います。

こちらの宿の名物は、個性溢れる大浴場です。「光明皇后様の千人風呂」「子宝薬師の湯」の二箇所あり、自墳源泉かけ流しの温泉が、豊富に湧き出ています。夜9時で男女の交代があり、清掃時間を除き24時間入浴可能なので、どちらの風呂も、ゆっくりと堪能することができます。

「千人風呂」は、奈良時代の光明皇后にちなんで名付けられたというお風呂で、贅沢にも、3つの源泉が注いでいるそうです。広々とした大正ロマン風のお風呂には、光明皇后の像が安置されており、何とも幻想的な雰囲気でした。お風呂は、温度の違う「あつ湯」と「ぬる湯」、丸太が横たわった「寝湯」に分かれているので、体調や好みに応じて、異なるお湯を楽しむことができるのも嬉しく感じました。

「薬師の湯」には慈母観音の像が安置されており、昔から子宝の湯として親しまれてきたそうです。ぬめりのある湯の花が特徴の温泉は、優しく肌に馴染むようで、千人風呂とはまた違った魅力がありました。印象に残ったのは、年代物のポスターが飾られた、レトロな雰囲気の脱衣所で、まるでタイムスリップしたような気分を味わうことができました。

二階には「常盤亭」「千曲」と名付けられた二箇所の食事処があり、料亭のような、華やかな空間が広がっています。今回は二食共「千曲」の個室でいただきました。

夕食は、地産地消にこだわった会席料理です。お品書きもありましたが、穏やかな雰囲気の仲居さんが、一品一品、詳しく説明してくださいました。鱧とじゅん菜のお椀や、キノコたっぷりのそば饅頭など、丁寧に作られた品々は、上品な味で大変美味しかったです。地元のブランド豚を使った「美雪豚の温泉しゃぶしゃぶ」にはオリーブオイルが添えられていて、一緒にいただくとお肉の甘みが引き立つようでした。全体的にボリュームがありましたが、食の細い母も完食する程に美味しく、完成度の高い夕食だと感じました。

朝食も、細切りのジャガイモを炒めた「いもなます」や、夕顔の和え物など、地元ならではの料理が並びます。源泉を使った「温泉湯豆腐」は優しい味で、朝から食が進みました。朝の時間帯、ロビー付近に珈琲が用意され、自由にいただくことができるのも嬉しく感じました。

二日間を通じ、施設の古さなど気になる点もありましたが、温泉や料理は素晴らしく、一万円台前半という宿泊代では申し訳ない程の、満足のいく内容でした。印象に残ったのは従業員の方の丁寧な接客で、言葉の端々に、思いやりの心が表れているように感じました。温泉にこだわりのある方はもちろん、どんな方でもきっと満足のいく滞在ができる、温かな魅力溢れる宿です。

接客対応

言葉の端々に思いやりの心が表れているような、温かく丁寧な接客でした。

清潔感

地下の雨漏りなど、老朽化が気になる部分もありましたが、どこも丁寧に清掃されており、全体的に清潔感がありました。

客室

落ち着いた純和風の客室です。ベランダからは「大湯」が見え、温泉街らしい風情を味わうことができます。

食事

地産地消にこだわったお料理の数々は、どの品も丁寧に作られており、大変美味しかったです。

コスパ

野沢温泉を代表する老舗旅館に一万円台前半で宿泊することができ、大変リーズナブルだと感じました。

立地

温泉街の中心に位置し、観光に便利な立地です。

温泉・スパ

二つの個性溢れる大浴場で、自噴源泉かけ流しの温泉を楽しむことができます。特に大正ロマン風建築の千人風呂は、幻想的で、素敵な雰囲気でした。

備考・アドバイス

・宿の入口には、源泉かけ流しの温泉が楽しめる足湯が設置されています。(冬季は閉鎖されるそうです)

・館内には茶室や小さな読書室、卓球台などの施設もありました。

・大浴場近くに「温泉飲泉所」が設けられており、用意された紙コップで自由に飲むことができます。宿の方にお願いすると、温泉を2リットルのオリジナルペットボトル(150円)に入れていただき、持ち帰ることもできます。(容器持参の場合は無料です)

・売店はありませんが、温泉まんじゅうや、りんごジュース等のお土産を、フロントで購入することができます。

信州・野沢温泉 常盤屋旅館周辺のホテル・旅館

関連ページ