ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

信玄の薬湯 渋・辰野館の口コミ・宿泊記

5位

信玄の薬湯 渋・辰野館

〒391-0213 長野県茅野市豊平奥蓼科4734
5位/37件中 - 茅野市の旅館
信玄の薬湯 渋・辰野館
〒391-0213 長野県茅野市豊平奥蓼科4734
TEL: 0266-67-2128
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
2.8 に投稿 獲得票数:9 投稿者: ともぐり
2017年5月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
冷鉱泉と旬の山里料理を堪能できる奥蓼科の秘湯宿

渋・辰野館は、奥蓼科の白樺林に囲まれた、創業100年の秘湯宿です。GW中の祝日に、乳白色の自家源泉と、旬の山里料理を楽しみに訪問いたしました。宿泊費は、1泊1室3名(おとな2名・小学校低学年1名)、2食付き、おとな1名16,950円、子どもは11,865円、合計45,765円でした。

宿の外観は、大きな立て看板が一際目立ち、黒光りした古木が長い年月を感じさせる重厚な佇まいでした。重たい引き戸を開けると、お香の香りとともに仄かに硫黄臭が漂ってきて気持ちが高鳴りました。当日はチェックイン時間よりも15分ほど早い到着でしたが、ご主人が快く出迎えてくださいました。フロントで簡単な記帳を済ませると、温泉に入る際の注意事項などの説明を受けてから、お部屋の鍵を受け取りました。

客室は、「和室11畳・トイレ無し」タイプを予約しました。利用したのは、3階の307号室です。一間の和室には、炬燵と人数分のお布団が最初から用意されています。5月といっても夜は大分冷え込んだので、炬燵とヒーターがあるお陰で暖かく過ごせました。客室内は館内の印象よりも比較的キレイに感じましたが、所々に老朽化はありますので、清潔さを重視される方には向かないかもしれません。お手洗いは、廊下にある共同トイレを使用します。清潔でしたが、洗浄機能は無いタイプでした。

アメニティは、最小限の揃いです。タオルは1人1セットずつで、浴衣も各1枚の用意です。温泉をたくさん楽しむのには心許ない揃いですが、タオルはタオル掛けに干して、ヒーターの前に置いておくと直ぐに乾きました。館内着としてリラックスウェアを持参されると便利だと思います。歯ブラシ以外のクシや基礎化粧品などのアメニティはありませんので、こちらも必要な物は持参されると良いと思います。

飲み物は、緑茶セットがありました。2つのポットにはお湯が用意されていますが、翌朝にはぬるくなっていました。客室に冷蔵庫はありませんが、頼めば宿の冷蔵庫で冷やしたり保冷剤を貸してくださいます。ですが、予め持参されるよりも、館内の自販機で購入された方が楽かと思います。市販価格より数十円割高価格でしたが、揃いは良かったです。

お食事は、夕朝食ともに食事処「白樺」でいただきました。夕食は18時頃から、朝食は7時半頃からの一択で、準備が出来ると電話で知らせてくれます。

夕食は、旬の山の味覚をふんだんに使用した山里料理です。最初に用意されていたのは、年代物のナナカマドの食前酒と、信州サーモンとアボカドのお造り、生湯葉でした。サーモンは臭みもなく、今までいただいた中でも特に美味しかったです。大きなお鍋には、豚肉と季節のお野菜、野草、きのこなどが盛り沢山で、あっさりとしたスープによく合いました。その他にも、地鶏のオーブン焼きや、岩魚の塩焼き、信州蕎麦、山菜天ぷらなど、食べきれないほどのお料理が供されます。どれも美味しかったのですが、中でも「ミニバイキング」と称した大皿に盛られたお料理が、旬の食材を使った彩り豊かな一品で、1番心踊りました。多種類のにこごりや氷豆腐、信州味噌で和えたお野菜など、土地柄も感じられる内容でした。

朝食は夕食と同様に、白米と冷水、ほうじ茶がセルフサービスでした。朝食時には、コーヒーの用意があるのが嬉しかったです。白米がパサパサで美味しくありませんでしたが、おかずはお野菜たっぷりの内容で、個人的には、これこそ理想の朝食だと感じたほど満足のいく内容でした。

子どもの食事も、夕朝食ともに大人と同じ内容です。ハンバーグや海老フライなど、子どもが好むようなおかずは無いため、少々心配していましたが、食べたことの無い野草や山菜類にも興味を示し、美味しい美味しいと沢山食べてくれたので安心しました。宿のご主人に伺ったところ、お子さまランチなどの用意は特にないそうです。野菜類が特別苦手というお子さんでは無いようでしたら、この機会に是非、旬の山の恵み料理をお子さんにも体験していただきたいと思いました。

こちらの宿の魅力は何と言っても、自然湧出の冷鉱泉です。浴場は男女別に3箇所ありますが、源泉が引かれているのは、「森の温泉」と「信玄の薬湯」のみです。こちらは浸かるだけの浴場となりますので、まずはシャワーのある「展望風呂」で身体を洗います。天然水を沸かした内湯と、カランは6箇所あり、高品質のバスアメニティが備わっていました。

「森の温泉」は、加温された内湯と、打たせ湯のある源泉露天風呂が備わっています。冷鉱泉ですので、源泉温度は21度と低いです。加温された温泉と冷鉱泉に交互に浸かりますと、身体の芯から温まっているのを感じられました。ですが、体感温度としては15度前後のように感じられ、かなり冷たかったです。私は気合を入れて浸かりましたが、同伴者はあまりの冷たさに断念したそうです。確かに浸かり始めは、息苦しさを感じるほど冷たさが身に染みました。体調が優れない時や持病などがある方は、無理せず加温された温泉のみを楽しむと良いと思います。

「信玄の薬湯」は、掛け湯、打たせ湯の源泉風呂、加温風呂と、3つの湯船があります。こちらでも、冷鉱泉と加温された温泉に交互に浸かって楽しみました。味のある古木に囲まれた浴場も、昔の湯治場のようで雰囲気良かったです。

滞在中は、浴場に何度も足繁く通い、山の恵みをふんだんに使用した山里料理に舌鼓を打ちました。便利な設備や気の利いたサービスはない宿ですので、快適さやおもてなしを重視される方には向かないかもしれませんが、美味しいお食事と上質な冷鉱泉を思う存分堪能できる良い宿だと思いました。機会があれば、紅葉シーズンや夏の暑い時期に再訪してみたいものです。

接客対応

気の利いた接客サービスは望めませんが、ご主人を始め、皆さん素朴で親しみやすい方ばかりでした。

清潔感

建物の古さは感じますが、清掃は行き届いていました。不快に感じるような箇所もありませんでした。

客室

特徴のない和室一間の客室です。設備や備品類は最低限の用意ですが、承知していたので不満はありませんでした。

食事

沢山の野菜や野草、山菜類を使用した山里料理です。手が込んだお料理はどれも本当に美味しく、個人的には大変気に入りました。

コスパ

ハイシーズンの利用でしたので、通常よりも割高な宿泊費でしたが、総合的に見て高いとは感じませんでした。この宿ならではの魅力が沢山あるように思いました。

立地

白樺林に囲まれた自然溢れる宿です。宿の目の前に停まるバスが茅野駅から運行されていますので、車でなくてもアクセスは良いと思います。

温泉・スパ

源泉掛け流しの冷鉱泉を堪能できます。これこそ、この宿の醍醐味だと思います。

備考・アドバイス

WiFiはフロント付近で利用可能です。

現地でのクレジットカードは使用不可でした。

敷地内には、白樺林の散策コースが3つあります。紅葉シーズンなどは、見応えのある景色が見れそうです。

源泉が引かれた浴場は、湯船によって90センチの深さがあり、床も非常に滑りやすいので、小さなお子さまやお身体の不自由な方は気をつけた方が良いと思います。また、効能が強い温泉ですので、浸かりすぎにも注意です。

館内は階段移動のみで、エレベーターはありません。客室によっては、共用部への移動が大変かと思いますので、足腰に不安がある方などは、比較的移動が便利な客室をリクエストされると良いと思います。

玄関玄関・靴箱玄関横のフロントロビーロビーロビーにある自販機(市販価格より数十円割高価格です)ロビー・お土産コーナーロビーロビーロビー・温かいほうじ茶とお漬け物サービス2階から見たロビー2階・客室前廊下客室棟階段館内図「和室11畳・トイレ無し」307号室客室前「和室11畳・トイレ無し」「和室11畳・トイレ無し」湯籠「和室11畳・トイレ無し」「和室11畳・トイレ無し」「和室11畳・トイレ無し」「和室11畳・トイレ無し」お茶菓子緑茶セット(ティーバッグ)ポットは2つともお湯「和室11畳・トイレ無し」「和室11畳・トイレ無し」テレビと貴重品金庫「和室11畳・トイレ無し」お布団は予め敷いてあります「和室11畳・トイレ無し」クローゼット羽織りタオル・浴衣(おとな用と子ども用)「和室11畳・トイレ無し」307号室からの眺め「和室11畳・トイレ無し」307号室からの眺め「和室11畳・トイレ無し」307号室からの眺め3階・共同トイレ前3階・女性用共同トイレ 洗面所3階・女性用共同トイレ3階・女性用共同トイレ3階・男性用共同トイレ 洗面所3階・男性用共同トイレ大浴場へ続く廊下大浴場へ続く階段大浴場へ続く廊下食事処前にあるお手洗い食事処前にある喫煙室食事処前個室食事処前「展望風呂」前「展望風呂」脱衣所「展望風呂」脱衣所「展望風呂」洗面台「展望風呂」かかとクリーム「展望風呂」「展望風呂」カラン「展望風呂」バスアメニティ「展望風呂」バスアメニティ「展望風呂」「展望風呂」「信玄の薬湯」「森の温泉」に続く廊下「信玄の薬湯」前「信玄の薬湯」脱衣所「信玄の薬湯」「信玄の薬湯」「信玄の薬湯」源泉掛け湯「信玄の薬湯」源泉打たせ湯「信玄の薬湯」「信玄の薬湯」加温された浴槽「森の温泉」に続く廊下「森の温泉」脱衣所「森の温泉」「森の温泉」加温された内湯「森の温泉」源泉風呂「森の温泉」「森の温泉」夕食(冷水と温かいほうじ茶はセルフサービス)夕食(白米はセルフサービス)食事処「白樺」テーブル席夕食(ナナカマドの食前酒・信州サーモンとアボカド・生湯葉)夕食(ミニバイキング3名分)トマトにこごり・氷豆腐・大和芋蒸しにそら豆など南瓜にこごり・じゃが芋白和え・さつま芋と巾着・ほうれん草など夕食(豚肉とお野菜の鍋・3名分)夕食(岩魚の塩焼き)夕食(地鶏のオーブン焼き)夕食(こごみ・たらの芽・山ウド・コシアブラなど)3名分夕食(信州蕎麦)夕食(牛乳アイス)朝食(冷水・ほうじ茶・珈琲・白米はセルフサービス)朝食全体朝食(ワカメと豆腐、三つ葉入りのお味噌汁と白米)朝食(塩鮭とウィンナー)3名分朝食野菜盛り3名分朝食野菜盛り3名分朝食(ポテトサラダ)朝食(温泉たまご)朝食(冷奴と牛乳寒天)朝食(ヨーグルト)

信玄の薬湯 渋・辰野館周辺の旅館