ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

お宿 なごみ野の口コミ・宿泊記

2位

お宿 なごみ野

〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明3618-44
2位/19件中 - 安曇野の旅館
お宿 なごみ野
〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明3618-44
TEL: 0263-81-5566
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.3 に投稿 獲得票数:9 投稿者: たび金魚
2017年9月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
森の緑に癒される、創作料理が魅力的な大人の温泉宿

9月の平日に2名1室2食付き38,880円(税サ込)+入湯税300円で宿泊しました。玄関に入ると木のぬくもりが感じられる天井の高いロビーがあり、スリッパに履き替えて窓際のテーブルに案内されます。窓の外には木々の緑が映え、ほっとひと息つくと同時に、宿が森の中にあることを実感しました。ウェルカムドリンクはリンゴとシソジュースと柚子茶の3種類から選べます。記帳を済ませ、館内の説明を受けてから客室へ案内していただきました。

部屋は1階103号室の「きんぽうげ」で、10畳の和室にバルコニーがついています。部屋からも緑の木々がよく見えます。客室は清掃が行き届いていて、エアコンの可動部のステーにホコリが見られる程度でした。ただ、踏込の横に水回りがあり、その辺りは木材のこもったような臭いがしますが、本間では気になりませんでした。臭いが気になり部屋を変更されたお客さんがいらっしゃったので、敏感な方には向いていないと思います。窓の外には木立の向こうにお風呂場の建物があり、その廊下から1階の客室内が見えるので、バルコニーに出たり景色を眺めるとき以外は障子を締めきりにしていました。とはいえ、この宿は散策できる庭や複数の共用スペースがあって、むしろそちらで過ごす方が充実しました。

客室には必要最小限のアメニティとDHCの使い切りの基礎化粧品セットがあり、他はお風呂場に用意してあります。作務衣と浴衣が1人1着づつありますが、作務衣の裏側には毛玉が目立ちました。また足首のゴムがきつく寛げなかったため、終日浴衣ですごしました。

お風呂場はそれぞれ男女別の内湯と露天風呂があるほか、半露天の貸し切り風呂が1つあります。内湯のみ朝に男女が入れ替わり、貸切風呂は空いていれば自由に使えます。露天風呂は23時まで、朝は6時から入ることができますが、他のお風呂は24時間利用可能です。お風呂場へ向かう廊下は階段が多いので、足腰の弱い方は注意が必要です。

すべてのお風呂場にはタオルやアメニティが揃っているので、手ぶらで向かいます。内湯と貸切風呂に用意された基礎化粧品とシャンプー類は、松山油脂のリーフ&ボタニクスで、男性用のトニック類は資生堂のジアメニティでした。すべてのアメニティはほぼ満タンに入っており、タオルもこまめに補充さていて、ごみ箱もくずがたまらないよう配慮されていました。湯船はすべて木枠のついた石張りで、温泉は適温に保たれたアルカリ性単純泉です。かけ流しではありませんが、緑の木々を眺めながらの入浴はすがすがしく、男性用露天風呂では岩の上に栗が置かれ、季節を感じることができました。

建物内は禁煙ですが、屋外の渡り廊下など数箇所に灰皿が置いてあるほか、1階の和室にはすべて喫煙可能なバルコニーがついています。気になったのは、お風呂へ向かう渡り廊下に喫煙スポットがあって、煙草を吸う方がいると煙を避けられないことです。喫煙エリアを工夫していただければと思いました。

館内にパブリックスペースが点在しているのも嬉しいです。玄関ホールには窓越しに森を眺められるテーブル席がいくつもあり、庭に出て自然の中で過ごすこともできます。また、なごみ野文庫というラウンジがあって、木製の家具も素晴らしく、風呂あがりはヒーリング音楽を聴きながら、窓からのぞく豊かな緑に癒されました。20種類の葉を配合した冷たい万能茶や、3種類の温かいブレンド茶が用意してあり無料でいただけます。翌朝行くと、音楽が止まっていたのではじめはがっかりしましたが、お茶を飲んでいると小鳥のさえずりが聞こえることに気づきました。野鳥の声をBGMに穏やかな時を過ごすことができした。

夕食は6時20分からでした。食事会場は大きさの異なる個室のほかに、広いダイニングなどがあります。わたしたちは運よく庭を見渡せる部屋で、もうひと組の宿泊客と一緒でした。布で仕切ってありますが、話し声が聞こえプライベート感はありません。

あらかじめテーブルには安曇野の清流にみたてた前菜が用意されていて、絵のような出来栄えに驚かされました。押し寿司はお米がとてもモチモチしていて、蟹の風味が濃く豊かです。前菜以降、料理はひと品づつ供されます。食事の序盤は運ばれるタイミングが遅く、三品目ぐらいまで手持無沙汰になる時間がありましたが、それ以降はスムーズでした。冷やしとろろのスープ仕立ては見た目がデザートのようですが、白い部分はウニとわさびの入ったとろろスープで、その下のゼリーにはエビとじゅんさいが入り、洋風の味付けでいただきました。刺身は新鮮な岩魚のお造りと鱒の昆布締めです。岩魚はとろりとした舌ざわりと締まった身に、ほのかな甘みを感じました。わさびが1本添えられていて、砂糖をつけてからすりおろして使います。さらに焼物の田楽は、素揚げにした丸ナスの中にスズキやアボカド、モッツァレラチーズや味噌が入り、和と洋が複雑にからむ逸品でした。〆はだし汁でいただく鮎茶漬けで、たいへん美味しかったです。デザートは自家製の桃のアイスとカボチャのムースで、桃の果肉が入ったアイスは甘さを控えた上品な味でした。地元食材を活かした創作料理はどれも素晴らしく、丁寧な説明を受けながら、意外性のある食事を楽しむことができました。

朝食は夕食とは別の部屋でいただきました。出来立てのおぼろ豆腐や蕎麦がきなどは味付けが優しく、薬味で食べる月見とろろは、わさびを入れるとたいへん美味しくなりました。ご飯は白米と七穀粥から選びます。白米はお替りができるのですが、七穀粥はそれがなくちょっと物足りなかったです。朝食後は、テラスに出てデザートと飲み物をいただきます。キツツキの木をつつく音がすぐ間近に聞こえ、森に囲まれた庭でコーヒータイムを満喫しました。

スタッフの方々は、みなさん柔和な笑みをたたえていて、控え目に距離を置いているように思えます。会話の続かない方もいらっしゃいますが、周囲の自然や宿のまわりに出没する野生動物のお話を聞かせてくださった方もいて、心に残りました。

チェックアウトが11時なので、それまでゆったり過ごすことができました。自然豊かな環境で温泉に浸かり、美味しい料理を堪能しながら気持ちをリフレッシュできるお宿だと思います。何もせずゆったり寛ぎたい大人の夫婦やカップルにおすすめです。

接客対応

宿泊客と適度な距離をとっているようでした。口数の少ない方もいますが、全体的に丁寧で親切でした。

清潔感

共用部は清掃が行き届いていました。部屋の踏込の臭いが気になりました。

客室

広縁がないので狭く感じますが、窓から見える緑に癒されます。

食事

旬の地元食材を生かした創作料理は、とても美味しく盛り付けもキレイで満足感が高かったです。

コスパ

値段相応だと思います

立地

森の中の緑豊かな宿です。最寄りの穂高駅から車で10分ほどの距離にあり、無料送迎があります。

温泉・スパ

露天風呂から眺める森は気持ちよく、アメニティも充実していました。

備考・アドバイス

現地ではカード決済ができません。

穂高駅からの無料送迎は予約制です。

朝食の時間は7時30分、8時、8時30分から選べます。

Wi-Fiはロビーでのみ利用できます。

玄関前の庭玄関ロビーフロントロビーウェルカムドリンクロビーロビーロビーロビー 売店ロビー 売店ロビー1階廊下客室 「きんぽうげ」客室 「きんぽうげ」客室 「きんぽうげ」客室 「きんぽうげ」客室 「きんぽうげ」客室 「きんぽうげ」客室バルコニーからの眺め客室バルコニー客室 「きんぽうげ」浴衣&羽織作務衣等32インチテレビミネラルウォーターはサービス客室 アメニティ小物入れタオル掛け浴場&別館への廊下浴場棟への渡り廊下女子露天風呂女子露天風呂 脱衣場男子露天風呂男子露天風呂露天風呂前の休憩所内湯A内湯A内湯A内湯A 脱衣所内湯A 脱衣所浴場 男性用アメニティ風呂場棟 廊下風呂場棟 セキュリティーボックス内湯B内湯B 脱衣所内湯B 脱衣所内湯B 脱衣所浴場 女性用アメニティ浴場 女性用アメニティ浴場 ドライヤー風呂場棟 リラクゼーションルーム貸切露天風呂 脱衣所貸切露天風呂貸切露天風呂浴場 シャンプー類ラウンジ「なごみの文庫」ラウンジ「なごみの文庫」ラウンジ「なごみの文庫」ラウンジ「なごみの文庫」ラウンジ「なごみの文庫」夕食会場夕食夕食 前菜夕食 冷やしとろろスープ仕立て夕食 岩魚姿造りと信州雪鱒昆布〆夕食 信州そば夕食 丸茄子変わり田楽夕食 信州牛蒸し焼き夕食 鮎茶漬け夕食 桃のアイスクリームとかぼちゃのムース夕食 ドリンクメニュー朝食会場朝食朝食朝食 月見とろろ朝食 蕎麦がき朝食 おぼろ豆腐朝食朝食 七穀粥テラス&朝食デザート朝食 デザートテラステラステラス&庭庭女子露天風呂からの眺め