ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

月岡温泉 摩周の口コミ・宿泊記

5位

月岡温泉 摩周

〒959-2338 新潟県新発田市月岡温泉
5位/20件中 - 新発田市の旅館
月岡温泉 摩周
〒959-2338 新潟県新発田市月岡温泉
TEL: 0254-32-2131
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.2 に投稿 獲得票数:11 投稿者: すしねこ
2017年8月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
エメラルドグリーンのお湯と庭園風呂が素晴らしい温泉旅館

8月の平日に「A4黒毛和牛ステーキ、ほほ肉の赤ワイン煮がメイン 黒毛和牛会席」というプランを利用し1名で宿泊しました。摩周の客室は4タイプあり、2つの建物に分かれています。四季邸の建物には半露天風呂付の「いろは」と和室にベッドを置いたツインルームが、さつき邸の建物には展望風呂付の「やまのは」と和室10から17帖の標準客室があります。私はツインルームを選び、1泊2食付き35,790円でした。この料金は2名2食付きの合計よりも高く、食事内容などに変わりがないのに、かなり不親切で割高に感じました。さつき邸の標準客室であれば、1名利用追加料金だけとなり、良心的に設定されています。

外観は古さを感じますが、客室はすべて2016年にリニューアルされています。宿泊したツインルームは、2016年4月に誕生した新しい客室です。案内されたのは2階の「わかば」という客室で、和室内にベッドを2台備えており、広縁を含めて14畳ほどの広さでした。そのほかに、トイレとシャワールーム、踏み込みがあります。ベッドには、シモンズ社の120cm幅セミダブルベッドが用意され、寝心地はとても快適でした。一見すると奇麗な印象を受けましたが、ベッドの下がほこりの山となっており、その点は不衛生に感じました。

ツインルームは全5部屋あり、シャワールームかユニットバスのどちらかとなっています。大浴場も用意されていますが、寝起きにさっと汗を流したいときには重宝しました。また、化粧品類も男女別にそろえられているものの、髭剃りだけが客室にないのは不便でした。

大浴場は男女別に用意されており、それぞれ内湯と露天風呂を2つ備えています。初日は男性が「日高石庭の湯」と「源氏の湯」、女性が「月美の湯」と「小町の湯」で、そのほかに有料貸切風呂が2カ所設けられていました。翌朝から男女が入れ替わり、滞在中に両方のお風呂が愉しめます。内風呂は沸かし湯となりますが、露天風呂はすべてエメラルドグリーンの硫黄臭が強い温泉でした。一部循環の温泉ながらも泉質はよく、湯上がりはつるっとした感じになりました。個人差があると思いますが、硫黄臭がかなり強いために、長湯はできませんでした。利用時間は15時から24時、朝は5時から利用でき、タオル類は客室から持参の必要があります。貸切風呂は45分2,200円でした。

食事は2食ともに、オープンキッチンの「月terraceえん」で用意されましたが、標準客室に宿泊の際には宴会場となることもあるようです。私の宿泊した客室と同じ2階に位置していたために、移動距離が少なく楽でした。私は運良く個室に案内いただき、気兼ねなく食事をとることができましたが、当日は満室でオープン席だと騒がしい感じがありました。

メインのコースは予約時に3種類から選べるようになっており、客室単位ながら決まったコース料理ではなく、好みに合わせられるのはうれしいサービスです。地産の食材を使った季節感がある前菜に始まり、A4黒毛和牛など高級食材も含まれたコースでした。このコースの目玉であるA4黒毛和牛のステーキ、ほほ肉のワイン煮は絶妙で満足が行く夕食でした。新潟の地酒利き酒セットは770円と、良心的な価格設定にも満足しました。

朝食はメインの料理に加えて、サラダやパン、おかずなどがハーフブッフェになっています。その朝の気分や体調によって、食事の量を調整できるのは有難いと思いました。印象に残った料理は、じゃがいもの煮っころがしと、安田ヨーグルトがおいしかったです。また、夕食と朝食時に料理長が各テーブルを訪れ、サプライズの1品を用意してくださいました。ほかではあまり見かけないサービスだけに、温かい気持ちになりました。

上質さはあまりないものの、どのスタッフも笑顔で丁寧な応対でした。ただ、客室の説明がやや簡素であったり、手荷物を運ぶ声掛けがないなど残念な面もありました。一般的な温泉街の旅館としては、おもてなしの気持ちがあり、居心地のよい滞在が過ごせます。帰り際に外で立っていたスタッフが、名前を呼んであいさつをしてくださり、初めての利用なのにうれしく思いました。

2名利用時の料金であれば、料理やサービスを考えても、十分に満足できる滞在ができると思います。特に食事は自由な幅があるために、老若男女問わずに好まれるのではないでしょうか。館内には各所にエレベーターも完備されているため、幅広い世代が安心して利用できると感じました。静かに一人旅よりは、カップルや友人、ファミリーで愉しめる旅館だと思います。

接客対応

どのスタッフも笑顔で明るい応対でした。細やかな丁寧さはありませんが、総合的にみると満足できると思います。

清潔感

一見すると奇麗な客室に感じましたが、ベッドの下はリニューアル以来掃除がされてないように見受けられました。

客室

2016年4月にリニューアルが行なわれており、畳敷きにベッドを置いた使いやすい部屋でした。眺望は駐車場と前のホテルだったので、あまりよくありませんでした。

食事

牡丹海老やA4の黒毛和牛など高級食材も使われ、値段の割には充実していると感じました。

コスパ

ツインルームの1名利用はかなり割高ですが、2名利用であれば食事内容や客室、大浴場ともに満足のいく施設です。

立地

公共交通機関でのアクセスは利便性が悪いです。特にバスの本数が少ないので、柔軟なスケジュールが組めないと思います。

温泉・スパ

加温・半循環ながらも、泉質のよい温泉です。硫黄臭はありますが、珍しいアルカリ性の温泉でした。

備考・アドバイス

月岡駅より送迎をしていただけますが、月岡駅がある路線は列車の本数がかなり少ないです。そのため、車以外の方は豊栄駅か新発田駅からのバスを利用するほうが便利です。ただし、バスの本数は日に数本となります。

「月terraceえん」に半個室と個室が用意されていますが、事前に指定はできません。また、標準客室に宿泊時は、宴会場や部屋食となることもあるようです。

ロビーで出された麦茶ロビーラウンジロビーラウンジロビーラウンジロビーロビー「四季邸いろは」通路「四季邸いろは」通路「四季邸いろは」通路「四季邸いろは」客室階通路「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム「四季邸いろは」ツインルーム40インチテレビサービスのミネラルウォーターお着き菓子「四季邸いろは」ツインルーム大浴場「日高石庭の湯」と「源氏の湯」大浴場「日高石庭の湯」と「源氏の湯」大浴場「日高石庭の湯」と「源氏の湯」大浴場「日高石庭の湯」と「源氏の湯」大浴場「日高石庭の湯」と「源氏の湯」大浴場「日高石庭の湯」と「源氏の湯」大浴場「日高石庭の湯」と「源氏の湯」大浴場「日高石庭の湯」と「源氏の湯」大浴場「日高石庭の湯」と「源氏の湯」大浴場「日高石庭の湯」と「源氏の湯」大浴場「日高石庭の湯」と「源氏の湯」大浴場「日高石庭の湯」と「源氏の湯」湯上り処オープンキッチン「月terraceえん」オープンキッチン「月terraceえん」個室やまもも酒(夕食)別注日本酒:利き酒セット 770円税込(夕食)前菜 しばもん味づくし(夕食)しばた産ふとっぱらアスパラの生ハム巻(夕食)マスカット(夕食)しばたの郷土料理 から寿司(夕食)しばた麩田楽(夕食)弥彦むすめ“枝豆”(夕食)ホワイトアスパラガス豆腐(夕食)丸十レモン煮(夕食)サワガニの甘露煮(夕食)山北産もずく(夕食)A4黒毛和牛ステーキ(夕食)ベビーリーフサラダ(夕食)カンパチ、鯛、牡丹海老の造り(夕食)料理長の一品(夕食)銀鱈の漬け焼き(夕食)ほほ肉の赤ワイン煮(夕食)松浜しじみの潮仕立て(夕食)月岡産コシヒカリ(夕食)自家製マンゴープリン・メロン・八色西瓜(夕食)ハーフブッフェ(朝食)ハーフブッフェ(朝食)ハーフブッフェ(朝食)ハーフブッフェ(朝食)ハーフブッフェ(朝食)ハーフブッフェ(朝食)ハーフブッフェ(朝食)料理長の一品(朝食)朝食全景きんぴら(朝食)車麩そぼろ煮(朝食)蕗の煮付(朝食)明太子(朝食)鮭(朝食)子持ち昆布(朝食)カンパチのハラスとイカの造り(朝食)白米(朝食)味噌汁(朝食)