ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

海辺の宿 浪花屋 夕凪亭

〒945-0855 新潟県柏崎市鯨波3-11-6
海辺の宿 浪花屋 夕凪亭
〒945-0855 新潟県柏崎市鯨波3-11-6
TEL: 0257-23-3030
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.4 に投稿 獲得票数:7 投稿者: tanuko222認証済
2019年4月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
日本海の絶景を望む、海鮮料理が自慢の温かいおもてなしの宿

「日本の渚百選」の一つ、鯨波海岸を望む、明治時代から続く老舗の宿です。4月の平日に母と二人で宿泊し、一泊二食付きで一名当たり約19,500円(税込)でした。宿泊日の45日以上前に利用できる「早割プラン」で予約したため、通常より1,000円程お得な価格で宿泊することができました。

送迎車で宿に着くと、スタッフの女性が笑顔で迎えてくださいました。フロントで記帳した後、この方と共に、客室のある四階に向かいます。エレベータを降りた所には、既に担当の仲居さんが待機されており、今度はこの方に客室までご案内いただきました。お部屋で少しゆっくりした後、丁寧なご挨拶があり、お茶と柏崎名物の「三階節最中」をいただきました。

こちらの宿は、地下一階、地上四階建ての大きな建物に客室は12室のみという、贅沢な造りになっています。今回宿泊したのは「残照」という、12.5畳の和室に広縁、バルコニー、お手洗い、洗面、展望風呂という間取りの、海側のお部屋でした。二面に窓が設けられた角部屋で、和室の窓からは、目の前の鯨波海岸と遠くの佐渡島、広縁の窓からは、お庭の松林と「福浦八景」と呼ばれる風光明媚な景色を望むことができます。特に印象に残ったのは夕日の美しさで、少しずつ海が茜色に染まっていく様子を眺めていると、時が経つのを忘れるようでした。

客室は、畳の日焼けや壁紙の小さな穴など、経年劣化を感じる部分もありましたが、隅々まで丁寧に清掃されており清潔感がありました。クローゼットの中には、浴衣や羽織、衣類用消臭スプレーなどがありましたが、足袋ソックスの用意はなく、足元が寒く感じることがありました。

お部屋の展望風呂は、温泉ではなく、一般家庭のような小ぢんまりとしたお風呂でした。建物で一部景色が遮られるものの、その名の通り、日本海を眺めながら入浴を楽しむことができます。バスアメニティはPOLA製のものが用意されていました。その他のアメニティは、シャワーキャップ、コットンセット、歯ブラシとシンプルで、基礎化粧品はありません。バスタオル、フェイスタオルは一枚ずつでした。

一階のラウンジは全面ガラス張りになっており、眼下に日本海を望むことができます。フロントの前には小さな売店があり、地元のお土産が販売されていました。地下にある出口は、海へのアクセスに便利です。宿専用の橋を渡り、その先のトンネルを抜けると、海水浴を楽しめる砂浜が広がっており、夏の賑わいが想像できるようでした。

大浴場は男女別に一ヵ所ずつあり、客室数を考えると十分な広さでした。どちらのお風呂も日本海に面しており、壁一面の大きな窓から、行き交う船や、海沿いを走る電車を眺めることができます。温泉ではありませんが、ミネラルを多く含む「麦飯石」でろ過したお湯が使われているため、身体がよく温まりました。シャンプー等のバスアメニティは客室同様、POLA製のものでした。

脱衣所にはマッサージチェアが用意されており、無料で利用することができます。洗面台には数種類の基礎化粧品やボディローションが用意されていましたが、ブラシやシャワーキャップ、ゴムなど、髪に関するアイテムがなかったのは、少々不便に感じました。

食事は二食共、同じ階の客室「真砂」にご用意いただきました。時間になるとお電話があり、お部屋の前で仲居さんが出迎えてくださいます。こちらのお部屋からは、雪に覆われた霊峰・米山が見え、海側とはまた違った風情がありました。

夕食は「日本海の海の幸を堪能プラン」という一番リーズナブルなプランでしたが、想像以上に豪華な会席料理でした。お品書きはありませんでしたが、仲居さんが細かな食材まで、丁寧に説明してくださいました。

六種類もの魚介類が盛り付けられたお造りは、丁寧に包丁が入れられており、目にも美しい一品です。宿の名物「渡り蟹の中華風餡かけ」は、揚げ立ての蟹に具沢山の餡をかけた創作料理で、殻ごと食べられる蟹と熱々の餡とのハーモニーが絶妙でした。真鯛のしゃぶしゃぶや蟹釜飯など、素材の味を生かした料理も美味しく、日本海の海の幸を存分に味わえる夕食でした。ただ、料理がサーブされるタイミングが早く、慌ただしく感じることがあったのは、少し残念でした。

朝食も、目の前の網で焼いていただく鯵の干物や、烏賊刺し、蟹入りのお味噌汁など、海の幸が楽しめる内容でした。特に印象に残ったのは、宿で製造されている名物の「鱈の親子漬」です。甘酢の風味が爽やかな一品で、ご飯のお供にぴったりでした。朝食にはイラスト付きのお品書きが用意されており、大変分かりやすかったです。

滞在中、担当の仲居さんやフロントのスタッフなど、どの方も丁寧に接してくださり、大変居心地良く感じました。特に心に残ったのは、送迎をご担当いただいた男性です。最寄り駅が無人駅だったため、切符の買い方から列車のご案内まで、駅員さんのように親切にご説明いただき、とても嬉しく思いました。日本海の絶景と新鮮な海の幸が楽しめる、温かいおもてなしの宿です。

接客対応

どの方も丁寧で、きめ細やかな接客だと感じました。特に、送迎をご担当いただいた方の温かいおもてなしは、心に残るものでした。

清潔感

経年劣化を感じる部分もありましたが、清掃は行き届いており、全体的に清潔感がありました。

客室

二面に設けられた窓から、日本海の絶景を望むことができます。特に広縁から見える夕日は素晴らしく、ずっと見ていても飽きない程の美しさでした。

食事

名物の「渡り蟹の中華風餡かけ」や「真鯛のしゃぶしゃぶ」など、日本海ならではの新鮮な海鮮料理を堪能することができます。

コスパ

お部屋や食事の内容を考えると、妥当な価格だと感じました。山側の客室など、一万円台前半から宿泊できるお部屋もあります。

立地

「日本の渚百選」に選ばれた鯨波海岸の目の前に建っており、ラウンジや客室から絶景を楽しむことができます。

温泉・スパ

日本海が一望できる、開放感溢れる大浴場です。温泉ではありませんが、麦飯石でろ過したお湯を使用されているため、体がよく温まりました。

備考・アドバイス

・高級魚「のどぐろ」や「天然あわびの踊り焼き」がいただけるプランや、全国ご当地どんぶり選手権で一位になった柏崎名物「鯛茶漬け」付きのプラン等、様々なプランが用意されていました。

海辺の宿 浪花屋 夕凪亭周辺のホテル・旅館