空室状況・価格比較
チェックイン
から
泊数
人数
城崎温泉

温泉だけじゃない!定番から穴場まで、城崎温泉でおすすめの観光スポット18選

城崎温泉は、ほのぼのとした温泉情緒が漂う湯けむりの街。温泉街には昔懐かしいノスタルジックな街並みが、ここかしこに広がっています。そんな風情ある城崎温泉ですが、実は、見どころ満載の観光エリアとしても人気があるところ。名物の外湯めぐりはもちろん、マリンリゾート・公園・寺社仏閣・美術館・工房・ボートヤードなど、魅力あふれる観光スポットが充実しているのです。今回は城崎温泉で楽しめる観光スポットを、選りすぐって18ヶ所紹介しましょう。

1.まんだら湯

毎年恒例の城崎旅行♨︎ #城崎旅行 #城崎 #まんだら湯 #城崎温泉

A post shared by kumi (@kumi_barnabas) on

城崎温泉の観光スポットなら、何よりも7つの外湯めぐりが思い浮かんできますよね。でも、7ヶ所もあると、正直どの外湯に行けばいいのか迷ってしまう人もいるはず。そこで、まずはおすすめの外湯を2ヶ所紹介しましょう。ひとつ目は城崎温泉でも屈指の歴史を誇る「まんだら湯」。城崎温泉の開祖と言われる道智上人の祈願によって、717年に湧き出たお湯と伝えられています。まんだら湯は城崎温泉のルーツまた発祥とも呼ぶべき外湯。浴場には檜の桶風呂もあります。

【スポット名】まんだら湯
【住所】兵庫県豊岡市城崎町湯島565
【電話番号】0796-32-2194
【開館時間】15:00~23:00
【閉館日】毎週水曜日
【入館料】大人:600円 小人:300円(3歳~小学生)
【詳細ページ】まんだら湯

2.一の湯

おふろ!

A post shared by はなみらいん (@hanami_line) on

至福☺️☺️✨

A post shared by 二宮 ゆう夷 (@yuui817) on

ふたつ目におすすすめする外湯は「一の湯」で、風格あるどっしりとした外観が特徴的。見ているだけで温泉風情に浸れそうな佇まいは、ぜひ目に焼き付けておきたい光景でしょう。一の湯は良質なお湯のみならず、開運招福・合格祈願・交通安全など、さまざまなご利益が得られる温泉としても有名。2階は休憩所になっていて、湯上り後にくつろぐこともできます。昔懐かしい瓶入りのコーヒーを飲めば、レトロな気持ちも楽しめるはず。また、一の湯のすぐ近くある足湯や飲湯場も要チェックです。

【スポット名】一の湯
【住所】 兵庫県豊岡市城崎町湯島415-1
【電話番号】0796-32-2229
【開館時間】7:00~23:00
【閉館日】毎週水曜日
【入館料】大人:600円 小人:300円(3歳~小学生)
【詳細ページ】一の湯

3.四所神社

好喜歡喔!

A post shared by Giyan Lee (@aredifficult) on

御所の湯に隣接して鎮座する四所神社は、城崎温泉の歴史や神秘と深い縁のあるスポット。地元の人たちに憩いの場としても利用されています。祀られているのは、温泉の守護神「湯山主神」と水の守護神「宗像三女神」。そう、四所神社は、城崎温泉の歴史を古来より見守り続けている格調高い神社なのです。四所神社がひときわにぎわいを見せるのは、7月の七夕祭り、7下旬~8月下旬の夏祭り、10月のだんじり祭りなど。四季折々の魅力的な祭事が催されています。

【スポット名】四所神社
【住所】兵庫県豊岡市城崎町湯島447
【電話番号】0796-32-3663 (きのさき温泉観光協会)
【拝観時間】24時間
【拝観料】無料
【詳細ページ】四所神社

4.城崎温泉ロープウェイ

⏰13:00到達展望台 #kinosakionsenrapeway

A post shared by Queenie (@queenie___wong) on

趣ある温泉街とは別世界の光景を楽しみたい人には、城崎温泉ロープウェイがおすすめ。その歴史は古く、城崎温泉の目玉スポットとして昭和38年5月に完成したロープウェイです。

登高望遠

A post shared by Hao (@tw19941994) on

展望台からの眺めは絶景の一言。眼下には、山麓に開かれた城崎温泉と温泉郷を取り囲む自然の大パノラマが広がっています。展望台付近にはスイーツが味わえる茶屋もあり、のんびりとくつろぐことも可能。城崎温泉の魅力が詰まった眺望が楽しめるでしょう。

【スポット名】城崎温泉ロープウェイ
【住所】兵庫県豊岡市城崎町湯島806-1
【電話番号】0796-32-2530
【運転時間】上り:9:10~16:50 下り:9:30~17:10
【定休日】毎月第2・第4木曜日(祝日の場合は営業)
【乗車料金】大人:900円 小人:450円 (ともに山頂駅までの往復料金)
【詳細ページ】城崎温泉ロープウェイ

5.兵庫県立コウノトリの郷公園

コウノトリを探せ!! #コウノトリの郷公園 #コウノトリ #豊岡

A post shared by なお (@naostel) on

兵庫県立コウノトリの郷公園は、国の天然記念物であるコウノトリの保護や飼育が行われているところ。昔は日本各地で生息していた野生のコウノトリも、昭和46年頃にはすっかり姿を消してしまいました。公園はそのコウノトリを人工飼育して、野生復帰させることを目的に設立されました。

鳥インフルエンザで公開中止されていた西公開ケージにコウノトリが戻りました。#コウノトリ #mrokkor90f4 #gx7

A post shared by かも みつゆき Mitsuyuki Kamo (@denkigama) on

里山の鄙びた風景は、コウノトリが暮らす環境にぴったり。しかも、コウノトリは兵庫県の県鳥でもあるのです。2017年2月現在で、園内に生息するコウノトリの数は90羽。国の天然記念物が羽ばたく姿は凛々しく、訪れる人に幸せを運んでくれるはずです。

【スポット名】兵庫県立コウノトリの郷公園
【住所】兵庫県豊岡市祥雲寺128
【電話番号】0796-23-5666
【開園時間】9:00~17:00
【定休日】月曜日(祝日の場合は翌日)・12月28日~1月4日
【入園料】無料
【詳細ページ】兵庫県立コウノトリの郷公園

6.城崎マリンワールド

絶対歩かへんやろう / I bet you won't walk. #penguin #ペンギン #aquarium #水族館

A post shared by Yoko (@yokologos) on

初投稿はアザラシのあずきです♪ #初投稿 #城崎マリンワールド  #あずき #アザラシ

A post shared by 城崎マリンワールド (@kinosakimarineworld) on

言わずと知れた、城崎を代表するマリンリゾート。日本海に面する人気の水族館で、カップルからファミリーまで、1日楽しく過ごせるアトラクションやショーが数多く開催されています。人気者のアザラシは「あずき」で、愛くるしい表情は癒し効果抜群。体を左右に振ってよちよち歩くペンギンたちも愛嬌たっぷりです。園内のショップでは、魚をキャラクターにしたお土産も多数そろっています。1日ゆっくりと時間をかけて楽しみたいスポットと言えるでしょう。

【スポット名】城崎マリンワールド
【住所】兵庫県豊岡市瀬戸1090
【電話番号】0796-28-2300
【開園時間】9:00~17:00(最終入場時間は16:30、7/20~8/31は9:00~18:00)
【休園日】無休
【入園料】大人:2,470円 小人(小・中学生):1,230円 幼児(3歳以上):620円
【詳細ページ】城崎マリンワールド

7.出石城下町

城崎エリアからちょっと足を延ばしたところにあるのが、出石城下町。但馬の小京都ととも呼ばれる古い街並みが続くエリアで、一帯にはどこか懐かしさを感じさせる情趣が漂っています。ひときわ目を引くのは、石垣の上に建つ木造の時計台。出石城下町のシンボル的存在として人気があります。

出石皿そばd(^_^o)10皿完食 喉越しサイコ〜〜旨し#出石そば #出石城下町

A post shared by 栄哉 竹内 (@takehide24) on

一昔前の古き良き城下町を散策すれば、温泉とはまた違った和みの時間が過ごせるはず。出石城下町の名物は、何といっても手打ちそば。素朴ながらも、繊細で心が落ち着くような風味がたっぷり堪能できます。

【スポット名】出石城下町
【住所】兵庫県豊岡市出石町
【電話番号】0796-52-4806 (NPO法人但馬國出石観光協会)
【営業時間】店舗により変動 (要問合せ)
【定休日】店舗により変動 (要問合せ)
【詳細ページ】出石城下町

8.城崎美術館

#城崎 #城崎美術館 #ネイル坊主 #シュール

A post shared by yskw. (@a_cocoon_ym) on

城崎温泉は、アートと温泉が同時に楽しめる贅沢な観光地。温泉にくわえ、城崎美術館で優雅に芸術鑑賞なんて粋な体験もできます。道しるべ役の小坊は、城崎美術館の隠れた人気者です。

城崎美術館があるのは、温泉寺の境内。ロープウェイの「中間駅」に位置しており、清々しい色濃い自然も合わせて満喫できるはず。所蔵されているのは、おもに鎌倉仏教にまつわる貴重な文物。藤原時代の六体地蔵尊や聖徳太子の作と伝えられる薬師如来坐像も展示されています。

【スポット名】城崎美術館
【住所】兵庫県豊岡市城崎町湯島985-2
【電話番号】0796-32-2851
【開館時間】9:00~16:30
【閉館日】 第2・4木曜(祝日の場合は開館)
【観覧料】大人:100円(温泉寺共通券400円) 小人:無料 (小学生以下・保護者同伴)
【詳細ページ】城崎美術館

9.温泉寺

A post shared by masaya (@man1969man1969) on

お伝えした通り、城崎美術館を境内に持つのは温泉寺。「中間駅」の近くにひっそりと佇む古刹で、境内は森閑とした空気に包まれています。城崎温泉を開いたとされる道智上人が創建した由緒あるお寺で、祀られている十一面観音立像や千手観音立像は国指定重要文化財。風格漂う本堂と宝篋印塔も、同じ国指定重要文化財に認定されています。多くの人はロープウェイで「山頂駅」を目指してしまいますが、ぜひ途中下車して、格式高い温泉寺を参拝してみてください。

【スポット名】温泉寺
【住所】兵庫県豊岡市城崎町湯島985-2
【電話番号】0796-32-2669
【拝観時間】9:00~17:00
【拝観料】大人:300円 (城崎美術館共通券400円)
【詳細ページ】温泉寺

10.竹野浜海水浴場

明日は竹野海岸海開きです!

A post shared by 竹野浜海水浴場 たけの観光協会 (@takenohama) on

城崎近郊で海水浴が楽しめるのは、日本海に突き出た半島の入口付近にある竹野浜海水浴場。最大の特徴は、海水の透明度の高さ。1キロにおよぶ白い砂浜を優しく洗うように、透き通るような海水がちゃぷちゃぷ穏やかに打ち寄せています。竹野浜海水浴場は、兵庫県のみならず、山陰地方を代表する景勝地。「日本の渚百選」と「快水浴場百選」のダブル認定を受けるなど、美しい風景はまさに一見の価値ありです。

【スポット名】竹野浜海水浴場
【住所】兵庫県豊岡市竹野町竹野
【電話番号】0796-47-1080 (たけの観光協会)
【遊泳期間】2017年7月1日~8月27日
【海開き】2017年7月1日
【遊泳時間】8:00~17:00
【駐車料金】1,500円 (普通車・軽自動車)
【詳細ページ】竹野浜海水浴場

11.玄武洞公園

城崎に息づく自然の驚異を目の当たりにしたい人にとって、玄武洞公園は外すことのできないスポット。およそ160万年前の火山活動によって形成された摩訶不思議な岸壁で、自然が作り出す造形美を存分に楽しむことができます。

「洞」という名前が付いているのは、後世に人間が採掘のために岸壁を掘削したから。園内にはこの洞が複数あり、自然の計り知れないパワーと神秘的なオーラが一帯に漂っています。玄武洞公園は、毎年6月下旬頃から開催されるあじさい祭りで有名ですが、秋の紅葉も息をのむほどの美しさ。園内には、玄武洞ミュージアムも併設されています。

【スポット名】玄武洞公園
【住所】兵庫県豊岡市赤石
【電話番号】0796-22-8111 (豊岡観光協会)
【休園日】無休
【注意点】2017年4月現在、ミュージアム展示は改装工事で休業中。リニューアルオープンは2018年春の予定。
【詳細ページ】玄武洞公園

12.兵庫県立円山川公苑

城崎温泉でアウトドアスポーツが満喫できるスポットは、兵庫県立円山川公苑。円山川を隔てた城崎温泉の対岸にある公園で、園内にはグランド・プール・スケートリンク・ボートヤードなど、さまざまなアウトドアスポーツが楽しめる施設がそろっています。なかでも人気のアトラクションはアウトドア感満載のカヌー。1人~3人用までのカヌーがあり、初心者から上級者まで、誰もが楽しく水上ライドを体験できます。

【スポット名】兵庫県立円山川公苑
【住所】兵庫県豊岡市小島1163
【電話番号】0796-28-3085
【開園時間】9:00~17:00
【休園日】5月~10月は無休 ・11月~3月は毎週月曜日・12月31日・1月1日が休園日(冬休み期間の月曜日は開園、また、月曜日が祝日の場合は翌日が休園日)
【カヌー料金】カヤック(1人乗り):1時間大人450円/小人200円、カナディアンカヌー(2人~3人乗り):1時間大人600円/小人300円
【詳細ページ】兵庫県立円山川公苑

13.来日山

静かな山道 #来日岳 山道 #紅葉 #いのしし注意

A post shared by ゆかり (@irakuy618) on

城崎温泉の西にそびえる来日山は、雲海と御来光が見られるスポットとして大人気。標高566.6メートルの山で、ハイキングで実り豊かな自然もたっぷりと満喫できます。雲海が見られるベストシーズンは晩秋で、とくに、山頂と陸地の温度差が7度以上になる早朝が狙い目。山あいをすっぽりと覆うような雲海が、眼下一面に発生します。また、来日山の中腹に位置する紅葉平は、読んで字のごとく、紅葉の名スポットとしても有名。雲海と合わせて紅葉狩りをする観光客が大勢見られます。

【スポット名】来日山
【住所】兵庫県豊岡市来日
【電話番号】0796-32-3663 (きのさき温泉観光協会)
【紅葉の見ごろ】10月下旬~11月上旬
【雲海の発生時刻】午前5:30前後 (季節によって変動あり)
【詳細ページ】来日山

14.極楽寺

Go back to Tokyo.

A post shared by shota yamada (@ymdsht) on

極楽寺は温泉寺と並ぶ城崎温泉の名刹。「清閑庭」と呼ばれる見事な枯山水の石庭がとくに有名で、白砂と刈込みの緑が織りなすコントラストは、得も言われぬ均整の取れた美を表現しています。城崎温泉の開祖道智上人が発見したと伝えられる「独鈷水」も必見。また、住職の説教を伺えたり、座禅体験ができたりと、さまざまな催しも開かれています。堂内では、文化的歴史的価値の高い水墨画の襖絵にも注目しましょう。

【住所】兵庫県豊岡市城崎町湯島801
【電話番号】0796-32-2326
【拝観時間】8:00~17:00
【休観日】無休
【拝観料】300円 (法話・座禅・抹茶代込み)
【詳細ページ】極楽寺

15.青井浜ワンワンビーチ

ゴーグルฅ՞•ﻌ•՞ฅワン♥

A post shared by hachi♡mama (@hachi313131) on

青井浜ワンワンビーチは、日本に数少ない犬専用の海水浴場。ビーチでは、救命胴衣を着けて遊んだり、飼い主と戯れたり、はたまた、ボートに乗って沖へ出たりする犬たちの姿を、あちこちで見ることができます。もちろん、地元民だけではなく、遠方から旅行で城崎を訪れている人にもおすすめのスポット。犬を飼っていても、旅行中はペットと離れ離れになってしまいますよね。飼い犬と会えない寂しさは、このビーチへ行けば一気に吹き飛んでしまうでしょう。ビーチには、休憩コーナー・ドライヤーコーナー・檜風呂などもそろっています。

【スポット名】青井浜ワンワンビーチ
【住所】兵庫県豊岡市竹野町
【電話番号】0796-47-1080 (たけの観光協会)
【ビーチ利用期間】7月~8月
【ビーチ利用時間】9:00~17:00
【利用料金】犬1頭:1,000円
【駐車料金】1,000円(普通車・軽自動車、更衣室・休憩コーナー付き)
【詳細ページ】青井浜ワンワンビーチ

16.城崎麦わら細工伝承館

城崎麦わら細工伝承館は、城崎温泉に300年も前から伝わる伝統工芸品の作製体験ができるスポット。麦わら細工を文化伝承として受け継いでいる地は、日本でもここ城崎温泉だけ。完全オリジナルの麦わら細工が作れるまたとないチャンスです。また、館内には、精緻極まる職人の技で生み出された、数々の麦わら細工も展示されています。思い思いに自分の美的センスを表現してみましょう。

【スポット名】城崎麦わら細工伝承館
【住所】兵庫県豊岡市城崎町湯島376-1
【電話番号】0796-32-0515
【開館時間】9:00~17:00 (最終入館は16:30)
【休館日】毎月最終水曜日(祝日の場合は翌日)・12月31日・1月1日
【入館料】大人:300円 中高生:200円
【麦わら細工体験料】400円~
【詳細ページ】城崎麦わら細工伝承館

17.城崎文芸館

城崎温泉は、近現代の日本文学とゆかりの深いところ。城崎温泉を訪れた経歴のある文豪は数知れず、志賀直哉・島崎藤村・司馬遼太郎・有島武郎といった小説から、吉井勇・与謝野鉄幹・与謝野晶子といった歌人まで、錚々たる名が並びます。城崎文芸館は、そんな文学ロマンにあふれた城崎温泉の雰囲気が味わえるスポット。2016年10月のリニューアルオープンで、より魅力あふれる館内設備が整いました。

館内に展示されているのは、日本文学史を彩る数々の貴重な資料や文物。小説家万城目学氏が書き下ろした『城崎裁判』は、お土産として大人気です。

【スポット名】城崎文芸館
【住所】兵庫県豊岡市城崎町湯島357-1
【電話番号】0796-32-2575
【開館時間】9:00~17:00 (最終入館は16:30)
【休館日】毎月最終水曜日 (祝日の場合は翌日)・12月31日・1月1日
【入館料】大人:500円 中高生:300円 小学生以下:無料
【詳細ページ】城崎文芸館

18.城崎温泉駅前

最後のおすすめスポットは、ずばり城崎温泉駅前。城崎温泉へ電車で向かう人はもちろん、車でアクセスする人も、ぜひ駅前でしばし佇んでみてはいかがでしょう。城崎温泉名物の蟹をモチーフにしたベンチ・飲泉場・外湯の駅舎温泉「さとの湯」もあり、温泉郷の魅力がコンパクトにまとまっています。

また、駅から伸びる道も旅情をかきたてる趣深さ。日本を代表する名湯にふさわしい、情趣に満ちた眺めが満喫できるでしょう。

【スポット名】城崎温泉駅前
【住所】兵庫県豊岡市城崎町今津 城崎町今津283
【電話番号】0796-32-3663 (きのさき温泉観光協会)
【飲泉場利用時間】24時間
【飲泉場利用料】無料
【駅舎温泉さとの湯営業時間】13:00~21:00
【駅舎温泉さとの湯定休日】毎週月曜日
【駅舎温泉さとの湯利用料】大人:800円 小人400円(3歳~小学生)
【詳細ページ】城崎温泉駅前

城崎温泉といえば、やはり思い浮かぶのは7つの外湯めぐり。風情ある佇まいの街並みは、歩いているだけで旅情気分をぐっと高めてくれます。でも、せっかく城崎温泉へ行くなら、魅力的なほかの観光スポットも見逃すわけにはいきません。由緒ある寺社仏閣あり、風光明媚な海水浴場あり、名峰あり、工房あり、文芸館ありと、城崎温泉には、この地に花開いた豊かな伝統・文化・歴史・自然が今も息づいているのです。ぜひひとつでも多くの観光スポットをめぐって、城崎温泉での滞在を思い出深いものにしてください。

城崎温泉のおすすめ旅館の記事ー【城崎温泉】風情と情緒あふれる温泉街!泊まってみたいおすすめのホテル・旅館5選

アイキャッチ画像出典:bizmac

PAGE TOP