きりしま 悠久の宿 一心の離れとの道

【きりしま 悠久の宿 一心】どうしても紹介したい珠玉の旅館!自家源泉がかけ流し、露天風呂付き離れの宿

韓国岳や高千穂峰、そして数々のカルデラの池からなる「霧島連山」。四季折々の花々たちが楽しめる、自然豊かな地で、多くの登山客が訪れる人気スポットでもあります。その麓に広がるのが「霧島温泉郷」とよばれる温泉地です。とはいえ、一口で「霧島温泉郷」といっても、各宿、それぞれ異なる泉質の温泉をひいており、もちろんお料理や雰囲気も様々。したがって、ひとくくりにしてしまうのは、やや無謀と言えるかもしれません。

きりしま 悠久の宿 一心の看板

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

そんな中でも、ひときわキラリと輝く、珠玉のお宿があります。名前は「きりしま 悠久の宿 一心(いっしん)」。非日常的な雰囲気を愉しめる、全室離れ形式の旅館です。溝辺鹿児島空港ICや、横川ICからは、車で30分ほどの距離にあります。電車で来る場合は、日豊本線の霧島神宮駅よりタクシーで約20分ほどの距離となります。路線バスで来る場合は霧島いわさきホテル行きのバスにのり、最寄りの丸尾バス停で降りれば、事前連絡が必要とはなるものの、宿からの送迎サービスも受けられます。

きりしま 悠久の宿 一心のエントランス

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

この宿の特徴は、なんといっても真ん中にある大きな池。しかも、そのまわりを囲むようにして並べられた離れには、すべて客室専用の露天風呂がそなえられています。部屋数も、たった7室のみということで、プライベート感もたっぷり。まさに大人ための、隠れ家的なお宿となっているのです。

きりしま 悠久の宿 一心のラウンジ

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

まず旅館の玄関に入ると、落ちついた雰囲気のラウンジスペースが目に入ります。木の質感をそのまま生かした、非常に珍しいチェアが置かれているなど、こだわりのある調度品に好感度があがります。

きりしま 悠久の宿 一心のラウンジ2

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

また、窓のそばには外が見えるような形でカウンターが備えられており、この宿の一番の特徴でもある大きな池や、池に渡された橋が一望できます。夜はここが焼酎バーへと変身し、「魔王」や「三岳」、「森伊蔵」など、日本全国でも入手困難な焼酎をいただけるとのこと。そのほか、滅多にお目にかかれないという逸品に出会える場合もあるというから、お酒好き、とりわけ焼酎をたしなむ人にとっては、この上ない極上の時間が過ごせそうです。

きりしま 悠久の宿 一心のDVD

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

また、離れの宿ということでお籠り派の方には、部屋での時間を楽しく過ごせるよう、たくさんのDVDが用意されています。

きりしま 悠久の宿 一心のフロント

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

宿についたらまず、お茶とお茶菓子のサービスをうけつつ、チェックインの手続きを行います。ひとまず息をつくことができるので、嬉しいおもてなしですね。

きりしま 悠久の宿 一心の巾着

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

その後、基礎化粧品の入ったきんちゃく袋を選ばせていただけます。基礎化粧品なので女性限定のサービスとはなりますが、自分の好みの袋を選べるとあって、こちらも嬉しいサービスとなっています。

きりしま 悠久の宿 一心の離れとの道

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きんちゃく袋を選んだら、先ほど見えた橋をわたり、客室へとむかいます。その道すがら、左手にみえるのは、お食事をいただける食事処となっています。長い長い橋とはなりますが、かえって客室への期待感が高まっていきそうですね。

きりしま 悠久の宿 一心の離れ

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

さて、こちらの宿の客室は、「さくら」「しゃくなげ」など、花や木の名前がつけられています。部屋は、リビングと寝室エリアにわかれており、全ての部屋に露天風呂と内風呂とが備えられているという贅沢なお宿。さらに畳敷きの和室がついている客室もあり、とにかくラグジュアリー感が味わえる宿といえるのです。今回はそのうち「みやま」という客室をご紹介したいと思います

きりしま 悠久の宿 一心の離れ玄関

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

木の壁に囲まれた離れの部屋は、ドアも立派で、しっかりとした1軒のおうちのようです。

きりしま 悠久の宿 一心の庭

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

しかも専用の庭が備えられており、広い広いテラスには、ゆっくりと過ごすことができそうなチェアセットのほか、露天風呂が見えます。

きりしま 悠久の宿 一心のテラス

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

しっかりと温まったあとは、こちらのチェアでゆっくりとクールダウンするのはいかがでしょうか。想像するだけでワクワクしてきます。さて一体中はどうなっているのでしょう。楽しみですね。

きりしま 悠久の宿 一心の玄関

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心の客室

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

中には、ダークブラウンのフローリングがひかれ、落ち着いた雰囲気の和モダンなリビングルームとなっています。

きりしま 悠久の宿 一心の客室3

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心のテレビ

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心のソファ

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

大きくゆったりとしたソファは、足を延ばして座ることもでき、テレビを見ながらのんびりとくつろげます。また、すぐ横に大きな掃き出し窓があることで、日差しがはいり、明るく過ごしやすいリビングとなっています。

きりしま 悠久の宿 一心の客室2

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

広々とした室内には、レトロな雰囲気のフロアランプや、額縁がさりげなく飾られており、宿のセンスをうかがい知ることができるようにもなっています。

きりしま 悠久の宿 一心の和室

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

隣には、6帖の和室間もあり、ちょっと寝転んで休みたいなんて方にも最適です。

きりしま 悠久の宿 一心の和室2

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

床は、縁のない琉球畳。きりっとした印象で、好感がもてます。畳は夏は涼しいうえに、冬も冷えすぎることなく重宝します。

きりしま 悠久の宿 一心の和室3

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

床の間には、明り取りのための障子もあり、居心地よく過ごせるように工夫されているのがわかります。

きりしま 悠久の宿 一心のベッド

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

次は、リビングに隣接しているベッドルームをご紹介します。

きりしま 悠久の宿 一心のベッド2

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

ベッドルームには180cm幅のあるクィーンサイズのベッドが置かれています。

きりしま 悠久の宿 一心のベッド3

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

こちらの部屋にも大きな窓がしつらえられているので、窓の景色を見ながら寝そべることも可能です。ちょうどこの「みやま」専用のお庭が見えます。

きりしま 悠久の宿 一心のクローゼット

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

なお、館内着はこちらのクローゼットに収納されています。

きりしま 悠久の宿 一心の浴衣

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

お洒落な浴衣がそなえられています。バスローブも用意されているので、入浴後にはさっと羽織って、脱力しながらのんびりと過ごすことができそうです。

きりしま 悠久の宿 一心の冷蔵庫

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

次に、ほかの設備や備品をみていきます。

リビングのテレビの下にある扉をひらくと、中には冷蔵庫が置かれています。なかには、お茶やミネラルウォーターがあらかじめ用意されており、無料でいただくことができるようになっています。さすがハイクラスな旅館だけあって、わずらわしい思いをさせないような配慮が行き届いております。

きりしま 悠久の宿 一心のセーフティボックス

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心のお茶セット

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

また、セーフティボックスやお茶セットなども、こちらに整然と収納されています。

きりしま 悠久の宿 一心のコーヒー

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

コーヒーはドリップ式。紅茶も用意されているので安心です。さらに風味を損なわないようにするためなのか、紅茶や砂糖などは、わざわざ袋にいれられているのにも好感がもてます。

きりしま 悠久の宿 一心のトイレ

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

次に水回りを見ていきます。トイレは、木目調のアクセントウォールが目をひく、お洒落なインテリアになっています。

きりしま 悠久の宿 一心のトイレ2

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

予備のタオルやスプレーなど備品もしっかり完備しています。

きりしま 悠久の宿 一心の風呂

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

内風呂はなんと御影石のお風呂。壁には木の板が貼られており、高級感のあるつくりになっています。また、こちらのお湯は、地下1200mもの深さからくみ上げる自家温泉。源泉100%のまろやかなにごり湯を、贅沢なかけ流しで楽しめます。窓からは庭の景色も堪能でき、幸福感を味わえそうです。

きりしま 悠久の宿 一心のシャンプーセット

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心のシャンプーセット2

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

シャンプーセットはなんと2種類で、資生堂とKOSEのものが置かれています。好みのものを選べるようになっている点も嬉しいですね。なにより、体を冷やすことなく中でゆっくりと洗える点は、素晴らしい設備といえるのではないでしょうか。

きりしま 悠久の宿 一心の風呂2

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

そして最初にみた露天風呂がこちら。外は、檜造りの露天風呂。やはり源泉かけ流しのお湯を愉しむことができるのが最大のポイント。そしてお庭はよく手入れがされており、この上ない極上気分を味わえるようになっているのです。広々として奥ゆきもバッチリとられたテラスですが、屋根がついているので、雨の日にも、よほど吹き込まない限りは安心です。もし運が悪く台風などで天候が大荒れの時にも、どの客室にも立派な内風呂があるので、お風呂にゆっくりと入れなかったなんて思いもしなくて済みそうですね。

きりしま 悠久の宿 一心の風呂庭

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

露天風呂にはふたが用意されているため、湯船には落ち葉ひとつ入らず、清潔に保たれていました。湯の花が浴槽についているのも源泉の泉質が良い証だと思います。

出典:カップルにお勧めしたい山間の静寂さの中で温泉三昧できる宿/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心の庭

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

庭から、少しではありますが、高千穂峰など山々をのぞむことができます。さらに野鳥の声が聞こえるほど静かで、のんびりとした気分が味わえます。また、しっかりと囲いもあるので、隣のゲストも気にならず、贅沢な邸宅ステイを愉しむことができそうです。

きりしま 悠久の宿 一心の洗面台

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

洗面台はツインボウル式で、同行者と同時に身支度が整えられるようになっています。

きりしま 悠久の宿 一心の基礎化粧品

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

さらに、女性用の基礎化粧品だけでなく、男性用の基礎化粧品や整髪料までが揃えられています。

きりしま 悠久の宿 一心のドライヤー

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心のアメニティ

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

ドライヤーも完備。そのほか、歯ブラシや、コットンセットなど基本的なアメニティは用意されています。

きりしま 悠久の宿 一心の基礎化粧品2

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

そのほか、チェックイン時のいただく巾着には、メイク落としやパック、使い切りの化粧水なども入っており、申し分ない備品揃えに、好感度はますますあがりそうです。

お食事

きりしま 悠久の宿 一心の個室ダイニング

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

次は、いよいよお食事を見てみましょう。お食事は本館のお食事処にていただきます。つまり、また、あの風情ある橋を渡ってむかうことになります。ちょっとした距離ですが、まるで別のレストランに向かうような気持ちになることもでき、楽しみが倍増いたします。また、橋には屋根もかけられているため、雨が降っても安心です。夜は灯篭もつけられ、一層雰囲気がアップするので、少しゆっくりと歩くなんてこともいいかもしれませんね。

きりしま 悠久の宿 一心の個室ダイニング2

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

食事処は、長い廊下に沿って7つの個室がつくられています。和の個室が2つに洋室が5つと、部屋の数だけ用意されているため、これまた特別感はひとしお。この日は、客室、お風呂、食事部屋など、すべてが自分たちだけの為に用意されているかのような、そんな特別な気分を味わうことができるのです。

きりしま 悠久の宿 一心の個室ダイニング3

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きちんとした仕切りのある個室部屋なので、ほかのゲストの視線は気になりません。

きりしま 悠久の宿 一心の個室ダイニング6

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心の個室ダイニング4

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

また、ただ食事だけのスペースとして椅子とテーブルが並べられているだけでなく。このようなオブジェも飾られ、気品あふれるスペースになっています。

きりしま 悠久の宿 一心の個室ダイニング5

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

個室からは通ってきた池や橋を眺めることができます。

橋を渡り食事処に向かいますが、夜行燈がともると大変幻想的な景色を楽しめます。この橋の様子は食事処からも眺めることができ夕暮れ時の空が赤く染まる景色や、日が落ち橋に行燈がともった様子を楽しみながら食事をいただけるのも趣があり大変気に入りました。

出典:カップルにお勧めしたい山間の静寂さの中で温泉三昧できる宿/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心の献立

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

いただけるお食事は創作料理。しかも、自家農園で育てているという無農薬野菜や、契約牧場から取り寄せた鹿児島黒毛和牛、そして鹿児島近海で獲れた鮮魚など、厳選された素材を用いたこだわりのお料理となります。

きりしま 悠久の宿 一心の夕食2

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

こちらは、7月のある日のメニューとなります。食前酒はいちご酒です。

きりしま 悠久の宿 一心の夕食

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

前菜には、人参の冷製スープや海胆(うに)のコンソメ寄せ、冬瓜の赤ワインぶどう煮など、素材の味を活かしつつも手の込んだ品々が美しく盛られています。

きりしま 悠久の宿 一心の夕食3

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

次は、上澄仕立て風蒸しスープ。野菜がたっぷり入ったスープは、黒豚三枚身をそえて、野菜と肉のうまみが味わえる食べごたえのある一品となっています。

きりしま 悠久の宿 一心の夕食4

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

そして、目にも鮮やかなお造りには、近海の地魚が所せましと並んでいます。

きりしま 悠久の宿 一心の夕食5

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

こちらはお祝いのお赤飯となっています。

きりしま 悠久の宿 一心の夕食6

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

焼き物には金目鯛の焼き物に、牛舌に小ねぎを巻いたものが添えられています。

肉厚な金目鯛の焼き物の焼き具合と味付けが大変気に入りました。牛舌に小ねぎをまいたシンプルな一品も食材の良さが引き立つ一品でした。

出典:カップルにお勧めしたい山間の静寂さの中で温泉三昧できる宿/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心の夕食7

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心の夕食8

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

次は、鹿児島黒毛和牛の石焼ステーキです。A5ランクの等級をもつ黒毛和牛のなかでも、実はサシの入り方でさらに8~12番までのランクがあるのはご存知ですか?こちらは、ずばり12番のものというとことで、文字通り最高級の一品が提供されているのです。数万頭に一頭とも言われる貴重なお肉を味わえるとは、まさに至福な体験というもの。しかもソースが、玉葱ソース、ヒマラヤ岩塩、山葵にライムと、4種類用意されているので、お好みのお味でいただくことができます。

きりしま 悠久の宿 一心の夕食9

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心の夕食10

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

お米は湧水棚田米をつかっており、おにぎりも、一粒一粒の美味しさが感じらえる一品となっています。

きりしま 悠久の宿 一心の夕食11

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心の夕食12

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

フルーツに氷菓を添え、様々なお味を楽しめるデザートで終了となります。

きりしま 悠久の宿 一心の夕食13

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

夕食は鹿児島の食材を楽しめる大変おいしい食事でした。自家農園で育てた無農薬野菜は野菜本来の味を楽しむことができ、人参のスープや焼き物に添えられた野菜まで美味しくいただくことができます。

出典:カップルにお勧めしたい山間の静寂さの中で温泉三昧できる宿/きりしま 悠久の宿 一心

利用者の評価も上々です。お肉にも野菜にも満足できる、そんな素晴らしい夕食が楽しめそうです。

きりしま 悠久の宿 一心の夕食の道2

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

戻りの際は、やはり歩調を緩めて、のんびりと歩いて戻りたいですね。

きりしま 悠久の宿 一心の朝食場

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

では次に朝食も簡単にご案内いたします。

きりしま 悠久の宿 一心の朝食

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

ずらりと並べられたお皿のほかに、大きな釜がおかれています。こちらは、こだわりの白米「鹿児島県湧水町の棚田米」の入った釜なのですが、このように一部屋一部屋に専用の釜を提供してくださいます。御櫃でいただくよりも贅沢な気分が味わえますね。

きりしま 悠久の宿 一心の朝食2

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

美味しいご飯といただくお食事はまた格別です。出汁のたっぷり出たお味噌汁も豪華で、朝から幸せな気分に浸れそうです。

きりしま 悠久の宿 一心の朝食3

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心の朝食4

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

なんとお塩は岩塩ごと用意してくださいます。

きりしま 悠久の宿 一心の朝食5

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心の朝食6

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心の朝食7

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

鍋物は海老やつみれも入ったもので、朝食とは思えない豪華なもの。焼き魚や明太子など定番のメニューもあります。

きりしま 悠久の宿 一心の朝食8

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

きりしま 悠久の宿 一心の朝食9

出典:宿らん/きりしま 悠久の宿 一心

デザートもいただきこれで終了となります。夕食、朝食ともに、大満足いただける内容になっているのではないでしょうか。

こちらの「きりしま 悠久の宿 一心」は、専用の庭やお風呂が楽しめる客室や、厳選した素材を使用したお食事など、全体的に非常にレベルの高い宿だということが伝わったかと思います。鹿児島観光を目的に探す宿というよりも、この宿があるから鹿児島に行ってみたいとまで思わせるほど、素晴らしい何かがある旅館とさえいえそうです。ぜひ今度の休日は、ちょっと足を延ばして、こちらの宿を訪ねてみてはいかがでしょうか。きっと非日常的な至福の時間が過ごせるはずです。

PAGE TOP