滝寺荘 広縁

【滝寺荘】闘竜灘の絶景をのぞむロケーションと鮎づくしの会席料理が人気!

滝寺荘 外観

出典:宿らん/滝寺荘

滝寺荘 外観

出典:宿らん/滝寺荘

JR加古川線滝駅から徒歩でおよそ5分。兵庫八景にも選ばれている「闘竜灘」を望む川沿いに建つ「滝寺荘」は、「闘竜灘」の巨岩や奇岩が連なる絶景を眺めながら、四季折々の旬の地の食材を使った料理を楽しめる贅沢な宿です。県内外を問わずリピーターの方が多いという宿の館内は、落ち着いた和のたたずまい。客室も落ち着いた和のしつらえで、川側に配された大きな窓からは、「闘竜灘」の大迫力の眺めを楽しむことができます。そんな絶景とともにリピーターが楽しみにしているのは、夏の季節に味わえる鮎づくしの会席料理。お造りや鮎寿司はもちろん、飴炊き、天麩羅など様々な鮎料理の中でも人気の塩焼きは、これを食べるのを楽しみにやってくるという、お客さんも数多くいるといいます。それではさっそく、そんな「滝寺荘」の館内を見ていくことにしましょう。

大きな窓から明るい日差しが差し込む開放的なロビーの空間は、落ち着いた和の佇まい

滝寺荘 玄関

出典:宿らん/滝寺荘

緑豊かな川沿いののどかな風情とは対照的に、川面は奇岩が山脈のように連なるダイナミックな景色が広がる「闘竜灘」。「滝寺荘」は、そんな絶景を望む特等席のようなロケーションに建っています。川側にたくさんの大きな窓がとられたモダンな外観が印象的な宿の玄関をくぐると、センスのいい調度品やソファーなどがバランスよく配された上品な和のしつらえのロビーの空間が広がります。ロビーの一角にあるフロントでチェックインを済ませて客室で一息ついたら、宿のすぐ目の前が「闘竜灘」なので、川沿いを歩くなどして、いろいろな角度から兵庫八景にも選ばれている絶景を楽しみましょう。

滝寺荘 フロント

出典:宿らん/滝寺荘

上品な佇まいのロビーの一角にあるフロント。

滝寺荘 ロビー

出典:宿らん/滝寺荘

滝寺荘 ロビー

出典:宿らん/滝寺荘

明るい日差しが差し込む広々としたロビーには、座り心地の良さそうなチェアーとテーブルがバランスよく配されています。

滝寺荘 ワインセラー

出典:宿らん/滝寺荘

ロビーには、美しい調度品の数々がセンス良く展示されています。

滝寺荘 お土産屋

出典:宿らん/滝寺荘

館内にはお土産屋のスペースも設けられています。とっておきの旅の思い出の一品が見つかるかもしれません。

滝寺荘 階段

出典:宿らん/滝寺荘

ロビーは、中央に階段が設けられた吹き抜けの構造で、開放的な空間が印象的です。

滝寺荘 通路

出典:宿らん/滝寺荘

広々としていて明るく清潔な客室へ通じる通路。

滝寺荘 通路

出典:宿らん/滝寺荘

滝寺荘 庭

出典:宿らん/滝寺荘

館内の通路の一角には、手入れの行き届いた中庭を望む休憩スペースがあります。窓を挟むように置かれた味わい深い調度品が印象的です。

滝寺荘 喫煙所

出典:宿らん/滝寺荘

館内には、喫煙所のスペースも設けられています。

滝寺荘 自動販売機

出典:宿らん/滝寺荘

館内の自動販売機には、ビールからソフトドリンクまでひととおり揃っています。

端正な和の佇まいの客室の大きな窓の外には「闘竜灘」の絶景が広がります

滝寺荘 客室

出典:宿らん/滝寺荘

余計な物を排除した落ち着いた大人の和のしつらえの佇まいの客室が揃う「滝寺荘」。客室は、「闘竜灘」をのぞむ方向に大きな窓がとられていて、広縁から奇岩とその合間を流れる水の流れが織りなすダイナミックな景色を眺めることができます。和室のお部屋は広々とゆとりのある空間で、端正でありながら快適に過ごすための設備が整っていますので、居心地は抜群。「闘竜灘」の飽きることのない絶景を眺めたり、横になってリラックスするなどして、思い思いの時間を過ごしましょう。宿泊を予定していて、客室の詳しい情報を知りたい方は、あらかじめホームページをチェックして、わからないことがありましたら、直接宿に問い合わせてみましょう。

滝寺荘 客室玄関

出典:宿らん/滝寺荘

引き戸の天然木の格子状の細工が美しい、客室の玄関前のスペース。

滝寺荘 客室玄関

出典:宿らん/滝寺荘

大きめの下駄箱が設置されている充分な広さのある客室の玄関。

滝寺荘 客室

出典:宿らん/滝寺荘

滝寺荘 客室

出典:宿らん/滝寺荘

滝寺荘 客室

出典:宿らん/滝寺荘

端正な和の佇まいの客室。「闘竜灘」を望む方向には大きな窓が配されていて、明るい日差しが差し込みます。

滝寺荘 広縁

出典:宿らん/滝寺荘

滝寺荘 広縁

出典:宿らん/滝寺荘

窓側には、チェアーやテーブルが設置された、居心地の良さそうな広縁のスペースが設けられています。

滝寺荘 景色

出典:宿らん/滝寺荘

客室の窓から望む「闘竜灘」の絶景。

滝寺荘 お茶セット

出典:宿らん/滝寺荘

滝寺荘 お茶菓子

出典:宿らん/滝寺荘

客室に到着したら、まずはお茶とお茶菓子で一服しましょう。

滝寺荘 冷蔵庫 

出典:宿らん/滝寺荘

客室の冷蔵庫は、大きめのものが設置されています。

滝寺荘 金庫

出典:宿らん/滝寺荘

客室には金庫があるので、セキュリティーも安心です。

滝寺荘 浴衣

出典:宿らん/滝寺荘

お風呂に入ったら、浴衣に着替えてくつろぎましょう。

滝寺荘 洗面所

出典:宿らん/滝寺荘

目の前に大きな鏡が設置されていて、使い勝手の良さそうな客室の洗面所。

滝寺荘 ドライヤー

出典:宿らん/滝寺荘

洗面所には、ドライヤーや歯ブラシなどもひととおり用意されています。

滝寺荘 トイレ

出典:宿らん/滝寺荘

客室のトイレは、ウォッシュレットが完備されています。

檜風呂と岩風呂の趣が違う2つの男女入れ替え制の大浴場

滝寺荘 岩風呂

出典:宿らん/滝寺荘

お湯は温泉ではありませんが、男女入れ替え制の岩風呂と檜風呂の2つの立派な大浴場がある「滝寺荘」。岩風呂は、ゴツゴツとした大きめの岩が積み上げられた空間が印象的な大浴場で、岩にからまるように生える木が、いっそう野趣あふれる風情を醸し出しています。檜風呂は、大きな窓から明るい日差しが差し込む空間に、広々としていて味わい深い檜の湯舟が配された大浴場で、立ちこめる湯気とともに香る檜の香りい癒されます。宿泊日当日と翌日の朝とで男女が入れ替わるので、できれば趣の全く違う2つの大浴場の両方に入って、日ごろの疲れを癒しましょう。

滝寺荘 岩風呂入口

出典:宿らん/滝寺荘

紺色の暖簾が味わい深い、岩風呂の入口。

滝寺荘 岩風呂脱衣所

出典:宿らん/滝寺荘

滝寺荘 岩風呂脱衣所

出典:宿らん/滝寺荘

岩風呂の脱衣所のスペース。充分な広さが設けられています。

滝寺荘 岩風呂

出典:宿らん/滝寺荘

大きめの岩が積み上げられた迫力のある岩風呂。岩に絡みつくように生えている木が、いっそう野趣あふれる浴場の風情を醸し出しています。

滝寺荘 岩風呂洗い場

出典:宿らん/滝寺荘

岩風呂の洗い場も、岩で囲まれた野趣あふれる雰囲気です。

滝寺荘 檜風呂 脱衣所

出典:宿らん/滝寺荘

明るく清潔な檜風呂の脱衣所。充分な広さが設けられています。

滝寺荘 檜風呂

出典:宿らん/滝寺荘

大きな窓から明るい日差しが差し込む檜風呂。

夏の鮎会席をはじめ四季折々の旬の味覚を楽しめる料理

滝寺荘 食事処個室

出典:宿らん/滝寺荘

個室(有料)か広間のいずれかの食事処でいただくことができる「滝寺荘」のお食事。四季折々の旬の味を大切に、職人の技が光る料理のなかでも、5月から9月までの期間で味わえる鮎会席は特に人気で、刺身、塩焼き、押し寿しなどで味わえる鮎は、新鮮そのもので川魚特有の臭みやクセもなく、これを目当てにやってくるというリピーターも数多くいるといいます。ちなみに、鮎の押し寿しは「滝寺荘」の名物となっていて、お土産としても販売されているので、気になる方は、あらかじめ宿に問い合わせてみましょう。

滝寺荘 食事処

出典:宿らん/滝寺荘

大きな窓の外には「闘竜灘」の絶景が広がる、明るく開放的な食事処。

滝寺荘 メニュー

出典:宿らん/滝寺荘

鮎会席のメニュー。

滝寺荘 料理

出典:宿らん/滝寺荘

彩り豊かに盛り付けられた「季節の先付」と「旬菜五種盛り合わせ」。

滝寺荘 料理

出典:宿らん/滝寺荘

涼しげに盛り付けられた「鮎の姿造り」。

滝寺荘 料理

出典:宿らん/滝寺荘

凌ぎの「鮎寿し」は、鮎の押し寿しです。お土産としても人気の「滝寺荘」の名物料理のひとつです。

滝寺荘 料理

出典:宿らん/滝寺荘

炊合は、やさしい味わいの「鮎のおこげ餡かけ」です。

滝寺荘 料理

出典:宿らん/滝寺荘

焼物は大きめの鮎をふっくらと焼き上げた「鮎塩焼き」です。鮎の新鮮さが際立つ人気の一品です。

滝寺荘 料理

出典:宿らん/滝寺荘

強肴の「鮎の飴炊き」は、やさしい甘味が鮎の風味を引き立てる美味です。

滝寺荘 料理

出典:宿らん/滝寺荘

油物は頭から丸ごと食べられる「若鮎の天麩羅」です。

滝寺荘 料理

出典:宿らん/滝寺荘

「赤だし」とともにいただく御飯は、鮎の風味がいきている味わい深い「鮎御飯」です。

滝寺荘 料理

出典:宿らん/滝寺荘

お食事の最後の水菓子は、スイカです。

滝寺荘 料理

出典:宿らん/滝寺荘

鮎の焼物をはじめ、朝食も品数豊富な料理が並びます。

滝寺荘 景色

出典:宿らん/滝寺荘

大きな窓が館内のそこここに配されていて、のんびりと滞在しながらあらゆる角度から「闘竜灘」の絶景を存分に堪能することができる「滝寺荘」。もちろん、鮎会席をはじめとした旬の料理はどれも本格的で、とくに夕日に染まる「闘竜灘」を眺めながらいただく鮎会席は、この上ない贅沢なひと時です。そんな「滝寺荘」には、夏が来るたびにやってくるというリピーターも数多くいるというのも、うなずけますね。

PAGE TOP