天草・天空の船の外観

【熊本県】オススメな高級ホテル&旅館15選!極上の温泉地で過ごす贅沢なひと時

九州の中央部に位置する熊本県。東部の阿蘇地域には、世界一のカルデラをもつ阿蘇山、天草諸島などの名勝地、黒川温泉・平山温泉などの有名な温泉を多数湧出する人気の観光地です。西部に有明海、リアス式海岸は不知火海に面していて、海の幸も豊富。阿蘇山を有する熊本県は“火の国”と言われていますが、名水百選に選ばれた名水地も多く、地下水が豊富なので、“水の国”とも言われているんです。70万人超の熊本市の水道水は、何と全て地下水でまかなわれているとの事。世界でも稀有な都市なのだそうです。今回はそんな水が綺麗で、海の幸が豊富な熊本県内にある、おすすめな高級ホテル&旅館をピックアップしてみました。阿蘇の雄大な眺望が素敵な宿、泉質の良い温泉宿、美食を堪能できる宿など、魅力も満載!ぜひ細かくチェックしてみてください。

1.全館オーシャンビューの「天草・天空の船」

天草・天空の船の外観

出典:宿らん/天草・天空の船

まずご紹介するのは、「天草・天空の船」!宿名の通り、天空に浮かぶ豪華客船をイメージしたというリゾートホテルです。「海ほたる」等を手がけた建築デザイナー三澤浩之氏による設計。航海している気分に浸れるのが魅力です。

天草・天空の船の客室

出典:宿らん/天草・天空の船

客室は、全室テラスに多島海・松島が望める露天風呂付き。天草の海と島々を一望できる「本館」から3タイプと、天草の海に浮かぶ5000坪の半島にわずか3棟のみ佇む「離れ」から2タイプのお部屋が選べます。こちらは、離れの「アイランドビュービラB」。リビングの他に寝室が2部屋あって広々!ゆったり過ごせます。

少しだけ距離がある為、スタッフさんが運転するカートに乗って移動します。ビラに到着するとスタッフさんから各部屋や設備の使い方を懇切丁寧に教えて頂きました。

出典:洗練されたおもてなしで、美食・眺望・温泉が楽しめるリゾートホテル/天草・天空の船

リビングからデッキに続く広い羽目殺しの窓から、松島の絶景を眺める事が出来るようになっていて、演出効果抜群です。

出典:洗練されたおもてなしで、美食・眺望・温泉が楽しめるリゾートホテル/天草・天空の船

天草・天空の船の客室露天風呂

出典:宿らん/天草・天空の船

客室内には、内風呂とデッキに露天風呂があります。海と空の一体感が素晴らしく、癒しのひと時。最高のロケーションです!

松島の島々や海を眺めながら露天風呂を楽しんだ後は、デッキチェアーでごろりと横になるのも一興です。

出典:洗練されたおもてなしで、美食・眺望・温泉が楽しめるリゾートホテル/天草・天空の船

天草・天空の船のプール

出典:宿らん/天草・天空の船

共有のウッドデッキには、テラスとプールが!夕食後には、プールサイドラウンジとして利用できる様になっています。

天草・天空の船の夕食

出典:宿らん/天草・天空の船

食事は、展望レストラン「Festa del mare」にて。海の幸やシェフ自ら選りすぐった有機野菜、幻の地鶏「天草大王」等のブランド肉をふんだんに使った本格イタリアンを堪能できます。

つかず離れずで、絶妙のタイミングでお酒を勧めてくれたり、お皿の上げ下げして頂いたおもてなしが、2時間強のディナータイムをより満足いくものにしてくれました。

出典:洗練されたおもてなしで、美食・眺望・温泉が楽しめるリゾートホテル/天草・天空の船

松島の雄大な眺望、広々としたビラ、天草の食材を使った美味しいイタリアン等どれをとっても申し分がなく、楽しいリゾート気分を満喫した2日間でした。なんといっても過去の顧客情報上手く活用した洗練されていながら心温まるホスピタリティに、心が癒されます。天草観光の拠点としてカップルにもご家族旅行にもお勧めの宿です。

出典:洗練されたおもてなしで、美食・眺望・温泉が楽しめるリゾートホテル/天草・天空の船

利用者の方は、中年のカップルが多かったのですが、ムードがよくエステもあるので若い方にもお勧めだと思います。

出典:白亜の高級リゾートホテル/天草・天空の船

眺望の良い最上リゾート。天草の海と空を五感で感じながら、海を航海する客船に乗船した気分に浸れる。そんな素敵な宿です。

2.岩盤浴も楽しめる「はなれの宿 千の森」

はなれの宿 千の森の母屋

出典:宿らん/はなれの宿 千の森

次にご紹介するのは、「はなれの宿 千の森」です。8000坪の広大な敷地に母屋と食事処があり、更に離れた場所に客室が2棟のみという贅沢な空間。こちらは母屋ですが、チェックイン(ウェルカムドリンク)とチェックアウトの手続きを行う場所となっています。

こじんまりとした古民家風の母屋は、古い建物を移築して利用しており、味がある佇まいでした。中はアンティーク調の家具が備え付けられており、大正ロマンの雰囲気が漂います。突き出し窓からは水草が生い茂る涼しげな天然の川が眺められます。

出典:木々に包まれた離れでマイナスイオンを浴びながらプライベートな空間を楽しむ宿/はなれの宿 千の森

客室まではカートで案内してくれます。客室までのアプローチは木々に囲まれたアーチとなっており、木々のアーチをカートで進むのは、一種のアトラクションを味わっているような楽しさがありました。

出典:木々に包まれた離れでマイナスイオンを浴びながらプライベートな空間を楽しむ宿/はなれの宿 千の森

はなれの宿 千の森の客室

出典:宿らん/はなれの宿 千の森

こちらのお部屋は「かわせみ」です。81.22平米の和洋室で、定員は2~5名。広い土間があり、寝室とリビングに分かれています。DVDプレーヤーがあるので、お好みの音楽を聴いたり、映画を見る事も。冷蔵庫の中は全て無料というのも嬉しいサービスです。

リビングは梁が見える天井で、高く開放感がありました。ウッドデッキには椅子とテーブルが用意され、ウッドデッキの下には清流が流れていました。

出典:ありのままの自然の中で過ごせる別荘のような宿/はなれの宿 千の森

はなれの宿 千の森の客室風呂

出典:宿らん/はなれの宿 千の森

半露天風呂は、阿蘇の湧水を使用。肌触りの良いお湯が特徴です。樽風呂で趣がありますね。

はなれの宿 千の森の客室岩盤浴

出典:宿らん/はなれの宿 千の森

こちらは、阿蘇の黄土「リモナイト」を使用した岩盤浴です。お風呂の隣に位置しますが、テラスとつながっているので、大自然を眺める事も。川のせせらぎを聞きながら、癒しのひと時が過ごせます。

岩盤浴用の服も脱衣場に備えられており、快適に使う事が出来ました。浴室と和室の履き出し窓から行き来できるウッドデッキ調のテラスにはガーデンテーブルとチェアーセットが備えられており、マイナスイオンを浴びながら寛ぐことが出来ます。

出典:木々に包まれた離れでマイナスイオンを浴びながらプライベートな空間を楽しむ宿/はなれの宿 千の森

はなれの宿 千の森の夕食

出典:宿らん/はなれの宿 千の森

夕食は地元食材を使った、拘りの創作懐石をいただけます。館主の息子さんが作っている、無農薬の作物を使っているとの事。安心して堪能できますね。

食事は朝夕共に古民家風の離れの食事処で頂きます。土間には暖炉が備えられており、ノスタルジックな雰囲気が漂います。席は畳とフローリングスペースに分けられております。畳の席からは川が眺められ、川床のような雰囲気を味わえると思います。

出典:木々に包まれた離れでマイナスイオンを浴びながらプライベートな空間を楽しむ宿/はなれの宿 千の森

料理は一品一品配膳される本格的な京風懐石料理です。10年間京都で修行なさった料理長の技が光る料理の数々はどれも素晴らしく、美食宿の印象を受けました。また全ての料理が出来立ての状態で配膳されました。

出典:木々に包まれた離れでマイナスイオンを浴びながらプライベートな空間を楽しむ宿/はなれの宿 千の森

総合的な感想として、広大な敷地の中に佇む2つの離れで贅沢な気分を味わえる宿でした。木々に囲まれる静かな空間で、全身にマイナスイオンを感じながら過ごせます。また料理は全てが丁寧に作られた絶品揃いです。料理を重視する方も満足出来ると思いました。お籠もり系の宿で、時間の流れを忘れられる滞在となるでしょう。

出典:木々に包まれた離れでマイナスイオンを浴びながらプライベートな空間を楽しむ宿/はなれの宿 千の森

阿蘇山の麓にある離れの貸切り宿は、プライベート感があり、カップルにもオススメ。森の別荘にいる様な気分に浸れる所が魅力です。

3.泉質の良さが自慢の「やまと旅館 新館」

やまと旅館 新館の外観

出典:宿らん/やまと旅館 新館

次にご紹介するのは、「やまと旅館 新館」!九州の中でも人気がある平山温泉に位置する旅館です。元々はお豆腐屋さんだったとの事で、手作りの豆腐料理と、泉質の良い温泉が評判です。

やまと旅館 新館の客室

出典:宿らん/やまと旅館 新館

客室は、本館2室、新館の離れ・旧館の離れ(一戸建て6室)の全8室。こちらは新館の離れ「拾番」で、10畳の和室+7畳程のデッキテラスに、漆塗りの内湯と露天風呂付きのお部屋となっています。

布団や枕はオーダーメイドの特注品で、ホワイトグース100%と申し分ないふかふか感でした。敷き布団も2枚重ねで、心地良く休むことができました。

出典:自家製の豆腐料理でもてなされる、ヌルヌルの美肌の湯が魅力の温泉宿/やまと旅館 新館

やまと旅館 新館客室の外観

出典:宿らん/やまと旅館 新館

茅葺き屋根がとても良い雰囲気を醸し出しています。

やまと旅館 新館の露天風呂

出典:宿らん/やまと旅館 新館

客室の温泉の他、本館の男女別内風呂、ヒノキ露天風呂、男性露天風呂、女性専用露天風呂、寝湯露天風呂の「薬師の湯」が楽しめます。お湯は無色透明で柔らかいのが特徴。平山温泉は泉質も良く、美肌の湯とも呼ばれています。

全て夜通し利用できます。本館にある男女別の内湯は、鄙びた湯治宿を思わせるようなお風呂でした。露天風呂はうっそうとした森を眺めながら入れる、野趣溢れるお風呂です。

出典:自家製の豆腐料理でもてなされる、ヌルヌルの美肌の湯が魅力の温泉宿/やまと旅館 新館

ヌルヌルとした感触がとても気持ち良く、お湯は大変気に入りました。

出典:自家製の豆腐料理でもてなされる、ヌルヌルの美肌の湯が魅力の温泉宿/やまと旅館 新館

やまと旅館 新館の夕食

出典:宿らん/やまと旅館 新館

夕食は食事処「わらび」にていただきます。温泉も良いですが、この良質な湯を使って作る「木綿豆富」も自慢。熊本名物の馬肉料理とともに提供されます。

最初に出されたのが温泉水で造られたお豆腐です。自分ですりおろした本わさびと、その場で削っていただいた鰹節をかけ、香りも楽しみながら大変贅沢にいただきました。馬肉の熟成肉にはゴボウのソースやハチミツをかけていただきます。クセもなく柔らかいお肉で、ねっとりとした食感で美味でした。

出典:自家製の豆腐料理でもてなされる、ヌルヌルの美肌の湯が魅力の温泉宿/やまと旅館 新館

宿は、田園が広がる森の中にあります。玄関先でカエルを見たのは驚きましたが、虫除けに蚊取り線香を焚くなど対策もされていました。静寂な自然の中で入る湯浴みを楽しみに出かけたい宿でした。

出典:自家製の豆腐料理でもてなされる、ヌルヌルの美肌の湯が魅力の温泉宿/やまと旅館 新館

源泉かけ流しの平山温泉と、自家製の豆腐料理を存分に堪能できる旅館。温泉とグルメ好きにはたまらない宿です。

4.斬新な建物が魅力の「旅館 心乃間間」

旅館 心乃間間の外観

出典:宿らん/旅館 心乃間間

次にご紹介するのは、「旅館 心乃間間」!平成25年7月にOPENした、阿蘇五岳の眺望とイタリアンが堪能できる温泉旅館です。

旅館 心乃間間の客室

出典:宿らん/旅館 心乃間間

総客室数は、全10室。全室源泉かけ流しの温泉の内風呂付きで、離れ和室・モダン和室・メゾネット・洋室の4タイプから選べます。それぞれに趣も様々。全客室ともフロント棟から屋外を歩いての移動となっています。こちらは、48平米の露天風呂付きのメゾネットタイプです。

和室タイプの客室の方がユニークな外観で、盛られた土の中に客室のドアが見えました。この形容が適当か分かりませんが、防空壕や古墳などを連想させる非常に面白い造りだと感じました。施設全体に型破りな発想を感じたので、斬新な建物を好む方は楽しめるかと思います。

出典:阿蘇山の絶景をのぞむユニークな造りの旅館/旅館 心乃間間

旅館 心乃間間の客室露天風呂

出典:宿らん/旅館 心乃間間

内風呂と露天風呂は、源泉かけ流しで24時間楽しむ事ができます。源泉名は久木野温泉で、お湯は無色透明。地下600mの自家源泉から汲み上げられる天然温泉で、トロトロの浴感です。

盆地に位置しているためか、時折冷たい強風が吹く事もあり、内湯があるのは非常に助かりました。露天風呂は綺麗なブルーのタイルが貼られた浴槽で、2名で入れるサイズです。

出典:阿蘇山の絶景をのぞむユニークな造りの旅館/旅館 心乃間間

旅館 心乃間間のライブラリー

出典:宿らん/旅館 心乃間間

こちらは、館内には阿蘇五岳が望める「ラウンジ・ライブラリ」。絶景を見ながら読書をするという過ごし方もまた良いですね。

旅館 心乃間間の夕食

出典:宿らん/旅館 心乃間間

夕食や朝食は、個室の食事処にて。阿蘇の食材と天草の海の幸を融合させたという、拘りのイタリアンが楽しめます。

お箸でいただける創作イタリアンなので、気楽に楽しめました。チーズフォンデュに添えられていた、地元産のカリフラワーが紫色なのに驚きました。前菜は一つ一つ手が込んでいて、味のメリハリがあり、ワインに合いそうです。盛り付けも美しいですが、器のセンスも大変好ましい物でした。

出典:阿蘇山の絶景をのぞむユニークな造りの旅館/旅館 心乃間間

門限が設けられていたり、完全禁煙であったり、ポリシーのはっきりした宿だと感じました。宿のコンセプトに共感し、大人のための非日常空間を味わいたい方に向いた宿だと思います。阿蘇の山並の圧倒的な景色が素晴らしく、食事も期待以上で満足な滞在が出来ました。また季節を変えて訪問したい宿です。

出典:阿蘇山の絶景をのぞむユニークな造りの旅館/旅館 心乃間間

全国でも珍しい完全禁煙の宿。他にも13歳未満は宿泊不可だったりと、大人の空間をとても大事にされています。静かな環境でゆっくりと過ごしたい方やタバコが苦痛という方に嬉しい宿です。

5.大自然に触れられる「黒川温泉 山あいの宿 山みず木」

山あいの宿 山みず木の外観

出典:宿らん/山あいの宿 山みず木

次にご紹介するのは、「黒川温泉 山あいの宿 山みず木」!黒川温泉の中でも奥深い山あいの場所にあり、木立の森と奥黒川の渓流など、山と水と木の良さを身近に感じられる宿です。

山あいの宿 山みず木の客室

出典:宿らん/山あいの宿 山みず木

総客室数は21室。全室トイレ付きの和室を始め、二間・三間・お風呂付など、間取りや造りの異なるA~Fのタイプから選べます。こちらのお部屋は和室10畳の客室。広縁があるので、10畳でも広々としています。

挽きたてのコーヒーが頂けるコーヒーメーカーが備え付けてあったのも嬉しいサービスでした。

出典:渓流を眺めながら入る大露天風呂に癒される、森の中のお宿/山あいの宿 山みず木

山あいの宿 山みず木の客室風呂

出典:宿らん/山あいの宿 山みず木

客室の内湯は石造りとなっていて、雰囲気も良し。中庭に面しているので開放感もあります!泉質はナトリウム塩化物硫酸塩泉。心地良い柔らかなお湯が特徴です。

細かい湯花が舞い、若干鉄臭のするやわらかい適温の温泉が常にかけ流されていて、十分満足できるものでした。

出典:渓流を眺めながら入る大露天風呂に癒される、森の中のお宿/山あいの宿 山みず木

山あいの宿 山みず木の内湯

出典:宿らん/山あいの宿 山みず木

館内の温泉は、内湯2ヶ所・露天風呂2ヶ所、貸切風呂(時間によって女性内湯に変更)が1ヶ所あります。こちらは女性専用内湯の「さおと女の湯」。平日14時~21時は貸切風呂となりますが、21時以降は女性のみの利用となっています。貸切としてはかなり広々でゆったりできそうですね。

大浴場は庭の中に点在し、渓流沿いにあります。脱衣所は、露天風呂側の湯めぐりの日帰り客用と、内湯側の宿泊者用に分かれていて、宿泊者用のみにフェイスタオルと飲料水、アメニティーが備えてあります。

出典:渓流を眺めながら入る大露天風呂に癒される、森の中のお宿/山あいの宿 山みず木

内湯と露天風呂の間は「裸の小道」と称して森の中を歩いて移動するようになっています。100mくらいあるので真冬はとても移動できないと思いますが、季節がよければ、裸で移動できる開放感あふれる空間です。

出典:渓流を眺めながら入る大露天風呂に癒される、森の中のお宿/山あいの宿 山みず木

内湯からも森と滝が見え、自然に抱かれながらの湯浴みは心身ともに癒され、最高でした。川の中に源泉を通して冷やしているという温泉は適温で、長湯しても疲れませんでした。

出典:渓流を眺めながら入る大露天風呂に癒される、森の中のお宿/山あいの宿 山みず木

山あいの宿 山みず木の夕食

出典:宿らん/山あいの宿 山みず木

夕食と朝食はお食事処「花片片」の個室にていただきます。九州の素材をふんだんに使い、四季に合わせた献立で提供されています。

肥後牛のステーキのお肉が柔らかく美味しかったです。

出典:渓流を眺めながら入る大露天風呂に癒される、森の中のお宿/山あいの宿 山みず木

温泉街とはまた違い、広々とした空間で、自然を感じながら湯浴みを楽しめる素敵なお宿です。お部屋のお風呂にも充分満足できますので、おこもり系の滞在も可能です。温泉街からは少し離れていますが、巡回バスが廻っていますので湯めぐりも充分楽しめると思います。自然に抱かれる非日常空間で、ゆっくり湯浴みを楽しみたい方にオススメです。

出典:渓流を眺めながら入る大露天風呂に癒される、森の中のお宿/山あいの宿 山みず木

山里ならではの自然に触れられる、そんな素敵な宿です。古民家の木材も多く使用されていて、歴史を感じられる建物も魅力。良質な温泉に浸かり、自然を思う存分堪能したい方、おこもり系の滞在にもオススメな宿です。

6.レトロモダンでハイセンスな「旅館たから湯」

旅館たから湯の外観

出典:宿らん/旅館たから湯

次にご紹介するのは「旅館たから湯」。明治40年から続く、人吉温泉の中でも歴史ある源泉かけ流しの温泉が楽しめる老舗旅館です。ロビーには素敵な調度品の数々。和と西洋がマッチした上品で華やかな空間となっています。

写真で見るより遥かに素晴らしいロビーで、高級なソファーやランプがさり気なく飾ってあります。ロビーの脇には、茶室をイメージして造られたバーがあり、こちらではバカラのグラスでお酒がいただけるそうです。

出典:お洒落な女子旅にもお勧め!センスが光るレトロモダンな旅館/旅館たから湯

旅館たから湯の客室

出典:宿らん/旅館たから湯

総客室数は、和室2室と和洋室3室の全5室。こちらは2階にある和洋室で、本間10帖+ベッドルーム8帖のお部屋です。天井には立派な梁があり、レトロモダンな雰囲気を醸し出しています。

お縁や床の間もあることから、とても広々と感じる空間でした。ベッドルームは、天井が一段高くなっており、圧迫感を与えない造りの部屋となっています。完全な洋室ではなく、和室にベッドを並べたスタイルとなります。

出典:お洒落な女子旅にもお勧め!センスが光るレトロモダンな旅館/旅館たから湯

旅館たから湯の女性内風呂

出典:宿らん/旅館たから湯

温泉は内湯で、半地下の様な場所になっており、階段を降りる形となっています。源泉100%のかけ流しの人吉温泉。天井が高く、二つに区切られた浴槽が並び、お湯が注がれている側が熱湯となっています。ガラス障子が素敵な雰囲気ですね。

なんともいえない哀愁を連れてくる浴場で、旅の疲れも癒されました。少し鉄分の香りがするお湯で、シャワーからも同じお湯が出ていました。ハーブのシャンプー類や無添加ボディーソープが用意され、敏感肌の方などへの心配りを感じるものでした。

出典:お洒落な女子旅にもお勧め!センスが光るレトロモダンな旅館/旅館たから湯

旅館たから湯の家族風呂

出典:宿らん/旅館たから湯

こちらは予約不要の家族風呂で、空いていればいつでも入る事が可能。野趣あふれる空間となっています。

どちらのお風呂も夜22時ごろまでとなり、深夜は入浴できません。ただ、大浴場は20-21時ごろにお湯を抜いて清掃があり、食後に入浴する際は注意が必要でした。

出典:お洒落な女子旅にもお勧め!センスが光るレトロモダンな旅館/旅館たから湯

旅館たから湯の夕食

出典:宿らん/旅館たから湯

夕食と朝食はダイニングにていただきます。桜の一枚板のテーブルで堪能する豪華な会席料理。贅沢なひと時が過ごせます。夕食のみ部屋食にできるプランもあるそうです。

女将さんをはじめ、スタッフの方は品の漂う方が多く、気の利いた方ばかりでした。会話も上品で、旅館の雰囲気に合わせた上質さを感じられます。食事の配膳もタイミングよく、待ち時間やストレスがなく素晴らしかったです。

出典:お洒落な女子旅にもお勧め!センスが光るレトロモダンな旅館/旅館たから湯

伝統の温泉場に、イタリア製の椅子や高級なランプなどが、主張することなく馴染んでいます。外観からは創造できないハイセンスでモダンな旅館でした。食事も味とともに器のこだわりも素晴らしく、目でも満足できると思います。館内の至る所に本物の高級感があり、お洒落な女性にお勧めしたい宿です。ご夫婦で記念日や特別な日に訪れるのもよく、思い出深い滞在になると思います。

出典:お洒落な女子旅にもお勧め!センスが光るレトロモダンな旅館/旅館たから湯

レトロモダンで和の伝統と西洋の優雅さに、センスの良さを感じる宿です。館内全室禁煙となっている所も嬉しく、泉質の良い人吉温泉でゆったりと過ごせます。女性同士の旅にもオシャレでおすすめです。

7.たった2棟のみの秘湯宿「平山温泉 上田屋 離れ」

平山温泉 上田屋 離れの外観

出典:宿らん/平山温泉 上田屋 離れ

次にご紹介するのは、「平山温泉 上田屋 離れ」!2013年にOPENした、丘の上にひっそりと佇む2棟のみの宿です。2棟とも寝湯付きの専用露天風呂と内風呂付きとなっていて、部屋に居ながら名湯を楽しめます。

平山温泉 上田屋 離れの客室

出典:宿らん/平山温泉 上田屋 離れ

こちらは「雅-MIYABI-」。キングサイズのダブルベッドのお部屋です。約40畳で広々。小上がり部分は和室となっています。丸窓の障子が和で良い雰囲気ですね。もう一方の「中車-CHUSHA-」は、独立したツインベッドのお部屋となっています。

洋室部分には、大型の55インチテレビが備えられ、DVDデッキもありました。隣部屋への音漏れを気にせず、好きな番組やDVDを楽しめるのは、離れならではの醍醐味だと思います。タブレットも用意され、大型の55インチテレビとともに、ほかの宿ではまあり見かけない設備でした。

出典:九州の奥座敷で味わう、贅沢な料理と離れの空間/平山温泉 上田屋 離れ

平山温泉 上田屋 離れの客室

出典:宿らん/平山温泉 上田屋 離れ

寝室は、扉で独立することも可能です。とくに朝食時は有難く、ベッドが多少乱れていても、サッと隠すことができました。このあたりは、プライベートに心配りを感じる造りです。

出典:九州の奥座敷で味わう、贅沢な料理と離れの空間/平山温泉 上田屋 離れ

平山温泉 上田屋 離れの客室露天風呂

出典:宿らん/平山温泉 上田屋 離れ

客室の温泉は、露天風呂・寝湯・内風呂が用意されています。泉質はアルカリ性単純硫黄と弱放射能温泉で、トロトロのお湯が特徴。源泉かけ流しとなっています。寝湯と合わせて10人ほど入れそうな贅沢な造りで、思う存分満喫できそうですね。

備え付けの蛇口をひねると、熱いお湯が出て温度調整ができます。しかしながら、湯船が広いため、湯温が上がるには時間が掛かりました。とくに冬場は、温度の事前確認が必須です。洗面所の蛇口からも温泉がでており、これには驚きました。

出典:九州の奥座敷で味わう、贅沢な料理と離れの空間/平山温泉 上田屋 離れ

平山温泉 上田屋 離れの夕食

出典:宿らん/平山温泉 上田屋 離れ

夕食と朝食は部屋食となっており、新鮮な旬の食材を使った会席料理が楽しめます。こちらは伊勢海老丸ごと一匹のお造り!豪快でインパクトがありますね。

見た目も味も大変満足のいく食事内容で、豪華な夕食を堪能することができました。朝食も見た目がよく、夕食と同じく満足がいく内容でした。

出典:九州の奥座敷で味わう、贅沢な料理と離れの空間/平山温泉 上田屋 離れ

九州山鹿の奥座敷にある、たった2棟のみの宿。プライベートが保たれた自由な空間で、良質な温泉と豪華な食事が楽しめます。露天風呂が大きいので、ファミリーにもオススメな宿です。

8.深さのある立湯が自慢の「ふもと旅館別邸 こうの湯」

ふもと旅館別邸 こうの湯の外観

出典:宿らん/ふもと旅館別邸 こうの湯

次にご紹介するのは、「ふもと旅館別邸 こうの湯」!黒川温泉の高台に位置する宿です。客室は、離れやメゾネットの長屋タイプなど全9室。全室、源泉かけ流しの露天風呂や内湯付きとなっています。

ふもと旅館別邸 こうの湯の客室

出典:宿らん/ふもと旅館別邸 こうの湯

こちらは離れのしゃらで、広縁付きの10畳和室です。客室は陽光が降り注ぎ、高台から谷を見下ろす眺望。四季折々色んな情景が楽しめます。

布団敷きの時に、自分で選んだお香を焚いてもらえます。

出典:美しい立ち居振る舞いが心に残る、森の中の静寂な宿/ふもと旅館別邸 こうの湯

ふもと旅館別邸 こうの湯の客室風呂

出典:宿らん/ふもと旅館別邸 こうの湯

客室の露天風呂は、4~5人程入れる広い岩風呂で、24時間の利用が可能。ファミリーでも、ゆったりと入れるサイズとなっています。エメラルドグリーンの良質な温泉で、湯浴みが存分に楽しめます。

ふもと旅館別邸 こうの湯の立湯

出典:宿らん/ふもと旅館別邸 こうの湯

森の湯は、男女とも立ち湯となっています。女湯は130cmで、男湯の深さは何と162cm。かなり深いですね。なかなか味わえない浮遊感を、大自然とともに体験する事ができます。

日によってお湯の色も変わるそうで、この日はうっすらと青みがかって見えました。男湯の立ち湯は日本一深いそうですが、女湯の立ち湯の深さは130センチで、身長の低い私でも立ってちょうど顔が出る深さでした。つり下げられた棒に掴まり、浮遊しながら湯浴みするのも楽しい体験でした。

出典:美しい立ち居振る舞いが心に残る、森の中の静寂な宿/ふもと旅館別邸 こうの湯

ふもと旅館別邸 こうの湯の夕食

出典:宿らん/ふもと旅館別邸 こうの湯

夕食と朝食は、母屋2階にある食事処「野あそび」でいただきます。地元の新鮮な食材を使った、創作懐石料理を提供。肥後牛のしゃぶしゃぶを始め、焼き物の山女魚などが堪能できます。

馬刺しはクセもなく美味しくいただきました。林檎グラタンは、林檎でできた器の中にキノコやジャガイモのグラタンが入っています。器の部分が、林檎の甘みがして美味しいです。焼き物の山女魚は塩加減もちょうど良く、柔らかく骨まで全部いただけました。

出典:美しい立ち居振る舞いが心に残る、森の中の静寂な宿/ふもと旅館別邸 こうの湯

森の中に建ち、とても静かな場所でした。温泉街からは離れ、立ち寄り湯で訪れる方も少ないようです。ご夫婦などで静かにのんびり温泉を楽しまれるのに良いと思います。食事処が個室ではなく、食堂のような雰囲気だったりと不満に思うこともありましたが、気配りしてくださるスタッフに接していただけ居心地の良い滞在でした。

出典:美しい立ち居振る舞いが心に残る、森の中の静寂な宿/ふもと旅館別邸 こうの湯

深さが日本のトップクラスという、深い立ち湯がある温泉旅館。森林浴をしながら湯浴みが楽しめます。温泉好きな方にオススメ。隠れ家的な雰囲気のある宿です。

9.秘湯感あふれる、わいた温泉郷の「華柚」

華柚の外観

出典:宿らん/華柚

次にご紹介するのは、「華柚」!涌蓋山(わいたさん)の麓にある、奥阿蘇の秘湯「わいた温泉郷」の宿です。純和風建築の平屋造りの建物で、平成20年11月には離れ3棟がOPENしました。

華柚の客室

出典:宿らん/華柚

総客室数は全11室。母屋の8室(落としこたつ部屋6・畳部屋2)と離れ3棟から選べます。こちらのお部屋は、離れの「さくら」です。ワンルームのベット付きの和洋室で約22坪。内湯・露天風呂付きの一戸建てとなっています。

客室名『さくら』に合わせて桜柄の壁紙やクッションが使用されております。床の一部は畳スペースになっており、掘り炬燵が設置されています。客室の真ん中にはオットマン付のプレジデントチェアーが設置されており、贅沢な気分に浸れます。

出典:効能の良い温泉と雄大な自然に癒される、山の中に佇む和風建築の旅館/華柚

ベットもスプリングのきいた腰に負担の掛からない上質なものでした。特に掛け布団は肌触りが滑らかで使い心地が良かったです。固さの異なる二種類の枕が用意されているので、お好きな方で眠りにつくことが出来ます。

出典:効能の良い温泉と雄大な自然に癒される、山の中に佇む和風建築の旅館/華柚

華柚の客室露天風呂

出典:宿らん/華柚

客室の内風呂は、木材と黒のタイル、露天風呂は切石を使用。景観の良い高台にあるので、開放感も抜群です。泉質は、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉の山川温泉。源泉かけ流しの上質な温泉を満喫する事ができます。

湯の花が浮かぶ泉質の濃い温泉で、湯口にはびっしりと湯の花の結晶がこびりついておりました。湯上がり後はしっとりと肌が潤いました。内風呂と露天風呂で温度が異なるので、熱湯と温湯どちらも味わうことが出来ます。

出典:効能の良い温泉と雄大な自然に癒される、山の中に佇む和風建築の旅館/華柚

露天風呂からはプライベートガーデンとその奥に広がる手付かずの自然がのぞめます。夜にライトアップされたプライベートガーデンの姿が美しかったです。露天風呂からバルコニーに行き来することが出来る造りなので、交互に利用することで長湯することが出来ました。

出典:効能の良い温泉と雄大な自然に癒される、山の中に佇む和風建築の旅館/華柚

華柚の露天風呂

出典:宿らん/華柚

こちらは本館の露天風呂。全ての湯船は加水・加温無しの中性湯で、ほんのり硫黄の香りが漂うお湯が特徴です。お肌もしっとり。湯量も豊富です。昼間は山が一望でき、夜は満天の星空を望む事ができます。

本館には大浴場が備わっております。造りは離れの客室風呂とあまり変わりはないですが、広々とした露天風呂から眺められる雄大な自然は、宿で見る一番の景色でした。

出典:効能の良い温泉と雄大な自然に癒される、山の中に佇む和風建築の旅館/華柚

華柚の夕食

出典:宿らん/華柚

夕食・朝食は離れ専用の食事処(個室)にていただきます。自家精米(あきげしき)や熊本の山海の食材を使用。熊本名産の馬刺しや和牛「阿蘇王」など、地産地消にこだわった創作懐石料理が提供されます。

特に熊本名産の馬刺は臭みのない口の中でとろけるような霜降り肉でした。またメインの和牛のステーキは、放牧で育てられたあか牛のみに名付けられる『阿蘇王』が使用されており、柔らかさと独特の甘みがあります。

出典:効能の良い温泉と雄大な自然に癒される、山の中に佇む和風建築の旅館/華柚

盛り付けはそこまで趣向が凝らされているとは感じられませんでしたが、有田焼や、職人により創られたオリジナルの陶器が楽しめます。精巧且つ温かみのある陶器のおかげでより一層料理の味が引き立っているように感じました。

出典:効能の良い温泉と雄大な自然に癒される、山の中に佇む和風建築の旅館/華柚

総合的な感想として、雄大な自然の中で静かに過ごしたい方にはぴったりの宿だと感じます。今回利用した離れの客室『さくら』は、スタイリッシュな内装を好まれる方に特にお薦め致します。料理も品数、量共に充実した懐石料理はどれも美味しく、満足感が高い滞在となりました。

出典:効能の良い温泉と雄大な自然に癒される、山の中に佇む和風建築の旅館/華柚

湧蓋山が眼前に望め、大自然に佇む宿です。ゆったりと自然に触れながら温泉に浸かり、のんびり過ごしたい方にオススメの宿です。

10.阿蘇五岳が一望できる「南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵」

南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵の外観

出典:宿らん/南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵

次にご紹介するのは、阿蘇五岳が一望できる「南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵」です!珍しい造りとなっていて、入口には何と車のまま入れる正面玄関も。プライベートに配慮された、全室半露天風呂付きの宿です。

愛車で到着すると、入口には車を感知すると自動で左右に開く立派な門扉が迎えてくれて、ちょっとだけ良い気分になり期待が膨らみました。

出典:趣向を凝らした宿泊棟や温泉が楽しめる大人の隠れ家/南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵

南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵の客室

出典:宿らん/南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵

総客室数は16室(8棟)。数奇屋風・古民家風・洋館風・和モダン風の4タイプからなり、平屋造りやメゾネットタイプも選べる様になっています。こちらは和モダンタイプの「悠凛」。全室ジュニアスイート以上の広さがあるので、ゆったりと寛げます。

窓も2面に設えられ、採光も充分ですし、雪見障子からは中庭とその向こうのテラスを眺める事が出来ますが、テラスには目隠しがあり、プライバシーも充分に保たれています。

出典:趣向を凝らした宿泊棟や温泉が楽しめる大人の隠れ家/南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵

南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵の客室

出典:宿らん/南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵

寝具にも拘りがあり、寝室はワイドキングサイズのベッドを備えています。イタリアマニフレックス社のマットレスを使用。スプリングレスなので、寝心地も抜群です。

南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵の客室内風呂

出典:宿らん/南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵

こちらは客室の「京間風呂」。花崗岩で造られた湯船と横には防水の畳があり、入浴しつつ寝ころぶ事ができます。身体の疲れも癒されそうですね。泉質は、ナトリウム炭酸水素塩和泉(重曹泉)。トロっとした肌触りの浴感です。

広々とした浴室にはレインシャワー専用のブースもあり、温泉に関しては凄く設備が充実していて、大満足でした。浴室のドアから一歩外に出ると、阿蘇五岳が見渡せるデッキがあり、ここで喫煙もできました。

出典:趣向を凝らした宿泊棟や温泉が楽しめる大人の隠れ家/南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵

別邸 蘇庵の宿泊客は本館の大浴場も使用することが出来ます。本館は別邸と同じ敷地内にあり、客室『和』から徒歩3分で行き来することが出来ました。大浴場に行かれる際には客室に備えられている手提げ鞄を利用するのが便利です。

出典:4タイプのお好みの離れで非日常的な空間と美肌の湯を堪能する、雄大な自然の中に佇む高級旅館/別邸 蘇庵

南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵の夕食

出典:宿らん/南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵

お食事は部屋食にて。馬刺しや馬しゃぶ等の熊本名物を、地産野菜や湧水で炊く久木野米とともに堪能できます。

部屋食の夕食は、先ず一の膳で一挙に9品が供され度肝を抜かれました。一品・一品は素材も悪くはなく、調理も工夫の跡が見られ、特に「馬刺し」は鬣等貴重部位もあり美味しく頂きました。

出典:趣向を凝らした宿泊棟や温泉が楽しめる大人の隠れ家/南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵

広大な敷地は景観も素晴らしく、それぞれ趣の違う立派な宿泊棟や清潔で素晴らしい内装のお部屋、何といっても各々にコンセプトをはっきり表現している個性豊かな半露天風呂等など、素晴らしいお宿でした。

出典:趣向を凝らした宿泊棟や温泉が楽しめる大人の隠れ家/南阿蘇夢しずく温泉 別邸 蘇庵

特に客室露天風呂は泉質、眺望共に素晴らしく、和の雰囲気漂うハイセンスな造りに非日常的な空間を味わえました。本館の共用施設も充実しており、滞在中楽しめました。

出典:4タイプのお好みの離れで非日常的な空間と美肌の湯を堪能する、雄大な自然の中に佇む高級旅館/別邸 蘇庵

絶好のロケーションの中、美肌温泉をオシャレな空間で楽しめる宿です。本館の大浴場も利用可能なので湯巡りも。雰囲気が良く、カップルや女性同士の旅にもオススメな宿です。

11.目前に望める滝が豪快!「滝の上温泉 お宿花風月」

滝の上温泉 お宿花風月の外観

出典:宿らん/滝の上温泉 お宿花風月

次にご紹介するのは、「滝の上温泉 お宿花風月」!黒川温泉から車でおよそ10分の場所にある、滝の上温泉の隠れ宿です。2016年4月に「滝見の湯」がリニューアル。小田本滝を眺めながら入れる露天風呂が自慢の宿です。

滝の上温泉 お宿花風月の客室

出典:宿らん/滝の上温泉 お宿花風月

総客室数は、離れ形式で全11室。全室それぞれに、趣の異なる露天・内湯付きとなっていて、二間続きの和室と和室とツインベッドの和洋室から選べます。こちらは、和室8畳+ベッドルームの和洋室「なでしこ」です。

滝の上温泉 お宿花風月の客室内風呂

出典:宿らん/滝の上温泉 お宿花風月

泉質はアルカリ性単純泉。大人が数名入れそうなゆったりした広さがあります。珪藻土の壁に囲まれた内湯は、障子から光が差し込んで良い雰囲気。浴槽の中に段差があるので、半身浴も可能です。露天風呂は、客間から少し離れた場所にあります。

変わった形の露天風呂も良かったですが、静謐な中での湯浴みを味わう事ができる内風呂が、個人的には大変気に入りました。脱衣所に冷やした麦茶が用意されていたのも嬉しい心遣いでした。

出典:広い内湯と露天を備えた客室をリーズナブルに楽しめる宿/滝の上温泉 お宿花風月

#滝つぼ温泉#熊本##阿蘇#滝を見ながら露天風呂#ストレス解消

A post shared by runami (@runami_chan) on

館内には、こちらの名物露天「滝見の湯」を始め、山の斜面に沿って下に男湯と上に女湯の貸切家族風呂があります。滝見の湯は、滝が目前に望めて豪快!山里ならではの湯浴みが楽しめます。

渓流沿いの崖地に建てられた貸切風呂は、ツリーハウスの様なワイルドな造りで、階段を降りて行く時から楽しみでワクワクしました。利用した「露天風呂」は実に野趣溢れており、むき出しの岩肌と、川音をすぐ近くに感じながらの素晴らしい湯浴みを堪能できました。

出典:広い内湯と露天を備えた客室をリーズナブルに楽しめる宿/滝の上温泉 お宿花風月

川沿いにある2つの貸切風呂「内湯」と「露天風呂」があり、空いていれば自由に利用できます。

出典:広い内湯と露天を備えた客室をリーズナブルに楽しめる宿/滝の上温泉 お宿花風月

滝の上温泉 お宿花風月の夕食

出典:宿らん/滝の上温泉 お宿花風月

食事は、個室の食事処にて地元素材を使った懐石料理をいただきます。こちらは「ハーブ豚のしゃぶしゃぶ」です。

夕食は、見た目の華やかさはありませんが、「山葵菜の白和え」など、普段はあまり出会わないお料理が珍しく、興味深い内容でした。お品書きは大体の流れがわかるぐらいの簡単な物でしたが、スタッフさんが一品一品ゆっくり丁寧に説明して下さるので、楽しみながら箸を進める事が出来ました。

出典:広い内湯と露天を備えた客室をリーズナブルに楽しめる宿/滝の上温泉 お宿花風月

日頃の喧噪から離れて、のんびりと静かな時間を過ごせました。気兼ねなく寛げて、温泉と客室風呂を重視される方に向いている宿かと思います。リーズナブルなお部屋でも充分な広さの内湯と露天風呂を備えていますが、特別室「四季彩」の畳敷の内風呂は一見の価値がありそうです。機会があれば、一度利用してみたいと思いました。

出典:広い内湯と露天を備えた客室をリーズナブルに楽しめる宿/滝の上温泉 お宿花風月

滝が流れる風景を、露天風呂で楽しめる宿。自然美あふれていて、山里ならではの楽しみ方ができます。温泉好きな方にオススメの宿です。

12.菊池渓谷温泉 岩蔵

菊池渓谷温泉 岩蔵の外観

出典:宿らん/菊池渓谷温泉 岩蔵

次にご紹介するのは、「菊池渓谷温泉 岩蔵」!菊池渓谷沿いにひっそり佇む一軒宿です。全室源泉かけ流しの露天風呂付き。渓流を眺めたり、清流の音を聞きながら過ごせる宿です。

菊池渓谷温泉 岩蔵の客室

出典:宿らん/菊池渓谷温泉 岩蔵

宿泊棟は、別邸3棟・新棟1棟・「蔵」棟8棟の全14棟。全部屋専用風呂付きとなっていますが、蔵棟は露天風呂、宙・別邸は内風呂が付いています。こちらのお部屋は「蔵」棟の「二の蔵」です。高い天井になっていて開放感も抜群!戸建てなので、プライベートも保たれています。

菊池渓谷温泉 岩蔵の客室露天風呂

出典:宿らん/菊池渓谷温泉 岩蔵

客室の露天風呂は、源泉かけ流しの温泉がいつでも自由に楽しめます。目の前には綺麗な川が流れ、深緑に囲まれた渓谷。川のせせらぎを聞きながら最高のひと時が過ごせます。

岩で出来た露天風呂は二人入っても余裕がある充分な大きさです。泉質はちょっとヌルヌル感があり、いかにも美人の湯という感じす。露天風呂スペースの左右は板塀で囲まれ、前方はオープンになっていて、解放感とプライバシーの確保が両立しています。菊池渓谷の絶景を目の当たりにして、オゾンを浴びながらの湯あみは最高の気分でした。

出典:渓谷の絶景に包まれながら温泉三昧を堪能できる癒しの宿/菊池渓谷温泉 岩蔵

菊池渓谷温泉 岩蔵の大浴場

出典:宿らん/菊池渓谷温泉 岩蔵

こちらは館内にある大浴場です。泉質はアルカリ性単純泉。大自然を眺めたり、夜には満天の星空を見ながら浸かったりと、贅沢な時間が過ごせます。

菊池渓谷温泉 岩蔵の夕食

出典:宿らん/菊池渓谷温泉 岩蔵

夕食と朝食は、母屋の完全個室にて。旬の素材を活かした創作懐石料理がいただけます。眼下には菊池渓谷や川床。馬刺しや肥後牛などの熊本名物等を、素晴らしい景色を見ながら堪能できます。

熊本産の馬刺しは、刺しが適度に入っていて、美味しく頂きました。お酒類もそれなりに品揃えが多く、今回は地元菊池の蔵元の大吟醸を頂きました。スタッフの方に少しだけゆっくり配膳して頂くようにお願いしたら、快諾して頂き、まったりした時間を過ごす事が出来ました。スタッフの方の料理に関する説明も、詳しい事は板場に確認する等的確で好感が持てました。肥後牛の陶板焼きは、岩塩や山葵との相性も良く、メインディッシュに相応しい逸品でした。

出典:渓谷の絶景に包まれながら温泉三昧を堪能できる癒しの宿/菊池渓谷温泉 岩蔵

四季を通じて景観が楽しめる、菊池渓谷に面したこのお宿は、温泉三昧・地産・地消の料理、そしてほっこりしたおもてなしが楽しめます。カップルのみならず、ご家族や女子会のお泊りにお勧めの宿です。

出典:渓谷の絶景に包まれながら温泉三昧を堪能できる癒しの宿/菊池渓谷温泉 岩蔵

渓流を間近に感じながら上質な温泉を楽しめる宿。清流の音を聞きながら、まったりな時間が過ごせます。また、宿泊者専用の珈琲ラウンジもあり、小さな小屋でいただける様になっています。大自然の中での珈琲タイムや温泉三昧の旅。女性同士の宿泊にもぴったりの宿です。

13.ステンドグラスが素敵な和モダンの「山懐の宿 一木一草」

山懐の宿 一木一草の外観

出典:宿らん/山懐の宿 一木一草

次にご紹介するのは、「山懐の宿 一木一草」!平山温泉の山懐に佇む一軒宿です。至る所にステンドグラスを配していて素敵な空間。日没後にはランプが灯って、より幻想的です。

山懐の宿 一木一草の客室

出典:宿らん/山懐の宿 一木一草

総客室数は全8室。露天風呂付きの離れとなっています。各お部屋ごとテーマに沿ってデザインされ、趣も様々。こちらは「紅葉」という宿泊棟の特別室で、和室+ツインの寝室からなる広いお部屋です。

玄関を入るとまず目に入ったのが大きな丸窓の梅の透かし彫りでした。玄関から続く廊下には、木枠にすりガラス等が入ったレトロなガラス戸があり、懐かしい故郷に帰ったような気分を味あう事ができました。

出典:本物趣向のデザイナーズ離れで美肌の湯を堪能できる、ファミリーにもカップルにもお薦めの宿/山懐の宿 一木一草

山懐の宿 一木一草の客室内風呂

出典:宿らん/山懐の宿 一木一草

こちらは客室内湯の樽風呂です。泉質はアルカリ性単純硫黄泉。平山温泉のお湯を加水・加温無しで100%かけ流しで楽しめます。トロっとした滑らかなお湯が特徴。肌触りの良い浴感です。

露天風呂は内風呂より少し小ぶりな石風呂です。周りは板塀で囲まれていて、プライバシーは完全に保たれています。当日の夜は晴天で、満天の星空を眺めながらの湯あみは最高の気分でした。

出典:本物趣向のデザイナーズ離れで美肌の湯を堪能できる、ファミリーにもカップルにもお薦めの宿/山懐の宿 一木一草

山懐の宿 一木一草の洞窟風呂

出典:宿らん/山懐の宿 一木一草

館内には、客室風呂の他に半露天・洞窟風呂があります。こちらは洞窟風呂。湯気の独特な雰囲気が楽しめて新鮮です。

石造りの半露天風呂は広々としていて、周りの竹林を眺めながら、ゆったりとした気分で湯あみを楽しむ事が出来ました。洞窟風呂は、10メートル程回廊を進んだ所にあります。回廊の先の岩盤の奥の洞窟風呂は幻想的で、また違った風情を楽しむ事が出来ました。

出典:本物趣向のデザイナーズ離れで美肌の湯を堪能できる、ファミリーにもカップルにもお薦めの宿/山懐の宿 一木一草

山懐の宿 一木一草の夕食

出典:宿らん/山懐の宿 一木一草

夕食と朝食は、食事処にて。ステンドグラスの照明が素敵な回廊を進んで向かいます。幻想的な空間に気分も上がりますね。季節に合わせた旬の食材を使った懐石料理をいただけます。

先付の茸の土佐酢かけや前菜の牡蠣味噌焼き等は、季節感もあり地元山鹿の蔵元の冷酒と共に美味しく頂きました。その後も椀物・焼き物・揚げ物などが次々と供されました。金目鯛の玉味噌焼きや、海老雲呑の揚げ物などは、手が込んでいて見た目も美しく、美味しい料理でした。

出典:本物趣向のデザイナーズ離れで美肌の湯を堪能できる、ファミリーにもカップルにもお薦めの宿/山懐の宿 一木一草

高級感あふれる本格的なデザイナーズ離れで、美肌の湯を存分に楽しめる宿です。全ての離れに10畳の和室がありますので、ファミーリーの宿泊にも適していますし、プライバシーは完全に保たれていて、カップルおこもりにもお薦めの宿です。

出典:本物趣向のデザイナーズ離れで美肌の湯を堪能できる、ファミリーにもカップルにもお薦めの宿/山懐の宿 一木一草

天然100%の美肌の湯が楽しめる、和モダンの宿。季節の花や掛け軸にも拘っていて良い雰囲気です。オールハンドの本格エステもあり、カップルや女性同士の旅にもオススメの宿です。

14.阿蘇の大自然に囲まれた「あその旅宿 鷹の庄」

あその旅宿 鷹の庄の外観

出典:宿らん/あその旅宿 鷹の庄

次にご紹介するのは、「あその旅宿 鷹の庄」!菊池渓谷温泉「岩蔵」の姉妹館です。全室源泉かけ流しの温泉付き。阿蘇の雄大な景色を望みながら、温泉三昧で過ごせる宿です。

到着して、社のような立派な門構えに驚きました。宿の周りには所有する農園も広がり、とても広い敷地でした。

出典:バリアフリー対応の客室も備える、静寂な離れの宿/あその旅宿 鷹の庄

あその旅宿 鷹の庄の客室

出典:宿らん/あその旅宿 鷹の庄

お部屋は全10棟。平屋建て離れ(一の床~六の床・十の床)と二階建て離れ(七の床・八の床・九の床)の2タイプとなっています。各お部屋の内風呂の造りも様々。こちらは平屋建て離れの「三の床」。8畳の和室+ベッドルームの和洋室です。

和室は、天井の梁をむき出しにした古民家風の造りで、天井が高く開放感がありました。築5年と新しく、白い壁も綺麗で清潔感があります。

出典:バリアフリー対応の客室も備える、静寂な離れの宿/あその旅宿 鷹の庄

あその旅宿 鷹の庄の客室内風呂

出典:宿らん/あその旅宿 鷹の庄

客室は岩風呂で、窓を開ければ露天風呂気分も味わえます。泉質は、単純泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)。源泉かけ流しで、24時間いつでも入浴可能となっています。

窓は阿蘇の山々を望めるように設置され、気候の良い時期でしたら、開放してお湯に浸かるのも良いでしょう。男女別の大浴場は、檜の内湯が一つのシンプルなものです。全面の窓を開ければ半露天にもなり、庭を眺めての湯浴みができます。タオル類は部屋から持参し、化粧品は部屋と同じタイプのものが揃えてありました。

出典:バリアフリー対応の客室も備える、静寂な離れの宿/あその旅宿 鷹の庄

あその旅宿 鷹の庄の珈琲ラウンジ

出典:宿らん/あその旅宿 鷹の庄

敷地内には、無料珈琲サービスで提供されている「珈琲ラウンジ」も。湯上りやチェックイン後など、自由に利用可能となっています。中庭を眺めながらゆったり寛ぐのも良いですね。

珈琲マシンでカフェラテ、エスプレッソ、カプチーノなどが自由にいただけます。小屋のような小さな建物で、デッキテラスでお茶をいただいているような感じでした。座席は、カウンターやテーブル席など7席ほどあります。離れの一番奥にあり、訪れるゲストは少ないようでした。7:00~11:00、15:00~22:00の間で利用できます。

出典:バリアフリー対応の客室も備える、静寂な離れの宿/あその旅宿 鷹の庄

あその旅宿 鷹の庄の夕食

出典:宿らん/あその旅宿 鷹の庄

夕食・朝食は個室食事処でいただきます。プライベートを大切にしている空間。ブランド牛や鮮度抜群の魚介類など、阿蘇の地元食材や名水を使った料理コースを堪能できます。

テーブルには既に向付の馬刺しまでが並んでいました。コラーゲン鍋は豆乳ベースでシチューのような味わいです。和牛と赤牛の陶板焼きは、さしも程よく入り生でもいただける新鮮なものです。焼きすぎないようにとアドバイスをいただきましたが、ついつい焼きすぎてしまいました。しかし、どちらも柔らかくジューシーで蕩けるような美味しさでした。

出典:バリアフリー対応の客室も備える、静寂な離れの宿/あその旅宿 鷹の庄

こちらには、バリアフリー対応の部屋が3部屋あります。この日も車椅子利用の方が1人いらっしゃいました。車椅子でも利用できる離れの宿は少ないそうで、よくこちらに泊まられるそうです。貸し出し用の車椅子もありますので、歩行に不安のあるご家族を連れての宿泊にも適しているのではないでしょうか。

出典:バリアフリー対応の客室も備える、静寂な離れの宿/あその旅宿 鷹の庄

こざっぱりとした部屋は居心地も良く、何の雑音も聞こえない静かな部屋でした。戸建ての離れは、ご夫婦で静かに過ごしたり、逆にお友達同士でおしゃべりに花を咲かせるのも良いかもしれません。スタッフも気さくな方で、気取らず気楽に過ごせると思います。

出典:バリアフリー対応の客室も備える、静寂な離れの宿/あその旅宿 鷹の庄

阿蘇の大自然に囲まれた、プライベート重視の宿。24時間楽しめる源泉かけ流しの温泉が魅力です。気楽に静かな環境で過ごしたいという方にオススメな宿です。

15.ほたるの長屋

ほたるの長屋の外観

出典:宿らん/ほたるの長屋

次にご紹介するのは、「ほたるの長屋」です!平山温泉にあり、2棟のみの離れと7つの貸切風呂のみという贅沢な環境。PH9.73の強アルカリ性の泉質が楽しめる宿です。

ほたるの長屋の客室

出典:宿らん/ほたるの長屋

総客室は、5室の離れ。全客室に専用風呂が完備されています。こちらのお部屋は「水葵」。44.4平米で、ツインベッドルーム+4.5帖和室のタイプです。

ほたるの長屋の寝室

出典:宿らん/ほたるの長屋

女将拘りのアメニティが選べる様になっていて、中にはお香やアロマも。嬉しいサービスです。

ほたるの長屋の客室内風呂

出典:宿らん/ほたるの長屋

客室の湯船は、インドネシアから取り寄せたという、大きな石をくり貫いた半露天風呂です。趣がありますね。泉質はアルカリ単純硫黄泉。PH9.7のお湯でとろみのある浴感が特徴。温泉好きにもたまらない良質なお湯が楽しめます。

温泉は、美肌の湯とも呼ばれ、源泉かけ流しのツルツルとしたお湯が気持ち良いです。湯加減はぬるめでちょうど良く、ゆっくりと入れました。源泉温度が低いそうで、ぬるめが心地良く感じるこの時期がオススメだと係の方が話されていました。寒い時季でも、長めに浸かりさえすれば温まるそうです。

出典:トロトロのお湯に癒され、盛りつけの美しさに感嘆する、離れの宿/ほたるの長屋

浴室は、全面ガラス窓で明るく、石畳のような床が珍しく、とても洒落た造りでした。浴槽は、楕円の大きな石をくり抜いて作られています。1人で足を伸ばして入るのに良い大きさでした。

出典:トロトロのお湯に癒され、盛りつけの美しさに感嘆する、離れの宿/ほたるの長屋

ほたるの長屋の夕食

出典:宿らん/ほたるの長屋

夕食と朝食は部屋食にて。一品一品丁寧に作られた、創作会席をいただけます。器も拘っており、目でも舌でも楽しめる内容となっています。

野の花などを使い、秋らしく綺麗に盛りつけられたお料理が印象的でした。見た目でも楽しめ、美味しくいただけました。

出典:トロトロのお湯に癒され、盛りつけの美しさに感嘆する、離れの宿/ほたるの長屋

部屋に入ってしまえば、食事もお風呂も部屋で済み一歩も外へ出ることなく過ごせます。目でも楽しめる綺麗な盛りつけの料理、選べるアメニティなどは女性に好まれると思います。2人で過ごすのに程よい広さで、お籠もりで過ごしたいカップルなどに向いた宿だと思います。

出典:トロトロのお湯に癒され、盛りつけの美しさに感嘆する、離れの宿/ほたるの長屋

強アルカリの極上温泉が楽しめる旅館。敷地内の7つの貸切風呂は外来者専用ですが、空きがあれば無料で利用も可能との事。また、有料で14時まで旅館の滞在延長という事もできるそうです。思う存分に温泉三昧をしたい方にぴったりで、オススメな宿です。

今回は熊本県の高級ホテルと旅館15選をご紹介しました。源泉100%かけ流しの温泉を満喫できる宿、熊本名物の馬刺しや肥後牛を堪能できる宿、全館オーシャンビューの素敵なホテル、客室で岩盤浴を楽しめる宿、深さのある立湯が自慢の旅館、木立の森と川の渓流の大自然を身近に感じられる宿、わずか2棟の秘湯の宿、レトロモダンでセンスが光る宿、斬新な建物に冒険心も膨らむ旅館、極上の温泉と本格エステが体験できる宿など、熊本県ならではの良さを体験できる所が魅力です。日常から離れて心から癒されたいという方にぴったり。熊本県に行く際は、少し豪華な憧れのホテルや旅館に泊まってみるのはいかがでしょうか?

PAGE TOP