空室状況・価格比較
チェックイン
から
泊数
人数
楓の小舎の外観

【由布院温泉 楓の小舎】贅を極めた客室風呂が話題!1日6組だけが味わえる、プライベート感覚のお宿

お土産屋から雑貨店、そしてギャラリーと、個性的でユニークな店が立ち並ぶ「湯の坪街道(ゆのつぼかいどう)」、そして湖底の一部から温水と清水が湧き出ているという奇跡の湖「金鱗湖(きんりんこ)」など、魅力的な観光スポットが目白押しの場所と言えば、湯布院です。そして何より、湯布院と言えば、約800本の源泉がある全国屈指の温泉地ということ。その源泉数、湧出量、いずれにおいても別府についで全国第2位の座を占めるほど。そんな湯布院で宿泊するなら、やはりお風呂自慢の宿に泊まりたいというのが人の心というものですよね。

楓の小舎の門

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

そこでおすすめしたいのが、こちらの宿、「楓の小舎(かえでのしょうじゃ)」。カップルに大人気なだけでなく、最近では、外国人観光客からも注目を集めているのです。その理由は、客室専用風呂にあるのだとか。見かけも、和の風情を感じさせる門構え、これは期待せずにはいられませんね。

自然が多いといった印象の湯布院温泉ですが、こちらの宿も、周りには雑木林があるなど、何となくほっこりとした雰囲気です。しかも背後には、あの由布岳が控えており旅情は満点。とはいえ、由布院駅からはタクシーで5分ほど。大分空港から湯布院にむかうバスがあるほか、福岡空港から高速バスで由布院へ来る方法もあるなど、利便性の高い場所にあります。また、湯布院ICからは車で8分のうえ駐車場も完備。車派の方も安心して訪れることができるのです。

楓の小舎の外観

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

さて、そんなアクセス良好の宿、「楓の小舎」は、全部でたった6室の、隠れ家的なお宿となっています。宿に着いたらまず、石畳の階段をのぼり、白くはためく暖簾をくぐってみましょう。

楓の小舎の玄関

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

宿の出迎えを受けながら、まずはこちらのロビーへと案内されます。

楓の小舎のロビー2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

全部で6室ということもあり、ロビーはわりとこじんまりとした空間ではありますが、多くの人が行きかう大型ホテルとは異なり、落ち着きのある雰囲気が漂います。

楓の小舎のウエルカムスイーツ

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

静かなロビーで腰かけウエルカムスイーツをいただいていると、さっそくくつろいでいく自分に、気づかされることでしょう。

楓の小舎の廊下

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

大規模旅館にはない、そんな充足感を感じつつ奥へとすすみます。

楓の小舎の階段

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の通路

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

こちらの客室は、広い敷地内にやや複雑な形に散らばっています。今回は、その中でも母屋の二階に位置する特別室、「梢の間」をご紹介していきたいと思います。

こちらは母屋にあたり、階下に「梓の間」という部屋があります。その客室をとおらずに直接2階に行けるよう、屋外にある階段とスロープを使ってむかうこととなります。

楓の小舎の客室ドア

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

スロープの先に、雰囲気のある扉が待っています。

楓の小舎の客室玄関

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

中は、和の風情はもちろん、モダンでスタイリッシュな雰囲気を漂わせています。

楓の小舎の客室玄関2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

玄関の靴箱の上には、部屋の鍵を置いておけるちょっとしたスペースも用意されています。意外に困るのが鍵の置き場所。その点、こちらの宿では置き場所があるので、どこに置いたか忘れる…なんてことはなさそうですね。

楓の小舎の客室4

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

中は、特別室ということもあり、かなり広々としています。

楓の小舎の客室

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

まずは畳敷きの本間から。

楓の小舎の和室2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の和室

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

琉球畳が敷かれ、モダンな雰囲気が漂います。部屋は9帖あるということで、かなりゆとりが感じられます。

楓の小舎の客室2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

寝室との扉をあけると、さらに開放感が増します。

楓の小舎のリビング

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

同じく窓に面したもうひとつの部屋は、ソファセットが置かれた、リビングルームになっています。

楓の小舎の客室3

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

寝室とは隣り合っており柵で区切られているだけなので、他の人が別の部屋にいても、何となく空気感が感じられるようになっているのもポイントです。

楓の小舎のテレビ

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

リビングスペースにはテレビが置かれています。

楓の小舎の冷蔵庫

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

その下には冷蔵庫が置かれていますが、何も入っていないので、自分で好きな飲料を入れることができます。

楓の小舎のセーフティボックス

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎のポット

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎のお茶セット

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

他には、セーフティボックスやお茶セット、電気ポットが。珍しいのはアクセサリーボックスが置かれている点。温泉に入る時外したあと、置き場所に困るので、こちらもありがたい気遣いですよね。

楓の小舎のクローゼット

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

反対側には、クローゼットが用意されています。

楓の小舎の浴衣セット

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の浴衣セット2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

中には、浴衣と羽織の一式が。

楓の小舎のアメニティ

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

アメニティ類は持ち運びしやすいよう、巾着袋にまとめられています。

楓の小舎の寝室

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

もうひとつの部屋は寝室となっています。ベッドが置かれていますが、和の風情がちりばめられており、客室全体に統一感があります。

楓の小舎の寝室2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

和洋の調和の取れた3間続きで、2人で宿泊するには勿体ないと感じるほど広々とした離れならではのプライベート感のある客室でした。照明の灯りも優しく、木の温もりを感じる落ち着いた空間です

出典:全客室に露天風呂と岩盤浴を備えたプライベートな時間を過ごせる離れの温泉宿/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の空気清浄機

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

空気清浄機もあり、とにかく快適に過ごすことができそうです。

楓の小舎の廊下

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

さて、玄関側に戻り、反対側にすすんでみると、洗面所やトイレがしつらえられています。

楓の小舎の手洗い場

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎のトイレ

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

こちらのお部屋は3月に出来たばかりということで、トイレも、洗面所もまだ新しく、清潔な雰囲気です。

楓の小舎の洗面室2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

さらに奥には、脱衣所を兼ねた洗面室がつくられています。

楓の小舎の洗面室

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

洗面室はゆとりの広さ。洗面台自体もワークトップが広くとられており、化粧品やタオルなどを並べておくスペースが、十分すぎるほどあります。

楓の小舎のコップ

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の基礎化粧品

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

基礎化粧品はPOLA製のものが。

楓の小舎のタオルセット

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎のドライヤー

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

タオル、脱衣かご、ドライヤーなども完備しているので、不便はなさそうです。

楓の小舎の風呂

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

そして、こちらが、この宿の一番の魅力であるお風呂です。この広々とした空間は、有料の貸切風呂ではありません。なんとこの部屋専用のお風呂なのです。広いだけではありません。石の床に、美しい木肌の檜の浴槽と、贅沢な造りとなっていることにも好感がもてます。

楓の小舎の風呂2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

ちょっと変わっているのは、浴槽前の壁の一部が扉になっている点。

楓の小舎の風呂3

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

実はこの扉をひらくと、外気に触れることができ、半露天風呂として利用することができるのです。

楓の小舎の岩盤浴

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

それだけではありません。すでにお気づきかとは思いますが、浴槽の向こう側には、寝転べるスペースが。実はこれ、岩盤浴ができるようになっているのです。こんな立派なお風呂があるうえ、岩盤浴もできるなんて、この宿が注目される理由がわかりましたね。

とくに温泉に来ると、何度も、または長時間入浴してしまい、湯あたりし、かえって疲れがたまってしまうなんてことはよくある話です。その点、岩盤浴は体の芯から温まるうえ、リラックスできるので、日頃の疲れを上手にとることができるのではないでしょうか。

楓の小舎の岩盤浴2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

そういった意味では、岩盤浴を組み合わせることで、本当の意味での休息を得ることができそうですね。

楓の小舎の風呂4

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

さて、檜の湯船はそのまま外にも続いており、子供用のプールとさえ言えるほどの広さとなっています。

楓の小舎のテラス

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

かたわらには、このような休憩スペースも。

楓の小舎のテラス2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

衝立もあるので、安心してクールダウンができるようになっています。

楓の小舎のシャンプーセット

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎のシャンプーセット2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎のシャンプーセット3

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

洗い場にはシャンプーセットが2種類もあるので、持参する必要もないので、安心できます。

楓の小舎の庭

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の庭2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

なお、この部屋にはお庭も設けられています。あの由布岳を望めるなど、見晴らしも良いので、心からのびのびとできることでしょう。

なお、この宿の客室はすべて趣向が異なり、それぞれの持ち味が光る、そんな宿となっています。今回はどの部屋に泊まろうか…再来しても、あれこれ迷う楽しみがあるので、思わずリピートしてしまいそうです。

共同風呂

楓の小舎の足湯

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

なお、この宿には、自由に利用できる足湯があります。観光地から帰ったり、散歩がてらに立ち寄るなど、いろいろな使い方ができそうです。

楓の小舎の足2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

雑誌も置かれているので、思わず長居してしまいそうになります。タオルが備えられているので、手ぶらで来られるのも魅力です。

楓の小舎の自動販売機

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

外には自動販売機もあります。

楓の小舎の通り道

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の貸切風呂

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

ほかにも、無料で利用できる貸切の露天風呂があります。予約制ではなく空いていれば入れるので、気兼ねなく利用することができます。

利用時間は16時から22時まで。部屋のお風呂かこちらが先か。その迷いも楽しみのひとつ言えますね。

楓の小舎の貸切風呂夜

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

夜間は照明がともります。情緒あふれる雰囲気で、ロマンチックな気分に浸れそうです。

お食事

楓の小舎の夕食

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

次にお食事をご紹介していきたいと思います。

楓の小舎の箸

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

こちらの宿では、地元で採れた旬の食材や近海の幸を使って丁寧に仕上げた、ふるさと料理がいただけるそうです。

箸は部屋の名前にもなっている「梢」でつくられたもの。ほかのお部屋も、柊や椿、椚など、同じようにその名前の木でつくられています。

楓の小舎の夕食ドリンク

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

まずは食前酒とともに、前菜をいただきます。

楓の小舎の夕食2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

こちらは、うなぎの茗荷添え。表面が炙られているため、香ばしく、思わず食欲がそそられます。

楓の小舎の夕食3

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

こちらの赤い皿には、サツマイモと無花果が。とうもろこしのすり流しをディップしていただきます。

楓の小舎の夕食4

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

小鉢には、アワビと青菜のお浸しで、さっぱりといただくことができます。

楓の小舎の夕食5

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

ほおづきと青紅葉が秋の始まりを感じさせるこちらの一皿には、近海でとれたアジ・イサキがのせられています。

楓の小舎の夕食6

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

透き通った汁が印象的なこちらの一品には、鱧が入っており、だし汁と歯ごたえの両方が楽しめます。

楓の小舎の夕食7

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

このように、豪華食材がふんだんに使われているわけではありませんが、全体的に手が込んでおり、非常に好感度があがります。

楓の小舎の夕食8

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の夕食9

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

つづいて、豊後牛のステーキ、鮎うるか焼き、そして鴨冷やし鉢が登場します。

楓の小舎の夕食10

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の夕食11

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

そして最後には炙り鶏鍋が登場。鶏のうま味と柚子胡椒がアクセントになった一品です。

楓の小舎の夕食12

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の夕食13

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の夕食14

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

デザートはパンナコッタと桃ゼリーに2層たて。最後まで手の込んだお料理で大満足できそうです。

最後に朝食もご紹介していきます。

楓の小舎の朝食

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の朝食2

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

朝食には、焼き魚や豆腐、サラダなど、健康的なメニューが並びます。

楓の小舎の朝食3

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の朝食4

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の朝食5

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の朝食6

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の朝食7

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の朝食8

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の朝食9

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の朝食10

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

楓の小舎の朝食12

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

お皿も色とりどりで可愛らしく、目でも楽しんでいただけそうです。

楓の小舎の朝食13

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

何より土鍋で焚かれたご飯が艶々で、食欲を誘います。

楓の小舎の朝食デザート

出典:宿らん/由布院温泉 楓の小舎

最後はデザートで終了です。

チェックアウトは、各部屋で行ってくださるので、他のゲストと顔を合わせることもあまりなく、プライベート感覚で利用することができます。

由布岳に抱かれた、この「楓の小舎」では、離れ形式の客室で、ゆったりと自分だけの時間を過ごすことができます。

何といっても贅沢すぎるお風呂や、手の込んだお食事も魅力…。湯布院に出向かれる際には、ぜひこちらの宿をチェックしてみてください。

PAGE TOP