ヒルトン大阪のタワースイート

【ヒルトン大阪】JR大阪駅から徒歩2分!濡れずに行ける便利なホテル。上質な空間で過ごす大阪ステイ

出張でも観光目的でも大阪に宿泊するとしたら、梅田を選ぶ方が殆どなのではないでしょうか。各地へのアクセスも大変便利、もちろんショッピングやお食事にも困らない…そんな梅田でのホテル選びに、ひとつ素晴らしいホテルをご紹介していきたいと思います。

ヒルトン大阪の入り口

出典:宿らん/ヒルトン大阪

それは「ヒルトン大阪」。ヒルトンと聞いて「やっぱり!」と納得の方も少なくはないでしょう。何といってもヒルトンは、世界的にも有名で、ワンランク上のサービスが受けられるホテルであるからです。

ヒルトン大阪のエントランスホール

出典:宿らん/ヒルトン大阪

しかもここ「ヒルトン大阪」は、阪神電車「梅田駅」より徒歩1分、そしてJR大阪駅からも徒歩2分という素晴らしい立地に建っているのです。これが何よりも便利。特に大阪が不案内な方でも、迷わずにたどり着くことが出来そうですね。

直ぐに駅の正面に見えるのがヒルトンホテル。ヒルトンプラザと一体になっており、絶対にロケーションを間違えることはありません。

出典:会員の特典充実で嬉しいホテル/ヒルトン大阪

ヒルトン大阪のロビー

出典:宿らん/ヒルトン大阪

しかもJR大阪駅とは地下道でつながっており、外を通らずにホテル内に入ることができます。悪天候の際には何よりもこれがありがたく感じるのでないでしょうか。

ヒルトン大阪のロビー2

出典:宿らん/ヒルトン大阪

さすが大規模な一流ホテルだけあって、ロビーは広々としており、華やかな雰囲気であふれています。

ヒルトン大阪のカフェ

出典:宿らん/ヒルトン大阪

カフェはもちろんレストランも充実。とくに最上階、35階にあるイタリアンレストランでは、ライブ演奏とともに、極上の夜景を眺めることができるようになっています。これは高層階であるこの「ヒルトン大阪」ならではの特典だといえます。ちなみにランチブッフェも実施。ホテルの外に出ずとも、快適で素敵な休日を過ごすことができるというわけです。

ヒルトン大阪のフロント

出典:宿らん/ヒルトン大阪

なお、伊丹空港行きのリムジンバス乗り場もすぐ近く。そういった意味では本当に便利なホテルと言えるでしょう。

ちなみに2018年2月現在、ロビーに改修工事が入っています。今後どんな姿になって皆さんをお迎えしてくれるのか、楽しみですね。

客室

こちらのホテルの客室は、いわゆるスタンダードタイプである「ヒルトンルーム」と「デラックスルーム」、高層階に位置し素晴らしい眺望が約束された「エグゼクティブルーム」、そしてダイニングテーブルや大理石のバスルームが備わった最上級の「プレジデンシャルスイート」をはじめとした各種スイートルームが用意されています。

ヒルトン大阪の客室フロア

出典:宿らん/ヒルトン大阪

今回はそのうち、「ヒルトンルーム」をご紹介して参ります。

客室フロアに降り立つと、静かながらも高級感あふれる空間が広がっています。また、日本画が飾られているなど、和を意識しているのがポイント。外国人旅行者が多いこのホテルならではのセレクトかもしれません。

ヒルトン大阪の廊下

出典:宿らん/ヒルトン大阪

日本に居ながらにして海外気分に浸れそうですね。

ヒルトン大阪の客室

出典:宿らん/ヒルトン大阪

さて、こちらが「ヒルトンルーム」です。フローリングが敷かれた洋室ですが、どこか和のテイストが感じられる、そんな客室となっています。

ヒルトン大阪の客室2

出典:宿らん/ヒルトン大阪

奥にある窓には障子が、ふすまも備えられているので、夜は閉じておいて朝日を遮ることができます。よく考えられていますね。

ヒルトン大阪の客室3

出典:宿らん/ヒルトン大阪

部屋の広さは30平米です。駅近なのにわりとゆとりある広さ。快適に過ごすことが出来そうですね。

ヒルトン大阪のベッド

出典:宿らん/ヒルトン大阪

ベッドは、ツインタイプのほかダブルタイプもあり、お好みで選択することができます。ツインのベッドサイズは100cm、 一方ダブルは200cm。それぞれ3名まで宿泊できます。

ヒルトン大阪の客室4

出典:宿らん/ヒルトン大阪

ベッドの足下側にはテレビが。

ヒルトン大阪のソファ

出典:宿らん/ヒルトン大阪

そして奥には、シングルソファが置かれています。

ヒルトン大阪のテーブル

出典:宿らん/ヒルトン大阪

そのほか、オフィスチェアも備えられています。背もたれや肘おきもあるので、ゆったりと座れます。ビジネスステイでもある程度対応できそうですね。

ヒルトン大阪のテレビ

出典:宿らん/ヒルトン大阪

テレビはこちら。壁掛けになっていてすっきりとしています。

ヒルトン大阪のセーフティボックス

出典:宿らん/ヒルトン大阪

クローゼットの中にはセーフティボックスが。

ヒルトン大阪の冷蔵庫

出典:宿らん/ヒルトン大阪

ヒルトン大阪のカウンター

出典:宿らん/ヒルトン大阪

冷蔵庫の中には有料の飲み物が備えられています。また収納庫の上には電気ポットが。無料のお茶やミニバーは収納庫の中に並べられています。

ヒルトン大阪のコンセント

出典:宿らん/ヒルトン大阪

コンセントやUSBなどの端子類はこちらに隠されています。なお、全客室でWi-Fi接続が可能なので、ネット接続も快適です。

ヒルトン大阪のスリッパ

出典:宿らん/ヒルトン大阪

ヒルトン大阪の浴衣

出典:宿らん/ヒルトン大阪

なお、部屋着としては浴衣が。ほかにスリッパの用意があります。

ヒルトン大阪のバスルーム

出典:宿らん/ヒルトン大阪

次にバスルームを見ていきましょう。

ヒルトン大阪の洗面台

出典:宿らん/ヒルトン大阪

高級感のある石のワークトップ。洗面ボウルも大きく、ワークスペースも余裕があります。化粧品を並べても、水はねや置き場に困らなそうですね。

ヒルトン大阪のドライヤー

出典:宿らん/ヒルトン大阪

ヒルトン大阪のアメニティ

出典:宿らん/ヒルトン大阪

ドライヤーや基礎化粧品も、上質なものが用意されているといった印象です。とくに基礎化粧品は、自然志向の化粧品として知られる「クラブツリー&イヴリン」を採用。試してみたかったという方も、けっして少なくはないことでしょう。

ヒルトン大阪のタオル

出典:宿らん/ヒルトン大阪

タオルはこちら。

ヒルトン大阪のバスタブ

出典:宿らん/ヒルトン大阪

バスルームは、木目調の壁で高級感のあるインテリアになっています。スタンダードタイプでこのレベルとは、さすがは一流ホテルといった印象ですね。

ヒルトン大阪のバスルーム全景

出典:宿らん/ヒルトン大阪

これで快適なバスタイムを過ごすことが出来るのではないでしょうか。

和テイストを取り入れた個性的な客室はとても心地良く、個人的には客室面積と言ったスペック以上の素晴らしさを感じました。

出典:随所に散りばめられた「和テイスト」が心地よいホテル/ヒルトン大阪

さて、これまで「ヒルトンルーム」をご紹介して参りましたが、ワンランク上のサービスや客室もご紹介させていただきます。

ヒルトン大阪のエグゼブティブラウンジ

出典:宿らん/ヒルトン大阪

こちらはエグゼクティブラウンジ。スイートに滞在の方のみが利用できる専用ラウンジで、待たされることなくチェックイン、チェックアウトのお手続きをしてもらえるのです。また、無料のドリンクサービスをはじめ、朝食ブッフェをいただくことも。

ヒルトン大阪のタワースイート

出典:宿らん/ヒルトン大阪

そして、こちらがそれらのサービスを受けられるお部屋のひとつ、和室スイート。

ヒルトン大阪のタワースイート2

出典:宿らん/ヒルトン大阪

いかがですか?間接照明が使われた和室ルームは、広さだけでなく高級感にあふれ、上質な時間を過ごすことができそうです。また、スイートは高層階にあるので、眺望も楽しむことができます。

ヒルトン大阪のライティングデスク

出典:宿らん/ヒルトン大阪

執務机やキッチンも充実。ビジネスステイや、特別な日のお祝い、4名様での宿泊など、さまざまな要望に応えてくれる、そんな客室となっているのです。

ほかにも、前述したように様々な客室が用意されています。選択肢が多いことで、どんな方でも、予算や好みに応じた最適なお部屋を見つけることができるのではないでしょうか。

朝食

ヒルトン大阪の朝食レストラン

出典:宿らん/ヒルトン大阪

続いて朝食をご紹介していきたいと思います。

ヒルトン大阪のレストラン

出典:宿らん/ヒルトン大阪

お部屋のみのプランもありますが、ヒルトンはお食事が美味しいホテルとしても有名なので、ぜひお食事付きプランをおすすめします。

ヒルトン大阪のメニュー

出典:宿らん/ヒルトン大阪

朝食は好きな物を好きなだけいただける、ブッフェスタイルの朝食が用意されています。

ヒルトン大阪のレストラン2

出典:宿らん/ヒルトン大阪

会場はこちら。

ヒルトン大阪のブッフェ

出典:宿らん/ヒルトン大阪

ヒルトン大阪のブッフェ2

出典:宿らん/ヒルトン大阪

様々な食材を使用した、色とりどりのメニューが並べられています。とくに野菜が豊富といった印象がもてますね。

ヒルトン大阪のブッフェ3

出典:宿らん/ヒルトン大阪

こちらは温泉たまご。湯豆腐などヘルシーなメニューも用意されています。

ヒルトン大阪のブッフェ4

出典:宿らん/ヒルトン大阪

また、フルーツも用意されており、バランスの良い朝食を採ることができそうです。チーズの種類も、グリエール、チェダーと2種類。クラッカーにのせて、スナックのようにいただくことができます。

ヒルトン大阪のブッフェ5

出典:宿らん/ヒルトン大阪

ワッフルやウインナーなど、お子様に人気のメニューもあるようです。これなら家族連れでも、みな満足して帰ることが出来るのではないでしょうか。

ヒルトン大阪のブッフェ6

出典:宿らん/ヒルトン大阪

ヒルトン大阪のブッフェ7

出典:宿らん/ヒルトン大阪

ご飯のお供や、中華まで、本当にバリエーションが豊富。

ヒルトン大阪のブッフェ9

出典:宿らん/ヒルトン大阪

海外からの旅行者も多いことから、このような多彩なメニューでもあるのでしょう。

ヒルトン大阪のブッフェ11

出典:宿らん/ヒルトン大阪

和食メニューも、ご覧の通り充実しているのも特徴です。これなら、普段小食の方でも、思わずご飯をお代わりしてしまうかもしれません。

ヒルトン大阪のブッフェ12

出典:宿らん/ヒルトン大阪

ヒルトン大阪のブッフェ13

出典:宿らん/ヒルトン大阪

さらに、たこ焼きなど、大阪ならではのメニューもあります。この品揃えは驚き。ビジネスステイで、多忙のあまり大阪らしさを味わえなかったなんて方は嬉しい限りですよね。

ヒルトン大阪のブッフェ14

出典:宿らん/ヒルトン大阪

また、パンもこの通り。フランスパンやクロワッサンなどベーシックなパンの他、チョコレート入りのクロワッサンやマフィンなど、さまざまなパンをいただくことができます。朝から幸せな気持ちに浸れそうですね。

ヒルトン大阪のエグゼブティブフロアからの眺め

出典:宿らん/ヒルトン大阪

今回は、大阪の中心地、梅田にある「ヒルトン大阪」をご紹介して参りました。市内各地へのアクセスも抜群の、好立地にある一流ホテル。さすが世界的なブランドだけあって、質の高い客室やサービスが受けられそうですね。

朝食も充実しており、宿泊料金も手ごろで、大阪駅近辺ではお奨めのホテルと言えます。

出典:随所に散りばめられた「和テイスト」が心地よいホテル/ヒルトン大阪

フロント スタッフさんの接客レベルも高く、洗練されてる感じです。

出典:西梅田駅とJR大阪駅どちらでも徒歩アクセス可!好立地のラグジュアリーホテル/ヒルトン大阪

ヒルトン大阪のタワースイート客室

出典:宿らん/ヒルトン大阪

ぜひあなたも、大阪ステイにこのホテルを、選んでみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP