星のや軽井沢 共用部

軽井沢でおすすめの高級ホテル&旅館7選!避暑地で過ごす贅沢な夏はいかがですか?

首都圏から新幹線や高速道路利用で、所要時間が約1時間30分の場所に位置する軽井沢。標高は約1000mで年間840万人もの観光客が訪れる、人気のリゾート地です。明治期から「避暑地軽井沢発祥の地」として、外国人の方や著名人の方々に親しまれてきました。軽井沢といえば、1度は泊まってみたい!という、憧れの高級な高原リゾートホテルが点在しています。自然に囲まれた中にあるので、ロケーションも良く、心から癒される贅沢な時間が過ごせます。ホテルでのお食事も旅行の楽しみの1つとなりますが、信州ならではの旬の味覚が堪能できるのも良いですね。今日は軽井沢にある、魅力溢れる高級リゾートホテルを7つ紹介させていただきます。

1.星のや軽井沢

星のや軽井沢の外観

出典:宿らん/星のや軽井沢

星のや軽井沢の客室

出典:宿らん/星のや軽井沢

北陸新幹線の軽井沢駅から車で約15分の場所、山あいに立ち並んでいる「星のや軽井沢」。集落の風景が素敵で、日常を離れてリラックスできるのが魅力の宿です。周囲は森に囲まれた川沿いにあり、水波の部屋・山路地の部屋・庭路地の部屋の3タイプから選べます。

星のや軽井沢の客室テラス

出典:宿らん/星のや軽井沢

水波の部屋と山路地の部屋の客室にはテラスがあり、ゆったりと森を眺めたり、川の流れを感じながら寛げます。リビングは床座となっているので、天井が高くなってより開放的に。読書をしたり、まったりと過ごしたりと、日ごろの疲れも癒されます。

星のや軽井沢の客室風呂

出典:宿らん/星のや軽井沢

自然を感じながらの贅沢な入浴も楽しめます。また、露天風呂と内風呂を備えた「トンボの湯」は、かつて北原白秋や与謝野晶子も入ったという名湯。美肌の湯といわれている源泉かけ流しの温泉に浸かれます。宿泊者専用の時間も設けられているとの事なので、プライベートが保たれてゆったりできるという所も嬉しいです。

星のや軽井沢の料理

出典:宿らん/星のや軽井沢

お食事は「山の懐石」など、季節の食材を使ったお料理が堪能できます。別荘で過ごしている様な気分が味わえる空間でオススメです。

現実を忘れて、ボーッとゆっくり時間が流れる、雑音なども聞こえない、 木々のゆれる音、水の音、風の音。 そんな空間を楽しんで、非日常を感じることができる、癒される旅館です。

出典:まるで別世界!!/星のや軽井沢

2.軽井沢万平ホテル

軽井沢万平ホテルの外観

出典:宿らん/軽井沢万平ホテル

明治27年に創業、かつてはジョン・レノンも泊まりつけの宿だったという「軽井沢万平ホテル」。歴史があり、重厚な雰囲気を感じるクラシックホテルです。北陸新幹線の軽井沢駅から車で約5分の場所にあり、旧軽井沢までは歩ける距離なので、自然を感じながら散策する事もできます。

軽井沢万平ホテルのステンドグラス

出典:宿らん/軽井沢万平ホテル

ホテル内にはステンドグラスのある階段があったり、1階フロアーにはジョン・レノンが弾いたというピアノも展示されています。木造で築80年のアルプス館には軽井沢彫の家具や西洋の猫足のバスタブがあったりと、日本風と西洋風が程よく取り入れられたインテリアも見どころとなっています。

軽井沢万平ホテルのロイヤルミルクティ

出典:宿らん/軽井沢万平ホテル

そして外せないのが、こちらのロイヤルミルクティ。カフェテラスで頂けるのですが、ジョン・レノンのリクエストによって誕生したそうです。人気のアップルパイとともに味わうのも良いですね。

軽井沢万平ホテルの客室

出典:宿らん/軽井沢万平ホテル

客室は、アルプス館・ウスイ館・アタゴ館のエリアに分かれています。レトロな気分を堪能したい方は是非訪れてみてください。

クラシックホテルらしく、歴史を感じる建物と、きちんと作られたお料理を楽しみ、丁寧な接客を受けることができ、古き良き日本のホテルを五感で感じることができました。

出典:歴史を感じる上質なクラシックホテル/軽井沢万平ホテル

ページ:

1

2 3

PAGE TOP