空室状況・価格比較
チェックイン
から
泊数
人数
三井観光ホテルの眺め

【礼文島 三井観光ホテル】部屋から利尻富士が望める・・・礼文島ならココ!港から徒歩10分、海沿いのホテル

自然豊かな北海道。新鮮な海の幸やどこまでも広がる大自然の宝庫ということで、人気の絶えない観光地です。そんな北海道のなかでも、秘境とされているのが礼文島。北海道の北部、稚内の西方にある小さな島で、自然愛好家の方たちにとっては特に憧れの地であると言われています。

冷涼な気候であるため、なんと200類以上の高山植物が咲き乱れているとあって、写真家にも大変人気のこの場所。今回はその礼文島での滞在におすすめの宿「三井観光ホテル」を、写真を使ってご紹介していきたいと思います。

三井観光ホテルの外観

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

フェリーターミナルから歩いて10分程の、海岸沿いに建つホテル。アクセスも良いうえに海が目の前と立地も良く、人気の高いホテルとなっています。車で来られる方は少ないとは思いますが15台分だけは駐車場も用意されています。先着順なので早めの到着をおすすめします。

三井観光ホテルの外観2

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

部屋数は100以上と大型ホテルであるこのホテル、人気の理由はその眺めにもあるのです。ホテルが建っているこの場所は、ちょうど、日本海、礼文水道の先に浮かぶ、北の秀峰『利尻富士』を望められる位置となっているのです。部屋からの眺めも期待できそうですね。

三井観光ホテルの外階段

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

さぁ、早速中を覗いてみることにいたしましょう。

海側からのエントランスと道路側からのエントランスと、2つ入り口が用意されています。

三井観光ホテルのエントランス

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

こちらが道路側からのメインエントランスです。

三井観光ホテルのロビー

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

ピカピカに光る床。全体的に華やかな印象です。

三井観光ホテルのロビー2

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

ロビーには、アイヌ民族の伝承歌謡の一つである「ウポポ」を謳う木彫りの人形が置かれています。北海道でも奥地らしい雰囲気を味わえますね。

三井観光ホテルのフロント

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

広々としたカウンターを持つレセプション。

三井観光ホテルの冷水

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

その一角には観光パンフレットや冷水が用意されるなど、細やかな気遣いが感じられます。

三井観光ホテルのラウンジ

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの土産物

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

ロビーにはそれほど広さはないものの、ちょっと休憩できるようなソファセットや、売店などがしつらえられています。

三井観光ホテルの自販機

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

自動販売機も充実しているのがポイント。

三井観光ホテルの自販機2

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

アイスやアルコールまで気軽に購入することができます。これはありがたいですね。

三井観光ホテルの洗濯機

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

乾燥機付の洗濯機も備えられているので、北海道を一巡りなど、長旅をされる方でも安心して滞在可能です。

客室

地下1階地上6階建てのこちらの建物には、全部で104つもの客室が備えられています。部屋は3種類にわかれ、洋室、和室、和洋室から選択できるようになっています。

三井観光ホテルの廊下

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

今回は、5階にある海側の洋室をご覧いただきたいと思います。高層階にあるうえ海側なので、眺めが期待できそうですね。

三井観光ホテルのクローゼット

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

まずは玄関を入ってすぐのところ。このように開き戸タイプのクローゼットが備えられています。

三井観光ホテルの靴磨き

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

中にはハンガーの他、靴磨きセットや館内履きのスリッパが備えられています。

三井観光ホテルのスリッパ

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

奥行きはそうないものの、横に広いので特段厚みがない鞄であれば、しまっておくことができそうですね。

三井観光ホテルの客室

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

今回ご覧いただいているのは、ツインベッドが置かれた洋室タイプ。絨毯が敷かれた落ち着いた内装となっています。

三井観光ホテルの客室2

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

室内はそれほど広くはありませんが、動線にゆとりがあり快適に過ごせそうです。

三井観光ホテルの客室3

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

このような洋室タイプは64室、和室は32室あるほか、和洋室タイプが4部屋だけ用意されています。

三井観光ホテルの客室4

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

2人で過ごすには十分といった印象ですね。

三井観光ホテルの客室5

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルのベッド

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルのランプ

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

ベッドとベッドの間にはナイトテーブルが置かれ、こちらで照明のオンオフができるようになっています。

三井観光ホテルの客室6

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

ベッドのほかに、窓際には2人掛けソファが備えられています。

三井観光ホテルのソファ

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

大きめのテーブルもあり使い勝手が良さそうですね。なお、こちらのお部屋は喫煙も可能。灰皿も予め準備されています。

三井観光ホテルの眺め

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

窓からの景色は・・・というと、ご覧の通り、見事な利尻富士を眺めることができます。さらに往来するフェリーや、漁港にはヨットが帰港してくる様子を見ることもできます。飽きずに眺めていることができますね。

三井観光ホテルのテーブル

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

足元側にある棚は、テレビ台や執務机としての機能を果たしていると同時に、ドレッサーとして使用することもできるようになっています。

三井観光ホテルのドライヤー

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

ドライヤーも完備。

三井観光ホテルのハンガー

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

部屋の片隅にはタオル掛けも備えられており、不便なく過ごすことができます。

三井観光ホテルの冷蔵庫

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

冷蔵庫は空ですが、階下に自動販売機が並んでいるので、お好きなものを冷やして下さい。

三井観光ホテルのお茶セット

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルのお茶セット2

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

温かい飲み物としては緑茶のティーパックと、お茶請けが備えられていますよ。

三井観光ホテルの浴衣

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの羽織

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルのタオル

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルのアメニティ

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

浴衣、羽織はもちろん完備しています。タオルは、大小1枚ずつ。アメニティもこの通り揃えられています。

三井観光ホテルのトイレ

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

お風呂は、洗面室とトイレが一体化されたユニットバス形式です。

三井観光ホテルの洗面台

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの風呂

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

一般的なユニットバスといった印象ですが、こちらには大浴場があるのでそちらを利用される方が殆どでしょう。次はその大浴場をご紹介していきます。

大浴場

三井観光ホテルの大浴場入り口

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

さて、こちらがその大浴場の入り口です。

三井観光ホテルの脱衣所

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの脱衣所2

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

奥に長く片面だけにずらりとロッカーが並んでいるので、ごった返して背中がはぶつかってしまう、なんてこともなさそうですね。

三井観光ホテルの脱衣所3

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの脱衣所4

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

洗面台には基礎化粧品も完備されているので、わざわざ持参する必要がないのが嬉しいですね。

三井観光ホテルのドライヤー2

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

ドライヤーも完備しています。

三井観光ホテルのロッカー

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

また、鍵の掛けられるミニロッカーもあるので、貴重品も持参できます。

三井観光ホテルのアメニティ

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

アメニティもずらりと用意されているので、不都合を感じることはなさそうですね。

三井観光ホテルの内湯

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

大浴場は男女別で2箇所。16時から23時まで、翌朝は5時半から8時まで利用することができます。

三井観光ホテルの内湯

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

露天含めて3つの浴槽があり、内湯2つのうち1つと露天風呂が温泉となっています。泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉で、神経痛や筋肉痛、関節痛などに効能が期待できます。

三井観光ホテルの洗い場

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルのシャンプーセット

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

洗い場の数もたくさんあり、シャンプーセットも完備しています。

三井観光ホテルの内湯.3jpg

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの露天風呂

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

露天風呂は屋根や壁に囲まれた半露天風呂タイプで、雨天の際も安心して入浴することができます。囲いの隙間から日本海を望むこともできますので、爽快な気分で湯浴みが楽しめることでしょう。

お食事

次にお食事をご紹介していきます。

三井観光ホテルの夕食

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

食事は2食ともレストラン「北航路」でいただきます。夕食は18時からスタートで、20時に終了となります。

三井観光ホテルの夕食2

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

まずは蟹やもずくなど、北海道らしい海の幸が並んでいます。

三井観光ホテルの夕食3

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの夕食4

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの夕食5

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

鍋物もあり、温かいものと冷たいものがまんべんなく揃えられていると言った印象です。

三井観光ホテルの夕食6

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

お造りはホタテや海老が甘味もあり美味しくいただけました。

出典:海に浮かぶ利尻富士が眺められる、海岸沿いに建つホテル/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの夕食7

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

なんと、普段、スーパーなどでは手に入りにくい生雲丹までいただくことができます。量もたっぷりとあり、大変贅沢ですね。

三井観光ホテルの夕食8

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの夕食9

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

こちらはホッケ。なんとちゃんちゃん焼きでいただくようです。珍しいですね。

三井観光ホテルの夕食10

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの夕食11

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

そして茶碗蒸しにデザートで終了になります。

三井観光ホテルのレストラン

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

続いて朝ご飯もご紹介していきます。朝は海を眺めつつ、のんびりといただくことができますよ。

三井観光ホテルの朝食

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

朝はブッフェスタイル。好きなものを好きなだけいただくことができます。

三井観光ホテルの朝食7

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

時間は6時45分からと早め。朝早くホテルを出たい方には嬉しい配慮と言えそうですね。

三井観光ホテルの朝食8

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

煮物や焼き魚など、健康的なおかずが並んでいます。

三井観光ホテルの朝食9

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの朝食10

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

野菜がたくさん使われているので、健康を気になさる方にも嬉しい朝食と言えそうですね。

三井観光ホテルの朝食11

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの朝食12

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

お漬物や塩辛など、ごはんのお供もたくさんありますよ。

三井観光ホテルの朝食ご飯

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの朝食パン

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

なお、洋食派の方にはパンも用意されています。

三井観光ホテルの朝食2

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの朝食4

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの朝食5

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

サラダやウインナーなど付け合わせもあります。

三井観光ホテルの朝食6

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

和食が苦手だというお子様もこれなら安心ですね。

三井観光ホテルの朝食3

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

フルーツもこの通り。バランス良くいただけるのではないでしょうか。

三井観光ホテルの朝食珈琲

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

三井観光ホテルの朝食牛乳

出典:宿らん/礼文島 三井観光ホテル

食後は温かい珈琲でもどうぞ。北海道ならではのサロベツ牛乳もありますので、普段牛乳を飲まれない方もぜひ味わってみて下さいね。

さて、今回は、北海道の中でも秘境と言える、礼文島にある「三井観光ホテル」をご紹介して参りました。海側のお部屋からなら利尻富士を眺めることができるという素晴らしい立地にあるホテルです。フェリーターミナルからも徒歩10分ということで、8時発の稚内行きのフェリーに乗る方も余裕をもって過ごせることでしょう。ぜひ礼文島にお越しになる場合には、こちらのホテルをチェックしてみてくださいませ。

PAGE TOP