空室状況・価格比較
チェックイン
から
泊数
人数
玉翠の風呂5

【大室の杜 玉翠】高台にある絶景ビューの宿 源泉掛け流し湯をお籠りして楽しむ一日

関東が誇る人気の観光地、伊東に、旅行通の方からも高評価を得ている、ある1軒の温泉旅館ができました。温泉旅館といっても、伝統的な和風旅館ではなく、現代的でスタイリッシュにまとめられたお洒落な旅館です。しかもお部屋に素晴らしい露天風呂がしつらえられているということで、ゆったりとお籠りステイが叶うというのです。

玉翠の外観

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

今回はその噂の旅館をご紹介させていただきます。

名前は「大室の杜 玉翠(おおむろのもり ぎょくすい)」。2018年9月に開業した、まだ新しい旅館です。実は、熱川温泉にも同じ「玉翠」という名前のついたホテルがあるのですが、お察しの通り同じ系列となっています。

こちらはその2つの旅館と比較するとだいぶモダンな造りで、「モダンクラシック」をテーマにし建てられたそうです。

玉翠の外観2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

また、伊豆高原のなかでも高台にあるということで、眺望も楽しめるようになっています。

一見すると平屋建てですが、実際は2階建てです。玄関は竹林に囲まれた涼やかなアプローチを進んだ先にあります。車で訪れた場合は、外門に到着すると直ぐにスタッフが出迎えてくれます。駐車場は宿から少し離れているものの、バレーサービスがあるので安心ですよ。

玉翠のラウンジ

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

一方公共交通機関で訪れる場合は、東京からは伊豆急行踊り子号を使います。伊豆高原まで約2時間と10分。チェックイン開始時間は14時半で、14時20分から17時までは駅から無料送迎が行われています。ただし予約が必要なので、事前に連絡をいれて下さいね。

ラウンジは広々としており、高級感のある内装です。

玉翠のラウンジ2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

壁一面の窓ガラスから海や伊豆大島を一望できるのもポイント。これぞ高台にあるホテルの、特権と言えるのではないでしょうか。

玉翠のラウンジ3

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

このように碧い海も見渡すことができます。こちらは夜間、バーカウンターとして利用されます。まさに大人のための宿といった印象ですね。ちなみに夕食後と翌朝は無料で珈琲と紅茶のサービスがありますので、喫茶スペースとしての利用もできるのです。

玉翠のウエルカムドリンク

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

到着後も、まずはこのカウンター席に案内され、抹茶とお着菓子が提供されます。宿に着いた途端、早速、幸せな時間が始まるというわけです。この後も続くであろう素晴らしい休暇に、自然と期待感で胸が高鳴りますね。

玉翠の色浴衣

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

さて、その幸福な時間を過ごすためのひとつの要素として、女性は色浴衣もお借りすることができるようになっています。色柄豊富で、わくわく感もひとしお。お気に入りの一枚を見つけて下さいね。

玉翠の売店

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

なお、館内には売店も。ちょっとしたスペースですが、選りすぐりの品が置かれているのでしょう。ぜひ立ち寄って覗いてみてはいかがでしょうか。

玉翠の喫煙スペース

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

ちなみに館内は禁煙ですが、屋外に喫煙スペースが設けられています。しかも、パーゴラの下に大きなガーデンソファが設置されており、大変優雅な雰囲気が流れています。リゾート気分を楽しみつつゆっくりとできるので、愛煙家の方にとっても過ごしやすい宿と言えそうですね。

お部屋タイプは4種類。約41平米のコンフォートツイン、約40平米のプレミアムツインや、約50平米のスタイリッシュスイートや、64平米もあるラグジュアリースイートが用意されています。いずれのお部屋もゆったり広めの設定であるうえ、全部で9部屋のみの、こぢんまりとした大人の宿といった存在です。ちなみに、最も贅沢なラグジュアリースイートは洋室と和室を備えており、5名様まで宿泊することが可能なので、女子のグループ旅や3世代旅行などにぴったりです。

玉翠のドア前

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

今回はコンフォートツインをご紹介させていただきます。ちなみに今回ご紹介するコンフォートツインは1階の105号室で、食事処のすぐ横になります。2階の客室への移動は階段のみになりますので、足腰に不安がある方は、1階のお部屋がおすすめです。1階のお部屋タイプはプレミアムツイン以外から選ぶことが可能です。

玉翠の玄関

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

最もリーズナブルなコンフォートツインですが、41平米あるということで、一般的な客室よりワンランク上と言えるでしょう。独立した廊下や専用の水屋が設けられており、マンションの1室のようです。

玉翠の客室

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

お部屋は手前にベッド、奥にリビングスペースが置かれた一般的な間取りです。ほぼ端から端まで一面が窓になっているので、開放感はお墨付きです。

玉翠の客室2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

明るい日差しと外に広がる景色が、一気にリゾート気分を盛り上げてくれます。内装も高級感にあふれ、雰囲気も抜群です。

玉翠の客室3

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

ベッドに腰掛けても、眺めを楽しめるのもポイント。お部屋でだらだら過ごすだけでも、エネルギーチャージが出来そうですね。

玉翠の客室5

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

お部屋は畳敷き。素足でも気持ちよく過ごすことが可能です。

玉翠の客室6

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠の客室7

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

まだ新しいこともあり、全体的にきれいで気持ちよく過ごせるのではないでしょうか。

玉翠のベッド

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

ベッドはどちらもセミダブルサイズ。ゆったりサイズで快適にご就寝いただけることでしょう。

玉翠のコンパネ

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

枕もとにコントロールパネルもあります。もちろん電源も備えられていますので。電子機器の充電も問題なくできますよ。

玉翠の客室8

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠のソファ

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

部屋の一番奥に設置されたソファは、ごろんと横になれるだけのサイズがあり、外の景色を楽しみながら、ゆったりと過ごすことができます。

玉翠のデスク

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

ベッドの足元側にあるカウンターは、テレビ台とドレッサーとしても使用できる執務机に。

玉翠の客室9

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

トイレは最初にあった廊下に設置されていますが、洗面室へは部屋から直接行くことが可能で、その先にシャワールームが設けられています。

玉翠の眺望

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

窓からは専用のテラスにそのまま出ることが可能です。デッキテラスからはラウンジと同じように、紺碧の空と碧い海を味わうことが出来るのです。ガーデンチェアとテーブルセットがあるので、ここで過ごす方も多いようです。

玉翠の空気清浄機

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

さて次は細かい備品を見ていきます。まずは空気清浄機から。

玉翠のテレビ

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

テレビは1台で、DVDも接続されています。

玉翠のDVD

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

お好きな作品を持ち込んで、部屋でのんびり映画鑑賞などなさっても良いでしょう。

なお、Wi-Fiも完備していますので、快適にネットサーフィンも可能です。

玉翠のデスク2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

執務机には、電話機やリモコン類、ティッシュなどが置かれています。

玉翠のセーフティボックス

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

もちろん、セーフティボックスも備えられていますよ。

玉翠のクローゼット

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

大きめのクローゼットもあり、お洋服類をたっぷりかけられるスペースもあります。

玉翠のクローゼット2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

チェストの上にはバスローブが。

玉翠の丹前

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

丹前や足袋、作務衣などは、引き出しの中に収納されています。

玉翠の作務衣

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠の浴衣

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

浴衣もこの通り揃えられています。

玉翠の色浴衣

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

色浴衣もあるので、お好みで利用下さいね。

玉翠の室内スリッパ

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

なお、使い捨てのスリッパも備えられています。誰の分か分かるように直接書き込みできるようマジックまで用意されているようです。部屋は畳敷きですので、もちろん履かなくても過ごせますよ。

玉翠の飲物セット

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

さて、廊下に設置されたミニキッチンコーナーには、電気ポットやコーヒーメーカーが設置されています。

玉翠のカップ

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

カップ類は引き出しの中に。埃がつくこともなく、清潔感もあって安心して利用できますね。

玉翠のネスプレッソ

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

珈琲はカプセル式。ネスプレッソが備えられています。

玉翠のドリンク

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

冷蔵庫の中身は有料ですが、ビールやジュースが冷やされています。ちなみにミネラルウォーターは1人に付き2本。さらにターンダウンサービスの際に、氷水の入った冷水ポットを追加していただけます。

玉翠のルームサービス

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

飲物はルームサービスでも追加可能です。ワインやウイスキーなど、お酒も充実しているようです。伊豆の焼酎もあるので、ぜひお試し下さいね。

玉翠の貸し出し品リスト

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

なお、常備はしていないものの、リクエストベースで用意して下さるアイテムもたくさんあります。例えば枕。枕はテンピュールや、マイナスイオン、マタニティ用抱き枕までもが用意されています。ヘアアイロンもあるので、髪を朝セットする方も、荷物を減らすことができます。

玉翠のスポット情報

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

また、周辺ガイドも充実。細かいところまでよく行き届いた宿と言えそうですね。

玉翠のトイレ

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

さて続いて水回りをご紹介させていただきます。

玉翠のトイレ2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠のドライヤー

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

洗面室にはドライヤーや基礎化粧品が備えられています。

玉翠の基礎化粧品

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

基礎化粧品はPOLA製が用意されています。

玉翠のアメニティ

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

アメニティには、ブラシやコットンなど一通り備えられています。

玉翠のタオルバー

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

なお、タオルやローブをかけるスペースがあったりと、新しいホテルだからこそ、快適に過ごせるようよく工夫されています。

玉翠のタオル

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

なお、タオルはバスタオルとフェイスタオルが2枚ずつ用意されています。さすが温泉付きのお部屋。2度目のお風呂もこれで気持ちよく、あがれるのではないでしょうか。

玉翠の洗面所

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

洗面室と、シャワー室、そして屋外にあるお風呂はガラス戸で通じています。そのまま抜けることができるので、使い勝手も良さそうです。

玉翠のシャワールーム

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

シャワー室はコンパクトですが、屋内なので寒い時期でも落ち着いて洗うことができます。

玉翠のシャワールーム2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

シャンプーセットはPOLA製が備えられています。

玉翠のシャワールーム3

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠のデッキサンダル

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

デッキテラスには部屋からも行き来することが可能です。サンダルも置かれているので、下履きを持ってくる必要がありません。

玉翠のデッキテラス

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

そのまま、さっと外に出て景色を楽しむことができます。

玉翠のデッキテラス2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

広がるのは、この景色。建物もほとんどなく、山と海、そして空と、3つの要素が織りなす、素晴らしい眺望を楽しめるようになっています。

玉翠のデッキテラス3

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

なお、写真をよく見ると、デッキテラスの広さに驚かれるのではないでしょうか。

玉翠のデッキテラス24jpg

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

実はこちらのコンフォートツインが、最も広いデッキテラスが備えられているのです。その広さ、実に29平米強。41平米のお部屋に対して若干劣るものの、デッキテラスだけで一般客室くらいの広さがあるのです。窓の前にあるガーデンチェアのセットのほかに、露天風呂、そしてソファスペースとがあり、ちょっとしたガーデンパーティ会場のようになっています。

玉翠のデッキテラス4

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

でも、実際に宿泊する2人だけでこれを独占するわけですから、大変贅沢な時間となりそうですね。他のお部屋も魅力テクですが、このデッキテラスが目当ててこの部屋を選ぶ方もいらっしゃるようです。

玉翠の風呂

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

露天風呂も広々。

玉翠の風呂2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

そばには湯浴み後のクールダウンに最適なソファセットも完備しています。

玉翠の風呂3

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

ちなみにお湯は源泉かけ流し。熱ければ自分で調節して水を入れることも可能です。

玉翠の風呂4

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

湯口からはどんどん新しいお湯が注がれ、大変贅沢な気持ちに浸ることができます。

玉翠の風呂5

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

さらにこの眺めですから、これ以上にない非日常感を得られることでしょう。

なお、写真のようにちょっどした屋根がついていますので、雨の日でも楽しめるのが嬉しいところ。そのうえ、屋根も透明ガラスになっているので、開放感は損なわないよう工夫されているようです。本当に細かいところまで行き届いたホテルといった印象ですね。

玉翠のテラス

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

湯浴み後はビールをもってこちらの席で夕涼み。もちろん夜風にふかれつつ、のんびりと過ごしても良さそうです。

玉翠のブラインド

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

なお、周囲が気になる方は、このように目隠しすることも可能です。

玉翠のブラインド2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

ブラインドタイプなので、このように景色はばっちりと楽しめますよ。

お食事

さて、続いて宿でいただけるお食事をご紹介させていただきます。

玉翠の献立

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

お食事は夕、朝食共に、個室料亭「いずみ」でいただきます。

今回は7月に登場したコース料理をご紹介させていただきます。

玉翠の前菜

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

なお、今回ご覧いただくのは、宿のスタンダードな旬味吟詠コース。メインは、金目鯛のしゃぶしゃぶか国産牛の溶岩焼きから選ぶことが出来ますが、今回は国産牛のほうをご覧いただきたいと思います。

玉翠の先附

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

まずは先附と前菜から。

玉翠の夕食

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠の夕食2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

一見、少量に思えますが、たくさんの種類が提供されるので、お腹いっぱいになると評判です。

また伊東という立地がら、海の幸を意識したメニュー構成となっているのが特徴です。

玉翠の吸い物

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠のお造り

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

特にお造りは豪快で、思わず目を見張るほどのボリュームです。盛り付けも素晴らしく、思わず感嘆の声をあげてしまいそうですね。

玉翠の夕食3

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

お肉がメインですが、金目鯛の煮付けも登場しますので、満足感を得られます。

玉翠の夕食4

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

お肉は陶板焼きでいただきます。

玉翠の夕食5

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠のご飯

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠の夕食6

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠のデザート

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

デザートはフルーツ盛り。全体を通してレベルが高く、グルメな方でも楽しめそうな印象ですね。

上品な味付けの物が多く、クオリティも高かったです。お造りは伊勢海老や鮑など高級食材をメインにした豪華な盛り付けで、鮮度もとても良かったです

出典:伊豆高原の高台に佇み、海を一望できるスタイリッシュな高級旅館/大室の杜 玉翠

玉翠の書斎2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

なお、夕食後はラウンジでお酒でもいかがでしょうか。またはライブラリーで過ごすのもおすすめです。

玉翠の書斎

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

しっとりと大人の時間をお楽しみ下さいね。

玉翠の食事処

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

さて、続いて朝食をご紹介させていただきます。

玉翠の食事処2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠の食事処3

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

朝食も、同じくお食事処で提供されます。

玉翠の食事処4

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠の朝食

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

朝食は8時と8時半から選ぶことができます。なお、おかゆか白米も選択いただく形となります。

玉翠の朝食5

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠の朝食6

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

朝食もいろんなものが少しずつ提供されます。

玉翠の朝食4

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠の朝食7

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

玉翠の朝食2

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

朝はあまり食べないという方も、しっかりとお腹空かせて下さいね。

玉翠の朝食3

出典:宿らん/大室の杜 玉翠

以上、今回が、伊東に新しく出来た注目の宿「大室の杜 玉翠」をご紹介して参りました。

素晴らしい景観と高級感溢れる客室の造りは大変気に入り、お籠り宿を好まれる方にはぜひともお薦めしたい旅館です。

出典:伊豆高原の高台に佇み、海を一望できるスタイリッシュな高級旅館/大室の杜 玉翠

前に出すぎない丁寧な接客を心掛けようとしているように感じました。

出典:お部屋のデッキテラスと露天風呂で至福の時が過ごせる伊豆高原の大人のお籠り温泉/大室の杜 玉翠

サービスや接客に関しても評価の声が聞かれます。ぜひあなたもこちらの宿を訪れてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP