空室状況・価格比較
チェックイン
から
泊数
人数
喜安屋の風呂

【山あいの宿 喜安屋】一度は行く価値あり!標高1000メートル、源泉掛け流しの秘湯の宿で、地の物を味わう一日

人の少ない場所でのんびりと過ごしたい・・・!毎日忙しい日々を過ごしていると、たまには、山里離れた場所でのんびりとしてみたい、そんな思いに駆られませんか?今回はそんな方、必見の秘湯の宿をご紹介させていただきます。

名前は「山あいの宿 喜安屋」。大分県玖珠郡九重町にある、秘湯の宿です。

喜安屋の外観

出典:山あいの宿 喜安屋

大分道九重インターより四季彩ロードを使っておよそ30分。宿のすぐ前に駐車場が確保されているので、ご年配の方でも安心です。

ちなみに電車で訪れる馬合は、JR久大線を利用し、豊後中村駅で下車していただきます。その後、九重登山口行きバスに乗り、バスに揺られること約40分。筋湯温泉にて下車していただきます。

喜安屋のエントランス

出典:山あいの宿 喜安屋

こちらが宿の玄関。「日本秘湯を守る会」の提灯が下がっています。ご存じの方も多いと思いますが、昭和50年に設立した団体で、いわゆる秘湯と呼ばれる旅館が名を連ねています。

こちらの宿も、その一員。全国から秘湯を求めて多くの旅人が訪れる宿なのです。

喜安屋のフロント

出典:山あいの宿 喜安屋

外観と同じく山吹色の塗り壁。年季の入った木の色とマッチして、いかにも古民家らしい雰囲気です。

喜安屋のロビー

出典:山あいの宿 喜安屋

フロントの前には、囲炉裏が設けられています。座敷ではなく。椅子が設置されているため、気軽に囲炉裏を囲むことができるのがポイント。

喜安屋のロビー2

出典:山あいの宿 喜安屋

とくに冬など寒い時期には、ゲストが自然とここに集まりそうですね。他のゲストと会話を交わす・・・そんな時間も旅の醍醐味ではないでしょうか。

喜安屋のウエルカムドリンク

出典:山あいの宿 喜安屋

フロントでチェックインを済ませると、こちらの囲炉裏端で梅昆布茶が提供されます。ウエルカムドリンクサービスがあると、やはり嬉しくなりますよね。その際に館内の説明や案内をしてくださいますよ。

喜安屋の売店

出典:山あいの宿 喜安屋

ちなみにこちらにはお土産が置かれたスペースもあります。いずれも地元の名産品のようです。ぜひのぞいてみてくださいね。

喜安屋の自販機

出典:山あいの宿 喜安屋

また、自動販売機もありますので、安心して訪れて下さい。近くにコンビニエンスストアなどはございませんが、こちらにビールも販売されていますよ。

客室

こちらの宿の客室は全て離れ形式になっています。全て露天風呂が備えられているのが特徴で、お籠り系の一日を過ごすことができます。広さは、8畳、10畳、12.5畳の3つから選択可能で料金も分かれています。ちなみに、12.5畳の客室は、8畳部屋と4.5畳と二間タイプとなっています。

喜安屋の館内通路

出典:山あいの宿 喜安屋

各部屋ヘはこのような通路が設けられているので、雨の日でも安心して往来することができます。足元も舗装されているので、小さなお子様やご年配の方でも安心して通行できそうですね。

喜安屋の通路2

出典:山あいの宿 喜安屋

また、段差は多少あるものの、夜は照明もつくので夜間も安心です。

なお、8畳部屋は全部で6部屋あり、うち2室は2010年に増築されたお部屋です。赤い切石を使用した円形のお風呂が特徴なんだとか。客室の指定はできませんが、当たったらラッキーですね。

喜安屋の通路3

出典:山あいの宿 喜安屋

今回ご紹介するお部屋はこちら。「虹」という二間続きの客室です。

喜安屋の玄関

出典:山あいの宿 喜安屋

レセプション棟と同じく、山吹色に腰壁のあるレトロな造りですね。

喜安屋の玄関3

出典:山あいの宿 喜安屋

玄関を開けると、まずは板張りの踏み込みがあり、扉を挟んで和室が設けられています。

喜安屋の玄関2

出典:山あいの宿 喜安屋

玄関も廊下も腰壁があり、非常に手の込んだ造りといった印象です。

喜安屋の草履

出典:山あいの宿 喜安屋

敷地内をあるくための履き物には草履が用意されます。赤い鼻緒が印象的な子供用の草履もあり、秘湯の宿という雰囲気を楽しめますよ。

喜安屋の客室

出典:山あいの宿 喜安屋

客室は2間に分かれていますが、こちらが広い方の部屋、8畳間です。

喜安屋の客室4

出典:山あいの宿 喜安屋

真ん中に座卓が置かれており、主に日中はこちらでお過ごしいただくことなります。広縁もしつらえられているので、ゆとりがありますね。壁の色はやはり山吹色。お部屋もレトロな造りで、雰囲気にどっぷりと浸かることができます。

喜安屋の客室5

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の客室6

出典:山あいの宿 喜安屋

ふすまを挟んで隣に4.5畳の間が控えています。そちらは荷物を置いたり着替えをしたりと、部屋の使い分けができますね。夜にはお子様だけ先に寝せて、ご両親はまだ談笑を続けることも可能です。

喜安屋の客室7

出典:山あいの宿 喜安屋

ふすまを締めるとこのような雰囲気。

喜安屋の客室8

出典:山あいの宿 喜安屋

ふすまの開け閉めを行うことで、就寝時と日中とで雰囲気を変えられますね。

喜安屋の客室9

出典:山あいの宿 喜安屋

8畳部屋のほうには、テレビが設置されています。

喜安屋のテレビ

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の広縁

出典:山あいの宿 喜安屋

広縁からは窓を通じて、緑を眺めることができます。

喜安屋の眺め

出典:山あいの宿 喜安屋

なんてことのない雑木林ではありますが、目を休めるのにぴったり。チェアセットも置かれているので、楽な姿勢でゆったりとくつろいでいただけますよ。

喜安屋のクローゼット

出典:山あいの宿 喜安屋

押し入れの中には乱れ箱が。中には浴衣が収納されています。

喜安屋のトイレ

出典:山あいの宿 喜安屋

続いてトイレ。新しくはありませんが、よくメンテンスされているようです。

喜安屋のミニキッチン

出典:山あいの宿 喜安屋

専用の水屋も設けられています。木戸や障子のような窓が、和情緒を盛り上げてくれますね。

喜安屋のお茶セット

出典:山あいの宿 喜安屋

水屋にはお茶セットなどがまとめられています。

喜安屋の菓子

出典:山あいの宿 喜安屋

着き菓子は部屋におかれているので、温かいお茶と共にお楽しみ下さいね。

喜安屋のコップ

出典:山あいの宿 喜安屋

グラスなども備えられています。

喜安屋のミニキッチン2

出典:山あいの宿 喜安屋

嬉しいのはこちら。シンクと水道もついてるので、湯飲みをゆすいだりできるようになっています。大変便利ですね。

喜安屋の脱衣所

出典:山あいの宿 喜安屋

もちろん洗面台も別に設けられています。作業台も広めで、座りながら髪を乾かしたりメイクをすることができるようになっています。小さいものですが、灯りがほんのり差し込んできて居心地も良さそうです。

喜安屋のドライヤー

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の洗面室

出典:山あいの宿 喜安屋

ドライヤー、ソープ、そして三面鏡タイプのメイクミラーも備えられています。

喜安屋のクレンジング

出典:山あいの宿 喜安屋

なおクレンジングもあるので、とくにこだわりがなければ、メイク落としに関しては荷物を減らすことができますね。

喜安屋の風呂

出典:山あいの宿 喜安屋

こちらの宿は全て露天風呂付き。石造りの大きな浴槽で、2人ならゆったりと湯に浸かれる広さと言えそうです。

しかも、なんと心安らぐ風景でしょう。贅沢にも湯浴みをしながら、この庭を眺めることができるのです。

喜安屋の風呂2

出典:山あいの宿 喜安屋

洗い場も湯船のすぐそばに設けられています。体を洗ったらすぐにお風呂に直行することができますよ。

喜安屋のシャンプーセット

出典:山あいの宿 喜安屋

シャンプーセットはこちら。きちんと備えられています。

喜安屋のバスタオル

出典:山あいの宿 喜安屋

なお、タオルは大きなバスタオルとフェイスタオルは1枚ずつ用意されています。

喜安屋のアメニティ

出典:山あいの宿 喜安屋

タオルはアメニティやそれをまとめる巾着袋とともに備えられています。

喜安屋の浴衣

出典:山あいの宿 喜安屋

館内着には浴衣が用意されています。

喜安屋のの羽織

出典:山あいの宿 喜安屋

また、冬は冷え込む場所にあるため、防寒具として、羽織や半纏も用意されています。

喜安屋の半纏

出典:山あいの宿 喜安屋

なお、エアコンの他に温泉を利用した暖房を備えています。冷え込む夜間や早朝も温かく過ごせるよう工夫されているので安心ですよ。

喜安屋の冷蔵庫

出典:山あいの宿 喜安屋

続いても客室にある備品を見ていきます。冷蔵庫や電気ポットなど、宿泊するのに必要な備品は、一通り揃えられているとお考えいただいて大丈夫です。

喜安屋のポット

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の空気清浄機

出典:山あいの宿 喜安屋

空気清浄機もあり、快適にお過ごしいただけるでしょう。

喜安屋ののセーフティボックス

出典:山あいの宿 喜安屋

なお、アメニティには、歯ブラシ・ブラシ・シャワーキャップ・レザーが備わっています。洗顔料や基礎化粧品などは用意がありませんので、必要な方は持参して下さいね。

ちなみに水道の水は湧水が利用されています。飲水ももちろん可能です。大変まろやかな味わいなんだとか。ミネラルウォーターなどは買わずに、そちらをお楽しみ下さいね。

共同浴場

喜安屋の大浴場入口

出典:山あいの宿 喜安屋

こちらの宿には男女別の大浴場が1箇所ずつあります。それぞれ内風呂と露天風呂を備えていて、24時間利用可能です。

喜安屋の脱衣所

出典:山あいの宿 喜安屋

それぞれの客室には客室露天風呂が備えられているので、混み合うこともあまりなさそうです。

喜安屋の洗い場

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋のシャンプーセット

出典:山あいの宿 喜安屋

シャンプーセットには客室のものとは異なるものが用意されています。お好みで使い分けされると良いでしょう。

喜安屋の内風呂

出典:山あいの宿 喜安屋

内風呂は、木の温もりに包まれた空間。まるで湯治場のような独特な雰囲気があります。差し込んでくる明かりも控えめで、目をつむってゆっくりと瞑想しながら湯浴みをするのにぴったりな浴槽です。

喜安屋の露天風呂付き

出典:山あいの宿 喜安屋

一方、露天風呂はダイナミックな雰囲気の岩風呂。庭の緑も楽しめるので、心安らぐ時間を過ごすことができそうです。

喜安屋の貸し切り風呂

出典:山あいの宿 喜安屋

さらに貸し切り風呂も備えられています。大浴場、そして各部屋に客室風呂があるのに貸し切り風呂があるとは、なんとも贅沢な宿と言えそうですね。しかも2箇所。風情のある藁葺きの門をくぐった先にあるところにも好感度があがります。

喜安屋の貸し切り風呂2

出典:山あいの宿 喜安屋

貸し切り風呂は内風呂のみ。岩風呂と檜風呂に分かれています。脱衣所はいつでも快適な温かさで、清潔感も保たれているのだとか。

喜安屋の貸し切り風呂4

出典:山あいの宿 喜安屋

客室露天風呂や大浴場とはまた違った雰囲気。

喜安屋の貸し切り風呂3

出典:山あいの宿 喜安屋

客室風呂、大浴場、貸し切り風呂・・・それぞれのお風呂の湯巡りを楽しんで下さいね。

喜安屋の家族湯

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の家族湯2

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の家族湯3

出典:山あいの宿 喜安屋

こちらは、家族内湯「つくし」です。

喜安屋の家族湯2-1

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の家族湯2-2

出典:山あいの宿 喜安屋

こちらは家族風呂「もみじ」。お天気が荒れていても安心してお過ごしいただけますよ。

喜安屋の家族湯2-3

出典:山あいの宿 喜安屋

窓をあければ、緑の溢れる景色を楽しめるようになっています。なお、この宿は標高1000メートルの山間にある宿なので、新鮮な空気を楽しめるのではないでしょうか。

お食事

喜安屋の食事処

出典:山あいの宿 喜安屋

次に、こちらの宿でいただけるお食事を見てまいります。

夕食は「やまぼうし」という食事処で18時から提供されます。地元で採れる新鮮な食材を利用した地産地消のお料理が登場するのだとか。楽しみですね。

喜安屋の食事処2

出典:山あいの宿 喜安屋

食事処といっても、このように個室スタイルとなっています。プライベート感が守られているので、のんびりと会話を愉しみながらいただけるのがポイントです。ほっこりとした雰囲気なので、リラックスできそうですね。

喜安屋の食事処3

出典:山あいの宿 喜安屋

今回は3月に実際提供されたコース料理をご案内させていただきます。大分の山里ならではの食材に、早くも心が躍りますね。特に、野菜が多いのが見て取れると思います。味付けは素材の味を活かした優しい味わいなのだとか。創作性も高く、素材だけでなく、その調理方法や組み合わせも楽しんでいただけますよ。

喜安屋の食事処4

出典:山あいの宿 喜安屋

食前酒は、一見葡萄酒のようにも見えますが、実はプラム酒。なかなか珍しい品ですね。

喜安屋の食事処5

出典:山あいの宿 喜安屋

こちらは豆乳と苺ムース 。見た目、香り、そして歯ごたえ全体で、春らしさも感じられる一品となっています。

喜安屋の食事処6

出典:山あいの宿 喜安屋

まるでみかん色のようなしたこちらの卵は、なんと、山女魚のイクラ。食べたことがある方は、かなり少ないのではないでしょうか。このように珍しい素材が愉しめるのもポイント。秘湯の宿に来た気分が、ますます盛り上がってまいりますね。

喜安屋の食事処7

出典:山あいの宿 喜安屋

こちらはウドとうるい梅酢掛。酢味噌ではなく、梅酢にしているあたりにも、こだわりと手間が感じられますね。

喜安屋の食事処8

出典:山あいの宿 喜安屋

以上のように、前菜や先附だけでも、創作性と手間暇が感じられる、完成度の高いコース料理と言えるのではないでしょうか。

喜安屋の食事処10

出典:山あいの宿 喜安屋

お造りは虹鱒が登場。

喜安屋の食事処15

出典:山あいの宿 喜安屋

肉料理は豊後牛の陶石焼きとなります。

喜安屋の食事処9

出典:山あいの宿 喜安屋

タレは2種もしくは、岩塩でいただきます。

喜安屋の食事処11

出典:山あいの宿 喜安屋

こちらは、じゃがいも饅頭。

喜安屋の食事処12

出典:山あいの宿 喜安屋

そしてこちらは、山女魚の塩焼き。見るからに香ばしそうに焼けています。これが山の旅館の楽しみという方も多いのではないでしょうか。

喜安屋の食事処13

出典:山あいの宿 喜安屋

続いては、揚げだし南瓜に筍コロッケ。こちらもユニークなメニューと言えそうです。

喜安屋の食事処14

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の食事処16

出典:山あいの宿 喜安屋

天ぷらにはふきのとうが登場。季節感あふれるメニューに、自然と満足度も高まってくるのではないでしょうか。

喜安屋の食事処17

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の食事処18

出典:山あいの宿 喜安屋

最後は、桜餅と柚子シャーベットで、さっぱりと。

喜安屋の献立

出典:山あいの宿 喜安屋

なお、献立表もいただけるので、見比べながら、味わっていただくことができますよ。

良い旅の記念にもなりそうですね。

喜安屋の朝食

出典:山あいの宿 喜安屋

最後に朝食もご案内させていただきます。

喜安屋の朝食2

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の朝食3

出典:山あいの宿 喜安屋

朝食も同じ個室で提供され、ふろふき大根や山菜など体に優しい食材が並びます。

喜安屋の朝食4

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の朝食5

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の朝食6

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の朝食7

出典:山あいの宿 喜安屋

汲み豆腐や茶碗蒸しなどの温かい和食が頂けて、大変満足できました

出典:源泉かけ流しの部屋付き露天風呂と地産地消の健康的な創作料理を楽しめる全10室のお宿/山あいの宿 喜安屋

喜安屋の朝食8

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の朝食9

出典:山あいの宿 喜安屋

喜安屋の朝食10

出典:山あいの宿 喜安屋

食後は、味のあるカップで珈琲をいただくことができます。

喜安屋の朝食1

出典:山あいの宿 喜安屋

標高1000メートルの場所にある、秘湯の宿「山あいの宿 喜安屋」をご紹介して参りました。豊富な湯量を誇る温泉を源泉かけ流しで楽しめるほか、素材の味を重視した創作料理を堪能できる宿といった印象でしたね。

決してアクセスの良い場所ではありませんが、訪れる価値のあるお宿だと感じます。

また季節を変えて訪れたいと思いました。

出典:源泉かけ流しの部屋付き露天風呂と地産地消の健康的な創作料理を楽しめる全10室のお宿/山あいの宿 喜安屋

毎年記念日にお邪魔してるんですけど、一度、両親達を連れて行ったのですが、スゴい!スゴい!の連発で、喜んでくれました。

宿の雰囲気、食事、温泉、部屋、間違いなくいいです。一度行って見る価値あり!

出典:紅葉が綺麗で、従業員の方皆さん、接客は素晴らしくて居心地の良いし、ご飯に温泉は抜群ですね。/山あいの宿 喜安屋

利用者からの評判も大変よい宿です。あなたもぜひ、こちらの宿を訪れてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP