空室状況・価格比較
チェックイン
から
泊数
人数
浅田屋のアプローチ夜2

【旅館 浅田屋】大人の方に訪れて欲しい・・・ 上質な空間と一流のおもてなしを提供する、古都金沢の料亭旅館

古い町には、いわゆる、一流と言われる料亭が潜んでいるものです。親の代から子へと引き継がれ、ずっと愛され続けている老舗料亭へ、一度は足を運んでみたいものですよね。今回は、150年という長い間、客人をもてなしてきたという、老舗の料亭旅館、「旅館 浅田屋」をご紹介させていただきます。

上質な空間で、一流のおもてなしを提供してくれる宿として評判の宿です。場所は古都金沢。観光もお買い物の楽しめる人気観光地にあります。

浅田屋の外観

出典:宿らん/浅田屋

こちらが、その料亭旅館「浅田屋」。松の門かぶりが見事です。創業は慶応3年、西暦でいうと1867年ということで、永らく続いた江戸時代の終焉の年であります。ちょっと想像が難しいですが、激動の時代であったことと、その後、明治、大正、昭和の時代や戦争を乗り越え、今でもこうして続いていることは凄いということだけは分かりますよね。

浅田屋のアプローチ

出典:宿らん/浅田屋

門をくぐると、幅の狭い空間ながら、情緒あふれる石畳が続いています。料亭旅館らしい雰囲気で気分があがりますね。

浅田屋のアプローチ2

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋のアプローチ3

出典:宿らん/浅田屋

こちらは、ほおずきでしょうか。似ていますが、違う植物でしょうか。いずれにせよ見事な作品で、思わず感心させられます。上質な空間を提供していると評判の高いこちらの宿ですが、もう既におもてなしが始まっているようですね。

浅田屋のアプローチ夜

出典:宿らん/浅田屋

夜になるとこちらのアプローチは、昼間とはまた違った世界観を見せてくれます。足元に置かれた照明や、優しく灯る灯籠、それから建物の窓から漏れるオレンジ色の光・・・これらの要素が集まることによって、温かくて情緒感じる空間が作られているのを感じますね。

浅田屋の玄関2

出典:宿らん/浅田屋

さて、玄関を入ると、思わず息を呑むような空間が待っています。

浅田屋の玄関

出典:宿らん/浅田屋

踏み込みから畳敷きで、品のある佇まい。老舗宿といった風格が感じられます。

浅田屋の玄関2

出典:宿らん/浅田屋

三和土には、坪庭を思わせるような、こんなしつらえもあり、自ずと気分があがって参ります。

そもそもこちらの宿は、観光客や地元の方で賑わう近江町市場の前にありますが、暖簾をくぐり一歩敷地内に踏み入れると静寂な空間が広がっており、まるで別世界に来たかのような雰囲気に包まれます。

浅田屋の茶室

出典:宿らん/浅田屋

まずは、玄関の側にある茶室に通されます。

浅田屋の茶室2

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の茶室3

出典:宿らん/浅田屋

真ん中には囲炉裏が置かれ、茶を沸かせるようになっています。

浅田屋のおしぼり

出典:宿らん/浅田屋

茶室では、冷たい麦茶を入れていただきます。一息ついたら、すぐにお部屋へと案内していただけますよ。

ちなみに今回は8月の頃の宿の様子ですので、季節により、入れていただけるお茶は変わるかもしれませんね。

浅田屋のギャラリー

出典:宿らん/浅田屋

廊下にはこのように、おびただしい数の鍔が飾られています。大きさも形もさまざまで、興味深いコレクションです。一旦お部屋に落ち着かれたら、お食事前などにご覧になることをおすすめいたします。

客室

客室は全5室あり、それぞれ趣が異なります。1.5階にある「千歳(せんざい)」は。17.5畳の客室に、5坪程度の中庭が備えられたお部屋です。「雲井(くもい)」は、客室10畳の居間に次の間がついたお部屋で、北側を向いているため庭はありませんが、室内に石庭が設けられています。

View this post on Instagram

Room AOI – 葵の間 #料亭旅館

A post shared by ASADAYA (@asadaya_ryokan) on

2階に位置する「葵」は、10畳に広縁と、やや面積が狭いため、約2坪の坪庭が備えられています。

そして「高尾」は、2.5階、一番奥に位置していることから、静かに過ごしたい方にぴったり。冬は広縁に炬燵も出してくれるので、のんびりとくつろぎたい方におすすめです。

浅田屋の玄関

出典:宿らん/浅田屋

今回はグレードの高い、「不老の間」をご紹介させていただきます。

浅田屋の客室

出典:宿らん/浅田屋

「不老の間」の居間はなんと15畳。特別室と呼ばれても不思議でないくらい、広々として贅沢な時間を過ごすことができます。

浅田屋の客室2

出典:宿らん/浅田屋

今回は夏のお写真ということもあり、畳の上に涼を感じられるような敷物がしかれているようですね。冬には炬燵を置いて下さるお部屋もあるなど、季節に応じたおもてなしに嬉しさを覚えます。

浅田屋の客室3

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の客室4

出典:宿らん/浅田屋

こちらのお部屋は4名様まで宿泊が可能ですが、6名様でも広々と感じられそうなほどゆとりが感じられます。

浅田屋の客室5

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の客室6

出典:宿らん/浅田屋

床の間の隣には明かり取りの窓もあり、広縁から離れた場所でも、明るさが確保されている点にも好感が持てますね。

浅田屋のウエルカムドリンク

出典:宿らん/浅田屋

驚きなのは、部屋に入ると2度目のウエルカムドリンクが供されること。しかも上品なお饅頭と共にお抹茶がいただけるのです。さすがは料亭旅館。ますます気分が高揚して参りますね。

今回は「すすきの」と名付けられた芋饅頭。可愛らしいすすきの焼印が施されています。なお、お菓子は季節ごとに変わるそうなので、楽しみにしていて下さいね。

浅田屋の客室7

出典:宿らん/浅田屋

日中はこちらの広縁でお過ごしになってはいかがでしょうか。ちょっとした庭が設けられており、風流な気分を味わえます。

浅田屋の客室8

出典:宿らん/浅田屋

座りやすそうな低めの椅子に、和テーブルが設置されています。

浅田屋のうちわ

出典:宿らん/浅田屋

さりげなく置かれているのは、なんとも風情のあるウチワ。木彫りのものでしょうか、夏らしく桔梗の花が影絵のように浮かび上がっています。おそらくたいそう高価なものでしょう。いつもより風が涼しく心地よく感じられるのではないでしょうか。

浅田屋の眺め

出典:宿らん/浅田屋

坪庭には、斑入りの石蕗(つわぶき)やシダ植物などが植えられています。つくばいや灯籠までもあり、部屋の坪庭にしては、非常に手の込んだ造りと言えそうです。夏なのに一層涼しさを感じられそうですよね。ここでこうしているだけで、上質な時間が過ごせるのではないでしょうか。

浅田屋の広縁

出典:宿らん/浅田屋

広縁の奥には水屋が設けられています。

浅田屋の広縁2

出典:宿らん/浅田屋

反対側には観音開きのクローゼットが。

浅田屋のクローゼット

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋のポット

出典:宿らん/浅田屋

水屋にはポットやお茶セットなどが備えられています。

浅田屋のアルコール

出典:宿らん/浅田屋

ウイスキーや梅酒などのミニバーも完備。

浅田屋のお茶セット

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋冷蔵庫

出典:宿らん/浅田屋

冷蔵庫の中には有料の瓶ビールも備えられています。

浅田屋のテレビ

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の箪笥

出典:宿らん/浅田屋

テレビは1台。こちらの箪笥はセキュリティボックスの機能が備えられています。

浅田屋の足袋浴衣

出典:宿らん/浅田屋

館内着には浴衣セットが。レトロな雰囲気の浴衣です。浴衣の紐は、共布のほか、博多献上と思われる半幅帯も用意され、お好みで選ぶことができます。

また、湯浴みに便利なバッグや足袋も用意されています。

浅田屋の洗面室

出典:宿らん/浅田屋

洗面室は、玄関を入ってすぐ右手、折り返すように造られています。門に飾られていた暖簾と同じものがかけられているようです。ちなみに、その手前の踏み込み部分には三面鏡がしつらえられた鏡台があります。

浅田屋の洗面台

出典:宿らん/浅田屋

洗面台はダブルシンク。スペースも広々としているので、女性同士の宿泊でも、お互い気を遣わずにゆっくりとお化粧に専念できますね。

浅田屋の洗面台2

出典:宿らん/浅田屋

物置けるスペースもたっぷりあるので、連泊で荷物が多くても安心です。

浅田屋のドライヤー

出典:宿らん/浅田屋

ドライヤーやメイクミラー、アメニティも備えられ、快適に利用することができることでしょう。

浅田屋のアメニティ

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋のハンドソープ

出典:宿らん/浅田屋

ちなみに、タオル類や歯ブラシなどはあらかじめ客室に用意されておりますが、他に必要なアメニティはフロントに連絡を入れると客室まで届けてくださるシステムとなっています。追加リストには基礎化粧品セットや洗顔料など必要なものが揃っているので、特に持参される必要はありません。ちなみにボディローションまで備えられており、しかも高級ブランドとして人気のロクシタンが用意されています。

浅田屋のアメニティセット

出典:宿らん/浅田屋

ご用意いただけるアメニティはこちら。ブラシもしっかりとしたものですし、髪ゴムまで用意されています。

浅田屋のバスローブ

出典:宿らん/浅田屋

さらに、バスローブの備えもあり、お風呂上がり、しっかりと汗が引いてから、浴衣に着替えることができます。

浅田屋の洗面スペース

出典:宿らん/浅田屋

こちらのお部屋にはトイレも設置されています。

浅田屋のトイレ

出典:宿らん/浅田屋

洗面室、トイレはいずれもリニューアルされており、清潔感たっぷり。気持ちよく利用できるようになっています。

浅田屋のバスルーム

出典:宿らん/浅田屋

お風呂も大変綺麗です。檜でしょうか、木の壁に囲まれ、心地よい湯浴みが楽しめそうです。

浅田屋のバスアメニティ

出典:宿らん/浅田屋

シャンプーセットは、なんとロクシタン。これにもテンションがあがりますね。

浅田屋のバスルーム2

出典:宿らん/浅田屋

床はすのこ、浴槽は石。タイルがとてもレトロで、おしゃれ感もあります。

浅田屋のバスルーム3

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋のバスルーム4

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋のレモン

出典:宿らん/浅田屋

温泉宿ではありませんが、ミスト浴機能が付いており、更にフロントに連絡を入れるとレモンを用意してくださるのだとか。

浅田屋のレモン2

出典:宿らん/浅田屋

ミストサウナと相まって、ゆっくりとリラックスできますよ。

浅田屋の布団

出典:宿らん/浅田屋

夕食後、お部屋に戻ると、お布団が敷かれています。寝具にもこだわりがあり、厚めのマットレスを採用しています。腰に負担が掛かかりにくく、心地よい睡眠を楽しめるのだとか。また、枕も3種類から選ぶことができるようになっています。

浅田屋の寝間着

出典:宿らん/浅田屋

驚きなのは、寝間着の用意までされていること。

浅田屋のポット

出典:宿らん/浅田屋

冷水ポットも添えられいるほか、使用済のタオルも食事の間に新しいものと交換されているのです。何から何まで行き届いたサービスに、幸せな気持ちで満たされ、ゆっくりと穏やかに就寝が出来そうです。

貸し切り風呂

こちらの宿には、共用の家族風呂が1箇所あり、使用したい場合はフロントに連絡を入れて予約をするシステムになっています。

浅田屋の貸し切り風呂2

出典:宿らん/浅田屋

家族風呂と言うことでこぢんまりとしていますが、新しいタオルや、湯おけセットなども置かれており、気持ちよく利用できるようになっています。

浅田屋の貸し切り風呂

出典:宿らん/浅田屋

エアコンも完備しているので、夏や冬でも快適。洗面台も広く明るくて好感度があがります。

浅田屋の貸し切り風呂3

出典:宿らん/浅田屋

きれいに畳まれたタオルを見ていると気持ちが良いですね。

浅田屋の貸し切り風呂4

出典:宿らん/浅田屋

洗面台もきれいに整えられています。

浅田屋の貸し切り風呂5

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の貸し切り風呂6

出典:宿らん/浅田屋

アメニティ類はあらかじめ揃えられていますよ。

浅田屋の貸し切り風呂7

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋のドライヤー

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の貸し切り風呂8

出典:宿らん/浅田屋

お風呂は内風呂が1つ。デザインが凝っているわけではありませんが、浴槽は客室バスルームよりも大きく造られているので、ご家族皆で入りたい方はこちらの家族風呂を利用すると良いでしょう。なお、お部屋の中にはお風呂が付いていない客室もあるので、その場合は必然的にこちらをご利用いただきます。

浅田屋の貸し切り風呂9

出典:宿らん/浅田屋

窓を開ければ半露天風呂に。坪庭が設けられているので、風流な気分で楽しめるようになっています。

浅田屋の貸し切り風呂10

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の貸し切り風呂11

出典:宿らん/浅田屋

シャンプーセットは、部屋と同じくロクシタンがチョイスされています。

浅田屋の貸し切り風呂12

出典:宿らん/浅田屋

ゆっくりとした時間をお過ごし下さいね。

お食事

食事は夕朝ともに別室に用意されます。予約するお部屋や混み具合により変わる恐れもありますので、気になる方はお問い合わせされると良いでしょう。

浅田屋の食事処

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の食事処3

出典:宿らん/浅田屋

別室の個室といっても、客室のように広く、ゆとりが感じられます。しかも壁が一部ガラス張りになっており、手水鉢が設けられた和の趣がある坪庭が眺められます。

浅田屋の食事処2

出典:宿らん/浅田屋

坪庭は夜になると柔らかい明かりでライトアップされ、夜と朝では異なる雰囲気を楽しめるのもポイント。夏の終わりになると、朝、鈴虫の鳴き声がBGMとなり、秋の訪れを感じられて風流な気分になれるのだとか。季節を音で感じ取れるあたりも、上質な時間を感じることができますよね。

浅田屋の献立

出典:宿らん/浅田屋

さて、お食事もしかり。季節の素材を使用した懐石料理が提供されます。

浅田屋の前菜

出典:宿らん/浅田屋

前菜は金沢の夏の風物詩であるドジョウの蒲焼です。鬼灯など季節感のある盛り付けで、思わず歓喜の声がこぼれます。漆塗りのお盆も艶めいて、高貴な香りが漂います。

浅田屋の食前酒

出典:宿らん/浅田屋

食前酒はこちらの器に注いでいただけますよ。

浅田屋の前菜2

出典:宿らん/浅田屋

前菜には、ドジョウの蒲焼きの他、小梅貝のしぐれ煮や、烏賊のうるか和えなど、さまざまな味わい、素材の物が並んでいます。

浅田屋の前菜3

出典:宿らん/浅田屋

前菜からクオリティが大変高く、次に続く料理への期待が増しました。

出典:上質な空間と一流のおもてなしで特別なひと時を過ごせる料亭旅館/浅田屋

浅田屋の夕食

出典:宿らん/浅田屋

こちらは鱧の葛打ち。夏が感じられる一品ですね。

浅田屋の夕食2

出典:宿らん/浅田屋

お造りも盛り付けが綺麗で思わず顔がほころびます。とくに甘エビがお花のようで華やかなですね。

浅田屋の夕食3

出典:宿らん/浅田屋

なめら薄造りも登場。 こちらも夏の風物詩です。薄造りですが、コリコリとした食感が楽しめるようになっています。

浅田屋の夕食4

出典:宿らん/浅田屋

そして、真鯛とへた紫茄子、甘鯛旬菜蒸しと続いていきます。

浅田屋の夕食5

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の夕食6

出典:宿らん/浅田屋

そして金沢名物の治部煮も。こってりとした餡が食欲をそそりますね。

治部煮に用いられている合鴨は絶妙な火の入れ具合で調理されており、パサつきや臭みが一切ないので、鴨料理があまり得意ではない友人でもこちらの合鴨は美味しく食べられたそうです。

出典:上質な空間と一流のおもてなしで特別なひと時を過ごせる料亭旅館/浅田屋

浅田屋の夕食7

出典:宿らん/浅田屋

品数が多く、満足度の高い懐石料理と言えそうです。こちらは、水蛸湯引きに帆立マスタード和え、それから、サーモンオリーブ和えがのせられています。

浅田屋の夕食8

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の夕食9

出典:宿らん/浅田屋

水菓子も3種類、ぶどうはさらに2つの味が楽しめます。

料亭旅館といった看板に相応しい、そんな懐石料理でありましたね。

浅田屋の朝食7

出典:宿らん/浅田屋

最後に朝食もご覧いただきます。

浅田屋の朝食2

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の朝食3

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の朝食4

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の朝食5

出典:宿らん/浅田屋

朝食の焼き魚は鮭、カレイ、ハタハタの3種類から選べます。

浅田屋の朝食6

出典:宿らん/浅田屋

 浅田屋の朝食8

出典:宿らん/浅田屋

朝食の名物は生米から作るお粥。

浅田屋の朝食9

出典:宿らん/浅田屋

土鍋でグツグツと音を立てるお粥はインパクトも大です。ちなみに、お粥は餡掛けにもできます。

餡は甘さ抑えめの上品な味付けで、お粥の美味しさを引きたてているようでした。

出典:上質な空間と一流のおもてなしで特別なひと時を過ごせる料亭旅館/浅田屋

浅田屋の朝食

出典:宿らん/浅田屋

浅田屋の朝食10

出典:宿らん/浅田屋

こちらはグレープフルーツゼリー。美味しくいただいて下さいね。

料理の説明がとても丁寧なのは、料亭旅館ならではのおもてなしに感じられました。夕食中は女将さんの挨拶があり、気さくで優しい人柄の女将さんとは話しが良く合い、おかげで楽しいひと時となりました。

出典:上質な空間と一流のおもてなしで特別なひと時を過ごせる料亭旅館/浅田屋

浅田屋のアプローチ夜2

出典:宿らん/浅田屋

今回は、古都金沢で150年以上愛され続けている料亭旅館「浅田屋」さんをご紹介して参りました。

各客室に担当の仲居さんが付き、一流の接客を受けられます。話し方や仕草も洗練されていて、上質な宿の雰囲気にも良く合っていました。

出典:上質な空間と一流のおもてなしで特別なひと時を過ごせる料亭旅館/浅田屋

上質な空間で一流のおもてなしを展開している旅館として、大人の方に強くおすすめしたい宿です。ワンランク上の休日を過ごしに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP