リッツカールトン京都 ロビーラウンジ2

京の伝統美と優雅な空間「ザ・リッツ・カールトン京都」のアフタヌーンティーでスイートなひと時を!

「ザ・リッツ・カールトン京都」は、鴨川のほとり、二条大橋の西岸、東山三十六峰を一望できる最高のロケーションに2014年2月開業しました。ザ・リッツ・カールトン・カンパニーL.L.Cが運営する日本で4番目のホテルとなります。リッツカールトン京都は、リッツカールトンならではの欧米風の様式の中に、日本の伝統・文化をうまく盛り込んだラグジュアリーな空間が特徴的です。今回は、そんなラグジュアリーな空間で楽しむアフタヌーンティーをご紹介していきましょう。

和と洋の最高のコラボレーション「ザ・リッツ・カールトン京都」

リッツカールトン京都 外観

出典:宿らん/ザ・リッツカールトン京都

「ザ・リッツ・カールトン京都」は鴨川沿いに位置し、地下鉄「京都市役所前駅」から徒歩3分、JR京都駅から地下鉄で10分以内の便利な場所にあります。ビジネスや観光にも便利で、祇園や先斗町などの繁華街へも近いロケーションです。

ザ・リッツカールトン京都 外観2

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

破風と傾斜屋根の建物は、京都らしい「和」を意識した造りになっています。6000平米の広大な敷地に、高さ制限などの規制が多い中で、鴨川に面した立地を巧みに利用しています。

リッツカールトン京都 外観3

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

リッツカールトンを表す獅子のロゴがホテルの入口に見えます。この入り口を入るとどんな世界が待っているのでしょう。

リッツカールトン京都 アプローチ

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

ホテルエントランスへのアプローチは、近代建築ながら古都のしっとりとした水の流れる癒しの雰囲気を感じます。逸る気持ちを抑えながらゆっくりとエントランスへ向かいます。

リッツカールトン京都 アプローチ ライトアップ

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

アプローチはこのように夜にはライトアップされて幻想的な雰囲気になります。

リッツカールトン京都 エントランス

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

ホテルのエントランスは、コンクリートの白い壁に和のテイストのドアがしつらえてあり、誰かの邸宅に訪れたようです。

リッツカールトン京都 ロビー 盆栽

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

ホテル内にはこのようにさりげなく盆栽が飾られています。ロビーにはこんな立派な盆栽が飾られていました。客室にも小ぶりな盆栽が置かれてます。日本の和のこころを大切にしているホテルなのですね。

リッツカールトン京都 フロント

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

リッツカールトン京都 フロントロビー

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

フロントロビーとレセプションは、異次元空間のような雰囲気です。古都に受け継がれた和の伝統美と、ラグジュアリーホテルの洗練されたデザインとが融合した非日常を感じる空間がゲストを迎えてくれています。

リッツカールトン京都での折花装花 #flower #papercraft #origami #orihana #リッツカールトン京都

A photo posted by Motoi Mitani (@orihana_com) on

盆栽以外にもお花のアレンジメントも随所に飾られて、華やかさや季節感を演出しています。

それでは楽しみにしていたアフタヌーンティーに出会うために、「ザ・ロビーラウンジ」へ向かいましょう。

京の町家をモチーフにした和モダンな空間でいただくアフタヌーンティー

リッツカールトン京都 ロビーラウンジ外観

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

「ザ・ロビーラウンジ」は京の町家風の格子を多用したデザインの外観です。店内からのやわらかい灯かりが、やさしい雰囲気を演出しています。

リッツカールトン京都 ロビーラウンジ2

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

オシャレの極みでここ住みたい。 #afternoontea #あだ名がおしぼりになりました

A photo posted by 優璃 (@yuu94jk6a) on

町家建築の特徴である明るさと暗さのコントラストをうまく取り入れたラグジュアリーな内装です。檜と格子をモチーフとした和モダンで柔らかさとやさしさが感じられる上品な空間。こちらではソファーが置かれたたっぷりのスペースでゆっくりと寛げます。

リッツカールトン京都 ロビーラウンジ1

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

ソファー席から店内を見ると奥行があって天井が高く、余裕のある空間であることがわかります。距離感や角度もほかのゲストが気にならないような設計がされているようです。書棚には、日本のアーティストの作品がきれいにレイアウトされていて、ライブラリーではゆったりとした自分だけの素敵な時間が過ごせそうです。

リッツカールトン京都 ロビーラウンジ テラス席

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

天気が良く暖かいシーズンには、テラス席がお勧め。ホテル自慢の岩壁を眺めながらのアフタヌーンティーは、素敵な時間が過ごせることでしょう。

リッツカールトン京都 ロビーラウンジ3

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

ふぅ。お腹いっぱい。 #afternoontea #teatime #hotel #ritscarlton #travel #遠征 #京都

A photo posted by T.S (@hny10931) on

天井の照明は、大きくて立体的で、大胆でありながら繊細なデザイン。和傘をモチーフに和紙と竹を素材に作られています。

リッツカールトン京都 ロビーラウンジ4

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

外が暗くなってくるとガラッとお店の感じが変わって、大人っぽい雰囲気になります。

リッツカールトン京都 ロビーラウンジ アレンジメント2

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

ホテル内にはフラワーアレンジメントをよく目にしますが、ロビーラウンジの中にも季節のお花が飾られています。西洋風のアレンジでもなぜか和の雰囲気に調和しています。

この「ザ・ロビーラウンジ」は、パティスリー「ピエール・エルメ・パリ」のスイーツが楽しめるということで人気があるカフェです。特にアフタヌーンティーは、「ピエール・エルメ」の色々な種類のスイーツが楽しめるとあって特別人気があります。

#ritzcarltonkyoto ×#hellokitty ×#pierreherme ❤️

A photo posted by ぴーこ (@piiico_hinapiyo) on

「ザ・ロビーラウンジ」では期間限定で様々なメニューを用意しています。今回ご紹介する「ピエール・エルメ・パリ」による期間限定のアフタヌーンティーは、ハロー・キティとのコラボレーションの「限定ハローキティ・アフタヌーンティー」です。優雅でかわいい夏のお楽しみアフタヌーンティー。6,102円とちょっと高価ですが、期間限定ということと異色のコラボということで、かわいさもプラスして女性にとても人気です。

ハローキティのリボンに見立てた赤いナプキンがとてもキュート。このメニュー専用のハローキティのイラスト付きのメニューなど、キティちゃんファンにはうれしいサービスです。

「ザ・ロビーラウンジ」の食器は、真っ白でマットなデザインで、ブランドはコケー、カトラリーはクリストフル。上品でありながらかわいらしいデザインです。

一番上のプレートはプレーンスコーン、イスパハンのスコーンの2種類。

2段目のプレートには、フォアグラ、照り焼きチキン、ローストビーフ、ポークハムなどを使ったバラエティ豊かなサンドイッチが並びます。そしてジンジャーサブレと車エビのリエット。キティちゃんがキュートです。

みんな大好きケーキのプレートには、「ピエール・エルメ」のイスパハン、フィナンシェ、シュークリーム、チーズケーキがかわいく並んでいます。

イスパハンは、バラの品種の一つで「王女のポンポン」という別名を持っています。また、これをモチーフにしたケーキの名称でもあり、こちらのほうが一般的に知られているのではないでしょうか。名前にもなっているイスパハンの丸いピンク色のケーキは、「ピエール・エルメ」の代表作。バラの香りに、バラのクリーム、ライチ、フランボワーズと、実に優雅なお菓子です。写真は単品です。

マカロンはジャスミン風味ホワイトチョコガナッシュ、イスパハンスコーン、そしてキュートなジュレ。

そしてソルベが付きます。これもイスパハンです。ピンク色のスイーツたちが何ともかわいくて乙女心をくすぐります。あとコーヒーか紅茶がつきます。

こちらは通常の夏のアフタヌーンティーのメニューです。1段目はスコーン2種、プレーンスコーン、サティーヌスコーン、

2段目のプレート、オレンジ・パッションフルーツとクリームチーズとマスカルポーネを使ったマカロン、サブレ、シュークリーム、チーズケーキや、イスパハン、オリーブオイルのレモンケーキ、ヘーゼルナッツのケーキなど、夏らしいフルーツを使ったすっきりスイーツ。これらのケーキは「ピエール・エルメ」のスイーツです。

3段目の食事系トレイは、フォアグラ、アンチョビ、牛肉、ポークハム、ズワイガニと夏のフルーツ、野菜を使ったサンドイッチが並んでいます。このアフタヌーンティーは4,500円です。さらに豪華な6,000円のアフタヌーンティーもあります。

リッツカールトン京都 ピエールエルメ ショップ

出典:宿らん/ザ・リッツ・カールトン京都

「ザ・リッツ・カールトン京都」には、「ピエール・エルメ・パリ ブティック」があります。ヴォーグ誌で「パティスリー界でのピカソ」と称賛されたピエール・エルメのショップです。ロビーラウンジで気に入ったスイーツがあればお土産にいかがでしょうか。また、記念日やお祝い、贈り物などにも最適なアイテムがたくさん揃っていますよ。営業時間は11時~19時です。

ザ・リッツ・カールトン京都の「ザ・ロビーラウンジ」でのアフタヌーンティーはいかがでしたでしょうか。クラシカルな西洋デザインを想像していましたが、こちらは派手さはありませんが、高級感や非日常間はそのままに、京の伝統美と洗練された優雅さの両方をかね備えたセンスのいいホテルです。スパとのコラボプランも用意されているそうなので利用してみるのもいいでしょう。ぜひ素敵なホテルとティーラウンジで、体と心と味で素晴らしいくつろぎの時間を過ごしてみてください。

■基本情報

名称:ザ・ロビーラウンジ by ザ・リッツ・カールトン京都

住所:〒604-0902 京都府京都市中京区鴨川二条大橋畔

電話番号:075-746-5522

営業時間:8時~20時30分(ラストオーダー)

リッツカールトン京都の宿泊に関する記事はこちら

PAGE TOP