岩惣 夜外観

【みやじまの宿 岩惣】皇族や著名人に愛された名宿。世界遺産の宮島の歴史を感じる旅に出よう

空室検索・最安値比較
から

日本三景の一つ安芸の宮島にある、瀬戸内海国立公園に佇む「みやじまの宿 岩惣」。その歴史は古く、安政元年(1854年)から茶屋として、人々の憩いの場として親しまれていたことがはじまりだったそうです。皇族をはじめ数々の著名人が宿泊し、旅の疲れを癒した老舗の名旅館。本館・新館・離れとある客室、島内でも珍しい天然温泉、瀬戸内ならではの四季折々の「海の幸」「山の幸」の懐石料理で、日常の喧騒からはなれ贅沢な時間を過ごせます。ユネスコの世界遺産でもある厳島神社にも近く、宮島の観光の拠点としてもよし、この旅館に泊まることを目的に宮島に足ぶのもいい。そんな名宿「みやじまの宿 岩惣」について詳しくご紹介します。

創業約160年。厳島神社の御神体である弥山の麓に佇む旅館

岩惣 もみじ谷にかかる橋

出典:宿らん/岩惣

安政元年(1854年)に初代の岩国屋惣兵衛がもみじ川に橋をかけてお茶屋を始めたことが岩惣の始まりだそう。

岩惣 外観

出典:宿らん/岩惣

宮島桟橋から徒歩15分。桟橋から連絡をすれば、迎えに来てくれるので、荷物を預けて観光をしながら歩くのもいいですね。弥山のロープウェイ乗り場の前にあり、世界文化遺産の厳島神社へも徒歩3分。朝、夜の神秘的な宮島を堪能できる最適な場所に位置しています。

岩惣 正面玄関

出典:宿らん/岩惣

宮島のおへそとも呼ばれる「もみじ谷公園」に佇み、歴史を感じさせる建物。玄関母屋は明治25年に建てられたものです。

岩惣 看板

出典: 宿らん/岩惣

現在も使われている看板。「もみぢ」の旧仮名遣いや「岩惣」の「岩」の漢字部分だけがひらがなで書かれてたり、右側から読むところなどにも歴史を感じます。

岩惣 フロント

出典:宿らん/岩惣

フロントに派手さはなく、品の良さが漂います。スタッフの丁寧で落ち着いた接客にも老舗の貫禄を感じます。一度は泊まりたい宿として、欧米からの観光客の宿泊が多い岩惣。外国人の方への対応もスムーズです。

岩惣 ロビー

出典:宿らん/岩惣

昭和五十六年の改築時からのままの雰囲気を残すロビー。こちらでチェックイン手続きを行います。

岩惣 ロビー②

出典: 宿らん/岩惣

昭和天皇をはじめとする皇族方や、文人・著名人などが宿泊した岩惣。館内には宿泊者の年表や、展示されているものから当時を偲ぶことができます。名だたる著名人の書などがいたるところで展示され、小さな美術館さながらです。さりげなく置かれているのはマルセルブロイヤーの椅子。

岩惣 館内展示物

出典:宿らん/岩惣

宮島発祥のしゃもじ。厳島神社の御神体である弥山の神木で作られた杓子でご飯を頂くと、ご神徳にあやかって福運を招くといういわれがあるそうです。

谷に向き合う「本館」、谷に臨む「新館」、谷に溶け込む「離れ」。3つのスタイルから選べるお部屋

岩惣のお部屋は「離れ」「本館」「新館」の3つのスタイルから選ぶことができます。日本の伝統建築の平屋建ての「離れ」。一棟に一室と贅沢な造りで、岩惣に訪れた皇族をはじめとする要人達も宿泊したお部屋です。「本館」は、一室ごとに趣が異なるので何度でも訪れたくなります。 もみじ川の流れる音が部屋に響く、昭和初期の木造建築が楽しめます。「新館」はもみじ谷と瀬戸内を望むロケーションが楽しめるお部屋です。それぞれ趣の異なる客室の中から、旅の目的に合わせたお部屋を選んで、宮島での一夜を過ごしてみませんか?

岩惣 客室全体

出典:宿らん/岩惣

岩惣 客室

出典:宿らん/岩惣

岩惣 客室縁側

出典:宿らん/岩惣

写真は新館のお部屋です。春は新緑、秋は紅葉ともみじ谷の四季に包まれながら、広縁でゆっくり過ごせます。

岩惣 部屋からの景色

出典:宿らん/岩惣

緑の季節もすがすがしいですが、紅葉の季節は美しく、ぜひとも訪れたいですね。

岩惣 部屋からの景色

出典:宿らん/岩惣

岩惣 部屋からの眺め

出典:宿らん/岩惣

部屋からは宮島を見渡せ、国重要文化財である千畳閣や五重塔をも見ることができます。

岩惣 客室入口より

出典:宿らん/岩惣

玄関から部屋をのぞいたところ。

岩惣 客室浴室

出典:宿らん/岩惣

岩惣 客室トイレ

出典:宿らん/岩惣

部屋付きのお風呂とトイレ。別々なのが嬉しいですね。丁寧に掃除されており気持ちよく利用できます。

岩惣 部屋備品

出典:宿らん/岩惣

岩惣 部屋備品

出典:宿らん/岩惣

部屋の備え付けの物は壁際にスッキリとまとめられています。

岩惣 部屋アメニティ

出典:宿らん/岩惣

部屋にある洗面台はアメニティも充実していて使いやすいです。女性の方は特に使いやすいと思います。

岩惣 部屋着

出典:宿らん/岩惣

岩惣 部屋着

出典:宿らん/岩惣

お風呂場までの荷物入れに風呂敷ポーチが用意されています。和風の柄はひとりひとり違い、旅の思い出のお土産にもなります。

岩惣 部屋菓子

出典:宿らん/岩惣

広島を代表する菓子である「もみじ饅頭」は岩惣から誕生しました。明治40年ごろ「岩惣でしか味わえない茶菓子を提供したい」と当時の女将の提案により出来たのが始まりと言われています。

宮島では珍しい天然温泉でツヤツヤなお肌に

岩惣 温泉入口

出典:宿らん/岩惣

もともと使っていた井戸水が「肌がツルツルになる」と気づいた女将が調べたところ、地下5メートル水源ながらラドンを含んでいる温泉だとわかったのだそう。源泉の辺りは若宮ヶ原と呼ばれていたため、温泉は「若宮温泉」と名づけられました。館内には「日の出湯」と「月の湯」の2種類があり、朝と夜で男女が入れ替わります。国立公園の森林に面した露天風呂からの眺めが素晴らしく、夜にはライトアップされた原生林も楽しめます。運がいいと森林を散歩する鹿に出会える事もあるのだとか。真下を流れる小川のせせらぎに耳を傾けながら、ゆっくり湯船につかれば日ごろの疲れも癒されます。

岩惣 温泉「日の出湯」

出典: 宿らん/岩惣

岩惣 温泉「日の出湯」

出典: 宿らん/岩惣

「日の出湯」。明るい雰囲気の露天風呂。清流を眺めながらの入浴は身も心もリラックスできます。

岩惣 温泉「月の湯」

出典:宿らん/岩惣

岩惣 温泉「月の湯」

出典: 宿らん/岩惣

「月の湯」。歴史ある建物の中でも温泉施設は新しく、メンテナンスも十分されています。 慢性皮膚病、神経痛、筋肉痛、五十肩、冷え性、高血圧症などに効能があるようです。

岩惣 脱衣所

出典:宿らん/岩惣

さりげない気遣いが行き届いている脱衣所。快適に利用できます。

岩惣 温泉アメニティ

出典: 宿らん/岩惣

岩惣 温泉アメニティ

出典: 宿らん/岩惣

大浴場のアメニティ。いろいろな種類を試せるのがうれしいですね。

広島の風土の旬を堪能する懐石料理の夕食

広島には、四季折々の「海の幸」「山の幸」がたくさんあります。カキや穴子など広島の風土を感じる豊かな食材を、手間暇かけた上品な味わいでいただく懐石料理は、見た目も美しく、美味しいと評判です。夕食は基本は部屋食なので、気兼ねすることなく楽しむことが出来ますね。

岩惣 料理 お品書き

出典: 宿らん/岩惣

7月のお品書き。

岩惣 夕食

出典:宿らん/岩惣

食前酒 温州みかん酒

岩惣 料理 前菜

出典:宿らん/岩惣

箸染 白玉醍醐寄せ。白ばい貝とオリーブを添えて。

岩惣 料理 前八寸

出典:宿らん/岩惣

前八寸 涼し気なガラスの器に盛り付けられた手の込んだ品々。

岩惣 料理 御造里

出典:宿らん/岩惣

御造里。写真は珍しい「鰆の叩」鮮度が良いからこそ食べられる一品です。

岩惣 料理 焼物

出典:宿らん/岩惣

焼物 宮島といえば「あなご」。モッツァレラチーズと合わせた和洋折衷な味わい。

岩惣 料理

出典: 宿らん/岩惣

蒸龍 和牛の下に水菜とごぼうがひかれています。とろみの強い胡麻ダレをつけていただきます。大きめの牛肉は脂がのっており、口の中でとろける美味しさです。

岩惣 料理 揚物

出典: 宿らん/岩惣

揚物 海老しんじょうの揚げ物に甘長を添えて。優しい出汁の味でいただきます。

岩惣 料理 ご飯

出典:宿らん/岩惣

御飯 鯛飯と吸い物、香の物。 新鮮な鯛をご飯にのせて出汁をかけて食べると絶品です。

岩惣 料理 水菓子

出典:宿らん/岩惣

水菓子 グレープフルーツのゼリーと長寿抹茶のムース。食後にサッパリといただけます。

ライトアップされる公園。静寂を味わいながら過ごす夜。

岩惣 夜景観

出典:宿らん/岩惣

岩惣本館前庭。夜はライトアップされ、とても幻想的な雰囲気。神の島を感じる静けさです。

岩惣 部屋 布団

出典: 宿らん/岩惣

岩惣 部屋 布団

出典: 宿らん/岩惣

美味しい料理と温泉で癒されて、しっかり休めそうですね。しゃもじで作られている部屋札がかわいらしい。

和食の品々でもてなされる朝食。

岩惣 朝食会場

出典:宿らん/岩惣

朝食や昼食に利用できる新館レストラン「もみぢ」。ベランダからもみじ川が一望できます。運がいいと朝の散歩をする鹿の姿をみることもできるそうです。

岩惣 朝食

出典:宿らん/岩惣

朝食はビュッフェスタイルではなく、伝統的な和食のお膳です。写真は全てそろった状態ですが、焼物や御飯、お味噌汁など温かいものは着席後に運んでいただけます。

岩惣 朝食

出典: 宿らん/岩惣

たらこや昆布、梅干し、しらすなどご飯がすすむものがたくさん用意されています。

岩惣 朝食

出典: 宿らん/岩惣

卵焼きと焼魚はアツアツで運ばれてきました。出汁巻きはふわふわで、何個でも食べられそうな優しい味です。

岩惣 朝食

出典:宿らん/岩惣

温かいお豆腐も嬉しいですね。

岩惣 喫茶

出典:宿らん/岩惣

食後のコーヒーはそのままレストラン「もみぢ」で飲むこともできますが、別棟にあるカフェ「楓泉」に移動して頂くこともできます。

岩惣 朝食

出典: 宿らん/岩惣

このコーヒーがとにかく美味しいと評判です。ここから眺める公園の緑と岩惣の景色も素晴らしく、ゆっくりと過ごせます。

厳島神社へは歩いて3分ほどの距離というのは大変魅力的な立地で、今回は干潮時、満潮時、夜のライトアップとそれぞれの厳島神社と大鳥居を楽しめました。今度はもみじが紅葉する時期に訪れたいと思える宮島らしさを楽しめる宿でした。

出典:歴史を感じる建物と景観の良い露天風呂を楽しめる宿/岩惣

旅館のなかは、歴史的な調度品があちこちにあり、宿泊者名簿には著名人がずらり……格調高い宿であることがわかります。

出典:一生の思い出に残る宿/岩惣

終始丁寧で穏やかな応対に、うっとり。
お忙しいと思うのですが、どなたも、一言一言ゆっくりとわかりやすいご発言なのが、ご立派ですし、せわしない日常から解放されます。
また場所柄、海外からのお客も多いでしょう、英語での対応もかなりよい印象でした。

出典:もみじまんじゅう本家。/岩惣

岩惣 外観

出典:宿らん/岩惣

いかがでしたか?世界遺産の宮島の歴史と共に歩む老舗旅館。宮島における迎賓館の役割を果たしているともいわれる格式の高い名宿です。神の島とも呼ばれる宮島で、天然の温泉と美味しい料理とおもてなしの心によって、心身ともに癒されること間違いなしです。宮島に行かれるのであれば、岩惣に泊まって宮島の歴史にも触れる旅にされてはいかがでしょうか。

PAGE TOP