アルカナイズ 客室露天風呂

【arcana izu アルカナ イズ】全室露天付の本格オーベルジュ!3タイプの客室を徹底紹介

空室検索・最安値比較
から

オーベルジュとはフランス発祥の宿泊施設を備えたレストランのこと。中伊豆にある「arcana izu アルカナ イズ」もレストラン棟と各部屋のあるコテージだけのこじんまりとしたホテルです。客室は「スイート」「リバーウイングスイート」「リバーテラススイート」「リバービュースイート」の4タイプから選べます。今回は4タイプ中「スイート」以外の3タイプの客室を紹介していきますね。

渓谷に佇む伊豆のオーベルジュ「arcana izu アルカナ イズ」

アルカナイズの外観

出典:宿らん/アルカナイズ

アルカナイズは伊豆の修善寺から車で20分ほど。観光地からは離れた場所にひっそりと佇んでいます。周囲は住宅地で渓流沿いにあり、まさかこんなところにホテルがあるなんて!と知らない人はびっくりしてしまいそうです。それだけに特別感があり、「arcana izu アルカナイズ」を訪れるのが旅の目的という人がほとんど。豪華絢爛な設備はありませんが、豊かな自然と美味しい食事で十分と思える、上質な大人のための空間です。車を降りたらバトラーの案内で客室へ通されます。所謂ロビーはないので、チェックインは基本的に各々の部屋またはレストランで行うようです。まるで物語の主人公になったかのような洗練されたサービス・雰囲気に、これから始まる非日常への期待が膨らみます。

従業員の方のお出迎えだけでなく、バトラー犬も一緒にチェックインやチェックアウト時、車寄せに登場しました。大変大人しく入り口の隅に座っているだけでしたが、制服も着用しており、とても可愛かったです。

出典:源泉掛け流しの客室露天風呂と食事の両方を楽しめるオーベルジュ/アルカナイズ

周辺には普通の住宅もあるエリアでありながら、奇跡の立地というか、敷地に入ってクルマを降りた瞬間から特別な時間が始まります。

出典:自然の中で時間を停めて恋人と向き合えるオーベルジュ/アルカナイズ

arcana izu アルカナイズのリバーウイングスイート

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

まず初めにご紹介するのは「リバーウイングスイート」の客室。こちらの階段を上がって2階まで行きます。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

それでは早速中に入ってみましょう。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

こちらが玄関口。こちらには、履物を脱いだり履いたりするための椅子が用意されています。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

玄関から入って、主室とは反対側の方に、クローゼットと貴重品ボックスがあります。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

こちらには、防寒対策のための毛布も置かれています。

アルカナ イズ リバーウイングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

リバーウイングスイートは広さ約75平米。リビングとベッドルームが一体化していて開放感がありますね。窓も大きく取られており外の景色を気持ちよく眺められます。ベッドにいてもソファーに座っていても外の景色を楽しめるのはいいですね。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

部屋には時計もテレビもなく、BOSEのCDプレイヤーがあるのみ。リビング一面の大きな窓からは、対岸の森とその間を流れる川しか見えず、景色の中に有機物がありません。バルコニー・デッキには部屋付きの露天風呂。着衣なく外に出ても、誰に見えることすらなく、自然と一体となりながらSPAが楽しめます。

出典:自然の中で時間を停めて恋人と向き合えるオーベルジュ/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

ハリウッドツインのベッドが2台、2人掛けのソファーなど家具は大きめでしたが、客室の1面がガラス貼りになっており、全く窮屈さを感じません。ソファーやベッド、どの場所にいながらでも景色を楽しむことが出来ました。

出典:源泉掛け流しの客室露天風呂と食事の両方を楽しめるオーベルジュ/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウイングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

ベッドタイプはハリウッドツイン。ベッドとベッドの間は一般的には離されていますが、こちらはベッドの間が初めからくっつけられているタイプになります。カップルに嬉しいタイプですね。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウイングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

大きめのソファーに座りながらもゆったりと外の景色を楽しめます。窓側に向けられているのが良いですね。内装も全体的におしゃれですね。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

客室にはCDプレイヤーが設置されているのみで、テレビなど時間を感じさせる物は一切ありませんでした。プロジェクターは1日2000円で借りることが出来ます。大人の塗り絵をしたり、レゴブロックをレンタルして作ったりといつもとは違う過ごし方も楽しいと思いました。

出典:源泉掛け流しの客室露天風呂と食事の両方を楽しめるオーベルジュ/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

デスクワークがあります。ちょっとだけ仕事をしたい時にも便利ですね。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

デスクワークの下の扉を開けると冷蔵庫があります。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

なんと冷蔵庫内のドリンクは無料です。この土地にちなんだ飲み物もあるようです。せっかくなので、いただいておきましょう。

冷蔵庫内のドリンクは無料サービスでした。珈琲セットもあります。ルームサービスも充実していました。こちらのホテルは食事が美味しいので、ルームサービスも期待出来そうな内容になっていました。

出典:源泉掛け流しの客室露天風呂と食事の両方を楽しめるオーベルジュ/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

部屋の奥に洗面所があります。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

洗い場は二つあり、鏡も広々です。2人で仲良く使えますね。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

洗面所に入って左側にトイレ。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

右側にはシャワールームがあります。

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウイングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

こちらの客室には幅10メートル程のウッドテラスがついており、ここに客室露天風呂もついています。お湯は源泉掛け流し。プライベートな空間を存分に楽しめる贅沢な空間です。

アルカナ イズ リバーウイングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

狩野川が一望できるバルコニーにはデッキチェアも用意されているので、森と渓流を眺めながらゆったりと寛げます。

出典:源泉掛け流しの客室露天風呂と食事の両方を楽しめるオーベルジュ/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

川に沿って広々としたバルコニーが備えられ、幅10mの中に造られた客室露天風呂は、とても開放感がありました。

出典:源泉掛け流しの客室露天風呂と食事の両方を楽しめるオーベルジュ/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウィングスイート

出典:宿らん/アルカナイズ

川の流れる音が大きいので、他の客室からの話声などは全く聞こえませんし、余分な物が一切気になることなく温泉と景色だけを満喫しました。

出典:源泉掛け流しの客室露天風呂と食事の両方を楽しめるオーベルジュ/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーウイングスイートからの眺望

出典:宿らん/アルカナイズ

露天風呂からは目の前に流れる狩野川を見ることもできます。川のせせらぎに耳を澄ませながら、源泉掛け流しのお湯を愉しめるなんて最高ですね!

arcana izu アルカナイズのリバーテラススイート

アルカナ イズ リバーテラススイート

出典:宿らん/アルカナイズ

お次に紹介するのは広さ55平米のリバーテラススイート。リバーウイングスイートより少し狭くなりますが、それでも十分な広さの客室と言えるでしょう。

アルカナ イズ リバーテラススイート

出典:宿らん/アルカナイズ

先程と同様、ベッドはハリウッドツインタイプ。

アルカナイズ リバーテラススイート

出典:宿らん/アルカナイズ

アルカナ イズ リバーテラススイート

出典:宿らん/アルカナイズ

ソファーからは美しい自然を目の前に観ることができます。この写真は8月に撮影されたものです。美しい緑の景色を楽しみたい人は、夏のステイがおすすめです。左側に露天風呂の姿も見えていますね。

アルカナイズ リバーテラススイート

出典:宿らん/アルカナイズ

絵に描いたような美しい景色が目の前に広がります。

アルカナイズ リバーテラススイート

出典:宿らん/アルカナイズ

下には緑溢れる渓谷を眺められます。

アルカナイズ リバーテラススイート

出典:宿らん/アルカナイズ

ソファーのある方とは反対側に、洗面所があります。リバーウィングスイートと違い、シンクは一つです。

アルカナイズ リバーテラススイート

出典:宿らん/アルカナイズ

洗面所から見て手前に、シャワールームがあち、奥に露天風呂があります。シャワーを浴びている時に、風に当たらないので、冬でも寒くなることはないですね。

アルカナ イズ リバーテラススイート

出典:宿らん/アルカナイズ

こちらが奥に見えていた露天風呂です。大自然を感じながら泉質の良いお湯を楽しめます。メンテナンスも行き届いていて、清潔感もあって良いですね!

アルカナイズ リバーテラススイート 風呂

出典:宿らん/アルカナイズ

天井も高く開放感があります。一面ガラス張りの外には木々が生い茂り、テラスに置かれた露天風呂からは、緑溢れる渓谷を眺められます。

出典:渓谷に佇む伊豆のオーベルジュ/アルカナイズ

arcana izu アルカナイズのリバービュースイート

アルカナイズの部屋

出典:宿らん/アルカナイズ

こちらは広さ51平米のリバービュースイート。部屋に入ってすぐ、目の前の大きな窓からの景色に圧倒されます。美しい渓谷の緑とブラウンを基調とした落ち着いた室内とのコントラストには思わず声が出てしまいます。

3階のお部屋を利用しましたが、目の高さに鳥が飛んでいるのを何度も目にすることができ、鳥が飛んでいる姿を上から眺めることもできます。

出典:野鳥好きにもオススメの自然に癒されながら美味しい野菜を楽しめる宿/アルカナイズ

アルカナ イズ リバービュースイート

出典:宿らん/アルカナイズ

レンガのような内装もおしゃれですね。部屋全体の色に統一感があり落ち着きのある部屋となっています。

アルカナイズの部屋

出典:宿らん/アルカナイズ

左側に露天風呂が見え、右側にウォークインクローゼットが見えます。

ウォークインクローゼットに荷物や洋服をすべて収めることができるため、滞在中は常に部屋をすっきり片づけることができたのも快適に過ごせた理由だと思います。

出典:野鳥好きにもオススメの自然に癒されながら美味しい野菜を楽しめる宿/アルカナイズ

アルカナイズの部屋

出典:宿らん/アルカナイズ

全ての客室に必要最低限のアメニティはあらかじめ用意されています。シャンプーやコンディショナーなどは環境に配慮されたものを使用しており、自然と調和するホテルという印象を強く受けます。その他に必要なものがあれば、ルームサービスでお願いできます。

アルカナイズの客室露天風呂

出典:宿らん/アルカナイズ

景色を望みながらの入浴はとても開放感があります。大きな柱で仕切られプライバシーには配慮されていますのでご安心ください。

アルカナ イズ リバービュースイート

出典:宿らん/アルカナイズ

洗面所にアヒルが置いてあったので、使いたい方は浮かせておきましょう。なんだかほっこりしますね。

アルカナイズ お絵かきセット(水彩画セット)

出典:宿らん/アルカナイズ

実はお部屋にはオーディオのみでテレビがありません。読書をしたり、絵を描いたりとゆっくりとした時間を過ごせます。もちろん冷蔵庫内の飲み物や珈琲はフリー。この日ばかりは携帯の電源もオフにして、贅沢な時間を楽しんでくださいね。

オーベルジュの名に恥じない絶品ディナー

アルカナイズの景色

出典:宿らん/アルカナイズ

夕暮れも素晴らしいです。周辺集落から漏れる光、川の流れる音、まるで時間が止まったかのようです。

アルカナイズの夕食

出典:宿らん/アルカナイズ

日も暮れ辺りが暗くなったころ、お待ちかねの夕食です。食事も魅力のオーベルジュ、レストランは活気のあるオープンキッチンです。すべての席から外が眺められるようになっており、客室同様、雰囲気抜群です。

アルカナイズの夕食

出典:宿らん/アルカナイズ

ミシュランで星を獲得したレストラン出身のシェフによる、創作フレンチです。地産地消をコンセプトに、こだわりの素材を使用し繊細な味付けを施した料理は、一皿一皿丁寧に盛り付けられています。見ても食べても、思わず笑顔になってしまいます。

使われている食材も一級品でアミューズからデザートに至るまで、どのお皿も素晴らしく、何度も「美味しい!」と口に出してしまいました。

出典:渓谷に佇む伊豆のオーベルジュ/アルカナ イズ

地産地消をコンセプトに、野菜、肉、鮮魚に至るまで伊豆の食材を中心に、ひとつひとつの食材に、食材本来のチカラがあります。独創的でありながら正統派を外れない、最高のフレンチが味わえます。

出典:自然の中で時間を停めて恋人と向き合えるオーベルジュ/アルカナ イズ

アルカナイズの夕食

出典:宿らん/アルカナイズ

名物のサラダ「伊豆の輝き」。伊豆の自然が育んだ、彩り豊かな野菜たちが全部で60種類。素材本来の色や香り、味など大地の恵みが存分に味わえます。メインは肉料理、魚料理ですが、このサラダも影のメイン料理といっていいほどに素晴らしい料理です。

アルカナイズの夕食

出典:宿らん/アルカナイズ

メインのお肉は猪、小鳩、伊豆牛から選べます。せっかくの機会なのでジビエ料理にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。素材の新鮮さ、味付けなどにシェフの腕が試される一品ですが、さすが臭みもなく、ちょっと苦手という人でも美味しく食べることができます。

アルカナイズの夕食

出典:宿らん/アルカナイズ

ボリュームもあり、目でも舌でも楽しめる夕食。加えてサーブのタイミング、料理の説明、シェフとの会話などサービス面も素晴らしいです。オーベルジュの名に恥じないレストランです。

arcana izu アルカナイズの朝食

アルカナイズの朝食

出典:宿らん/アルカナイズ

朝食も夕食同様に、見ても食べても満足できる内容です。嬉しいことに8時から11時まで30分刻みで指定できます。鳥のさえずり、柔らかな朝の光を感じながら起きた後も、ゆっくりとした時間を過ごせます。

アルカナ・イズは一般的なホテルと比べるとチェックアウト時刻が遅めで、通常のプランの場合は13時です。朝食も8時~11時の間を予約でき、比較的ゆったりとしています。緑の中で迎える朝の目覚めはとても気持ちがよく、普段よりゆっくりと寝ていられるよう配慮されたのではないかと思います。

出典:渓谷に佇む伊豆のオーベルジュ/アルカナイズ

アルカナイズの朝食

出典:宿らん/アルカナイズ

遊園地に見立てたフレンチの朝食は、今まで味わったことのない美味しい物ばかりでした。舌で楽しめるのは勿論のことですが、これほどまでに見た目にもこだわりを感じ、楽しめる朝食は他で体験したことがありません。普段は和食の朝食を好む彼ですが、今回は何度も美味しいと繰り返しながら完食していました。

出典:源泉掛け流しの客室露天風呂と食事の両方を楽しめるオーベルジュ/アルカナイズ

夜になると川のせせらぎ以外の全ての音がなくなり、まるで時間が停まったよう。自分自身と、また恋人と、心ゆくまで向き合える最高の空間です。SPAを何度も楽しみながら、ゆっくりとした夜を過ごした翌朝の朝食は見事なまでに工夫された、新鮮かつ健康的な組み合わせ。1年分の活力をもらえるオーベルジュです。

出典:自然の中で時間を停めて恋人と向き合えるオーベルジュ/アルカナイズ

24時間専属のバトラーさんがおられ、どんな些細なことでもすぐに気づき、対応して頂けます。自然に囲まれながら源泉掛け流しの露天風呂を堪能したり、美味しい料理をシェフとの会話を楽しみながら頂いたりと楽しい時間を過ごすことが出来ました。季節ごとに料理のテーマが変わるので、そのたびに訪れたいと思えるホテルでした。

出典:源泉掛け流しの客室露天風呂と食事の両方を楽しめるオーベルジュ/アルカナイズ

利用した日には、50代前後のカップルが多くみられ、みなさんゆっくりお食事を楽しまれていました。ゆっくり食事を楽しみたいカップルや美味しい野菜を絶妙な味付けで頂きたい方には特にオススメしたい宿です。

出典:野鳥好きにもオススメの自然に癒されながら美味しい野菜を楽しめる宿/アルカナイズ

いかがでしたか?デジタルデトックスという言葉もあるように、テレビや携帯、PCなどから解放され、趣味や大切な人との時間に没頭してみてはいかがでしょう。「arcana izu アルカナイズ」は都会の喧騒を忘れ、何もしない贅沢な時間を過ごす非日常空間。美味しい食事、素晴らしい景色とサービスを体感しにぜひ訪れてみてください。

arcana izuに関連する記事
伊豆・修善寺でおすすめの高級旅館7選!

基本情報

■住所:静岡県伊豆市湯ヶ島1662
■アクセス
○車の場合
東名高速沼津ICから、駿河湾環状道路で修善寺まで約30分。修善寺より約20分。
(東京~沼津IC 約60分)
○電車の場合
・東京 – 三島  約60分。
・新大阪 – 三島 約180分。
三島駅から伊豆箱根鉄道で修善寺駅下車、修善寺駅よりお車で約20分。

公式サイトはこちら
詳細な口コミはこちら
料金:2食付 ¥49,500~¥150,000 (最安値料金比較は上の緑色リンクをクリック)

PAGE TOP