三連水車の里 あさくら

日帰りでも泊まりでも魅力がいっぱい!原鶴温泉のおすすめ観光スポット4選

九州の玄関口である福岡市内から約1時間という近さでありながら、筑後川や溢れる自然に抱かれた原鶴温泉。博多の奥座敷とも呼ばれ県内のみならず、幅広い地域からの旅行客で賑わう温泉地です。今回は、日帰りでも泊まりでも魅力がいっぱい!子供から大人まで楽しめる原鶴温泉のおすすめ観光スポット4選をご紹介します。

三連水車の里 あさくら

三連水車の里 あさくら

出典:gtknj

朝倉三連水車

出典:gtknj

原鶴温泉の観光地として有名なのが三連水車の里。大迫力の水車の悠々とした動きは見ているだけで清涼感があります。また、三連水車の里あさくらには、水車公園も併設されており、水遊びができる水路や広々とした芝生公園でこどもも元気いっぱい遊ぶことができますよ。

#三連水車#朝倉

A photo posted by Toru Murata (@murapi01) on

農産物直売所では、新鮮な野菜・果物はもちろん、手作りのお弁当・惣菜・パン・和菓子なども販売されていますので、お昼ごはんやおみやげにもぴったりです。四季折々の食材が揃っているので季節ごとの美味しさが味わえます。

キリンビール福岡工場

数年ぶりにやって来ました。 1000万本のコスモス‼︎

A photo posted by YUKARI (@mocchie_1105) on

キリンビール福岡工場には一面に広がる「キリン花園」。約7haの敷地内には、季節になるとコスモスが約1,000万本が咲き乱れ、一度訪れた人はあまりの見事さに何度も訪れるほど。なんと無料で開放されており、原鶴温泉周辺の観光地として人気のスポットなので、期間中は多くの人で賑わいます。

花畑を堪能した後は、ビールで乾杯!九州で飲まれているキリンビールのほとんどが生産されているといわれるキリンビアファーム。こどもの思い出作りにぴったりの工場見学ができるほか、お父さんもうれしい出来立てのビールの試飲もありますので家族みんなで楽しめますよ。

筑後川の鵜飼

肌寒い。 原鶴の花火大会。 #原鶴花火大会 #鵜飼い #ビール #夕日 #テキ屋

A photo posted by ikumi (@iiikumiii_m) on

原鶴温泉の鵜飼は、現在原鶴温泉を含め、全国で13ヶ所でしか見ることができないと言われている貴重な伝統漁法。悠々と流れる筑後川の鵜飼いは、国内で唯一「魚を捕る鵜飼」が実施されており、鵜が豪快に魚を飲み込むところを間近で見ることができるツアーが企画されています。原鶴の鵜飼は、鵜舟のまわりを屋形船が取り囲んで一団となり川を下って行くのが特徴。迫力のある鵜匠の巧みな手縄さばきをじっくり堪能することができますよ。

道の駅原鶴・ファームステーションバサロ

A photo posted by 佐伯たまご (@saek4) on

その日の朝採れた新鮮な野菜やくだものが豊富に揃った道の駅「原鶴」ファームステーションバサロ。手作りの加工品も取り揃えられた、“生産者の顔”が見える直売所として人気の高いスポットです。

お野菜いっぱい♫

A photo posted by Shinsuke "元アフロヘヤ" Kawano (@4444i4444) on

活気ある店内。新鮮な果物や野菜が観光客を迎えてくれます。人気の柿アイスクリームや柿酢などの加工品はもちろん、伝統の竹細工や地元の魅力が伝わる四季折々の品々が並びます。さらにフードコートバサロでは焼きたてのパンを味わうこともできますので、旅の途中、ちょっぴり小腹を満たしたい時にもぴったりですね。

今日は休日出勤で、原鶴で偶然出会った菜の花畑♪( ´▽`)一面菜の花でした♫

A photo posted by Kengo Noma (@djkengo) on

バサロのもうひとつの魅力は、約1.6haの畑に広がる花畑。2月には菜の花が約80万本咲き乱れます。菜の花の季節には、菜の花の摘みとりや菜の花スープの試食会などのイベントも催されているそうですよ。

9月になると国道386号線沿いバサロの向かい側にあるひまわり園では、ひまわりが約16万本咲き誇り圧巻の景色を楽しむことができます。見頃時期は毎年9月中旬~下旬となっていますので、夏の終わりから秋にかけてのドライブに出かけてみてはいかがでしょうか?

自然溢れる原鶴温泉の観光スポットはいかがでしたか?四季折々に見ごろを迎える花々の他、新鮮な野菜や果物が観光客を迎えてくれますので、どの季節に訪れても楽しむことができますね。ぜひドライブに、小旅行に原鶴温泉を訪れてみてください。ほっこり心和む時間が待っていますよ。

PAGE TOP