柊家別館の外観

【柊家別館】極上の京懐石料理が味わえる静かで贅沢な宿

空室検索・最安値比較
から

柊家旅館といえば、俵屋旅館炭屋旅館と並ぶ京都の三大老舗旅館のひとつ。1818年創業の格式ある旅館で、上質のおもてなしと洗練された数寄屋建築が満喫できる京都の高級旅館として高い知名度を誇っています。今回紹介する柊家別館は、その名が示す通り、柊家旅館の別館という位置付けの宿。別館とはいえ、本家顔負けの格調高い外観には、京都で培われてきた伝統建築の美がしっかりと刻まれています。風格漂う柊家別館の門構えを見ると、敷居が高いと感じてしまう人もなかにはいるでしょう。とはいえ、柊家別館の最大の魅力は、リラックスして気軽に贅沢な時間が過ごせること。誰にも気兼ねせず、のんびりと羽を伸ばしたい人にぴったりの環境が整っているのです。柊家別館とは、はたしてどんな宿なのでしょうか。その見どころをお伝えします。

閑静な路地に建つ柊家別館

柊家別館の表門

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館は、御池通を南北に貫く御幸町通の北側にある宿。複数の駅から歩いてアクセスすることができ、もっとも近い地下鉄東西線の京都市役所前駅からの所要時間はおよそ7分。駅のゼスト御池出入口10番から御幸町通を北に進み、押小路通を越えたところに位置しています。地下鉄烏丸線の烏丸御池駅からは歩いて約12分。1番出口を出て御池通を東に直進し、北に入る御幸町通を左折すると宿が見えてきます。また、15分ほどかかるものの、京阪本線の三条駅から歩いて宿に向かうことも可能。三条大橋を渡って西に進み、御幸町通を右折すると御池通に行き当たります。柊家別館が面して建つ御幸町通は、静かで穏やかな空気に包まれた趣深い路地。風情あふれる京の雰囲気がたっぷり味わえる眺めとなっています。

柊家別館の玄関へのアプローチ

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の玄関

出典:宿らん/柊家別館

格式が感じられる表門をくぐると、詩情に富んだ石畳のアプローチが玄関まで続いています。古きよき路地景観が、訪れる人を温かく静かに迎えてくれるでしょう。アプローチには植栽と石からなる庭が設えられており、風趣漂う和の装いを見事に演出しています。

柊家別館のラウンジ

b7cd9a215b27b8046bcdfdd1f30b1ac3

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館のフロント

出典:宿らん/柊家別館

格子戸になった玄関の先は、フロントがあるロビースペース。玄関から1段上がった左側がフロントです。ここから客室までは、宿の方に案内していただけます。

柊家別館のラウンジ

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館のラウンジ

出典:宿らん/柊家別館

上の画像はロビー階にある共有ラウンジ。純和風の外観や玄関とは装いが異なり、和モダン調のインテリアデザインとなっています。ソファーが置かれており、憩いの場として利用することもできるでしょう。

柊家別館のラウンジ

出典:宿らん/柊家別館

ラウンジの隅にはノートパソコンが設置されています。

柊家別館の廊下・階段

柊家別館の階段

出典:宿らん/柊家別館

客室へと通じる階段や廊下は、古風な意匠が随所に施された空間。味わい深い色合いの柱や壁が、いかにも京都らしい情緒を醸し出していますね。

柊家別館の廊下

出典:宿らん/柊家別館

廊下には建材として竹が取り込まれており、その艶やかな色調が和の空間とよくマッチしています。

柊家別館の客室・6帖和室の入口付近

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館にある全14室の客室はすべて和室。今回お見せするのは、1階にある6帖の和室です。上の画像は入口を入ったスペースで、正面に見える引き戸の先が客間。引き戸の左側にある扉は押入れです。客間までの内廊下には、専用のスリッパが用意されています。

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

上の画像は、客間の引き戸から内廊下を眺めたもの。ノブが付いた白いドアが客室の入口で、その横にある木戸はトイレになっています。

柊家別館の客室のトイレ

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の客室のトイレ

出典:宿らん/柊家別館

トイレは個室で、洗浄機能付きです。通常、多くの旅館では、トイレと洗面台は隣り合っているでしょう。一方、柊家別館の6帖和室の洗面台は、客間の奥にある広縁に設置されています。

6帖和室の客間

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

純和風の室内装飾が施された客間。奥にある広縁とは障子で仕切られています。

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

壁はモノトーンですが、その簡素な色使いが落ち着きのある雰囲気を生み出していますね。

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

座敷飾りは床の間で、違い棚や付け書院といった装飾はありません。一幅の掛け軸と花瓶のみという、シンプルながらも味わい深い眺めです。

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

床の間の横にあるのは、テレビ・冷蔵庫・空気清浄機などの備品。和の装いを乱さないという心遣いからか、テレビには布が掛けられています。なお、客室にセキュリティボックスは置かれていないので、貴重品の取り扱いには注意しましょう。冷蔵庫は後ほどお見せします。

6帖和室の広縁と洗面台

柊家別館の客室の広縁

出典:宿らん/柊家別館

広縁にはテーブルセットが置かれているので、くつろぎのスペースとして利用することも可能。窓越しに見えるのは、柊家別館に隣接する建物です。

柊家別館の客室の広縁

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の客室の広縁

出典:宿らん/柊家別館

広縁の端にあるのはタオル掛け。洗面台はテーブルを挟んだ反対側という位置関係です。

柊家別館の客室の洗面台

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の客室の洗面台

出典:宿らん/柊家別館

大きめの鏡が取り付けられた洗面台。イスも付いているので、使い勝手がよさそうです。

柊家別館の客室の洗面台

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の客室の洗面台

出典:宿らん/柊家別館

洗面台にあるアメニティは、歯ブラシ・ヘアブラシ・男女別の基礎化粧品など。男性用にはシェービングフォーム・アフターシェーブローション・ヘアトニック、女性用には化粧水や乳液などが用意されています。

柊家別館の客室の洗面台

出典:宿らん/柊家別館

ドライヤーは壁掛け式ではなく、プラグ式です。

6帖和室の収納スペース

柊家別館の客室の収納スペース

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の客室の浴衣

出典:宿らん/柊家別館

収納スペースは客間の扉から入った左手。コンパクトなスペースで、なかには浴衣一式が置かれています。

6帖和室のドリンク・フードサービス

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

宿の方の案内で客間に通されると、歓迎のお茶と和菓子がいただけます。和菓子は「朧月」、急須に入っているのはほうじ茶です。

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

なお、6帖和室にはポットとお茶のセットがなく、時機を見て仲居さんがお茶を入れてくれます。自分でお茶を用意したい人は、仲居さんに問い合わせてみましょう。

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

冷蔵庫があるのは床の間の横。冷蔵庫の上にはグラスのほか、柊家の地ビールについての案内があります。上面発酵の製法で作られた地ビールで、独特のコクが楽しめるとか。関心のある人は、ぜひ試してみましょう。

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

冷蔵庫にある飲み物は充実した品ぞろえ。瓶ビール・缶ビール・冷酒・ソフトドリンクなどが入っています。

柊家別館の家族風呂① 木の湯船

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館ではどの客室にも浴室はなく、4つある貸し切りの家族風呂を利用することになります。家族風呂のタイプは、2つが木の湯船で、残りの2つがタイル張りの湯船。利用時間は、到着日が16時~24時、翌朝が5時~8時半です。どのお風呂も予約制ですが、空いていれば、何度でも制限時間なしで利用が可能。風呂番の方がいて、準備ができ次第、客室に電話をかけてくれます。今回は、3つの家族風呂を紹介しましょう。上の画像は、木の湯船がある家族風呂の脱衣所です。

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

脱衣所には、客室の洗面台とおなじアメニティがそろっています。また、タオル類も用意してあるので、手ぶらで家族風呂に行っても困ることはないでしょう。

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

木の湯船は1人用のサイズ。2人では手狭に感じられるかもしれません。

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

洗い場には、洗顔料とシェービングフォームにくわえ、柊家のオリジナルボトルに入ったボディソープ・シャンプー・トリートメントが置いてあります。ボディソープはフローラル系で、シャンプーとトリートメントでは森の香りが楽しめるでしょう。

柊家別館の家族風呂② 木の湯船

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

2つ目の家族風呂の脱衣所は、温もりが感じられる壁板の効果で明るい感じになっています。こちらのアメニティも、客室のものと共通です。

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

湯船と洗い場は、2人で利用するのに適した広さ。湯船も1つ目のタイプより大きめの作りになっています。

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

複数人で利用することを想定しているからでしょう、洗い場のシャワーは向き合う形で2か所設けられています。

柊家別館の家族風呂③ タイル張りの湯船

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

タイル張りの家族風呂でも、脱衣所には広いスペースが確保されています。

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

タイル張りの湯船はジェットバス機能が付いたタイプ。旅の疲れを癒すのに打ってつけのお風呂と言えるでしょう。湯船はさらに大きめで、3人でお湯に浸かっても窮屈な感じはしないでしょう。

柊家別館の家族風呂

出典:宿らん/柊家別館

洗い場にあるシャワーは3つです。

柊家別館の夕食

柊家別館の夕食

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の夕食

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館は、趣向を凝らした京風懐石料理でも高い評価を得ている宿。夕食と朝食、どちらも客室でいただきます。旬の食材をふんだんに用いた料理はどれも彩りに満ち、繊細な仕上がり具合。古都の四季を切り取ったような、華やかな料理がテーブルを飾ります。ここでお見せするのは10月の料理の一端。上の画像は前菜で、盛り付けにも優れた意匠が感じられますね。

柊家別館の夕食

出典:宿らん/柊家別館

京料理らしく、椀物はさっぱりとした風味。それでいて、心が和むような深い味わいがあります。

柊家別館の夕食

出典:宿らん/柊家別館

一目見たかぎりでは、何が盛られているのか判然としない上の画像。実はヒラメのお造りで、雲子のソースがかかっています。

柊家別館の夕食

出典:宿らん/柊家別館

海老芋はから揚げでいただきます。サクッとした衣ともっちりした海老芋が、絶妙の食感を生み出しています。

柊家別館の夕食

出典:宿らん/柊家別館

こちらは、このわたがかけられた玉子豆腐。このわた独特の風味が、素朴で優しい玉子豆腐の味わいに広がりを与えています。

柊家別館の夕食

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の夕食

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の夕食

出典:宿らん/柊家別館

シンプルなご飯・赤出汁・香物のセットも、1品1品が高い完成度。ご飯は土鍋炊きで、お代わりもできます。

柊家別館の夕食

出典:宿らん/柊家別館

デザートは季節のフルーツです。

就寝前のサービス

柊家別館の客室

出典:宿らん/柊家別館

布団が敷かれる際には、ほうじ茶に加え、お湯と冷水が入ったポットも用意してもらえます。食後にゆったりと過ごしたい人にとっては嬉しい心づくしですね。

柊家別館の客室

布団の枕もとには、行燈風の照明が置かれています。風流な気持ちになれる粋な空間演出です。

柊家別館の朝食

柊家別館の朝食

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館では、朝食に先立ち、冷水・煎茶・梅干しのサービスを受けることができます。

柊家別館の朝食

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の朝食

出典:宿らん/柊家別館

朝ごはんも和食の献立。和朝食の定番料理が並んでいますが、よく見ると、1品1品丁寧に仕上げられていることが分かります。

柊家別館の朝食

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の朝食

出典:宿らん/柊家別館

煮物・お豆腐・お漬物も、おばんざい風のあっさりとした後味。口いっぱいに優しい風味が広がります。

柊家別館の朝食

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の朝食

出典:宿らん/柊家別館

柊家別館の朝食

出典:宿らん/柊家別館

夕食のご飯は土鍋炊きでしたが、朝食では釜炊きのご飯がいただけます。土鍋と釜、2通りの炊き方でご飯が楽しめる計らい。朝と夕で、それぞれ異なるお米の色艶と食感が堪能できるでしょう。

柊家別館と聞くと、どうしても老舗の柊家旅館が頭に思い浮かんでくる人もいるでしょう。柊家旅館は、京都にある老舗旅館御三家のひとつ。そう考えると、「まずは柊家旅館ありき」という考えになっても仕方ないですよね。とはいえ、疑うべくもなく、本家に勝るとも劣らない情趣あふれる空間が、柊家別館に広がっていることもまた事実。肩肘張らずにゆったりリラックスして過ごせる点では、柊家旅館と比べてもまったく遜色がない贅沢な旅館なのです。観光に便利な立地にありながらも、静寂に包まれた路地にある柊家別館。古きよき古都の雰囲気を味わうには、ぴったりの旅館と言えるでしょう。

PAGE TOP