空室状況・価格比較
チェックイン
から
泊数
人数
王ヶ頭ホテルの大浴場

【王ヶ頭ホテル】美ヶ原の絶景を満喫!標高2034mの山頂に鉄塔と並んで建つホテル

豊かな自然に恵まれた長野県の美ヶ原。標高2,034mの王ヶ頭を筆頭に、王ヶ鼻や茶臼山など、2,000m級の名峰がそびえる長野県有数の高山リゾート地として知られています。今回紹介するのは、王ヶ頭の頂に建つ王ヶ頭ホテル。「雲上のリゾート」とみずから銘打っている通り、気象条件によっては眼下に雲海が発生するホテルで、晴れた日には、日本アルプスをはじめとする山々を遠くまで見渡すことができます。展望テラスあり、屋上展望台ありと、とにかく絶景には事欠かない王ヶ頭ホテルですが、夕食で味わえる和洋折衷のコース料理も絶品。恵まれた眺望とグルマンをもうならせる美食が同時に楽しめるなら、俄然どんなホテルなのか興味が湧いてきますよね。訪れる人を魅了して止まない、王ヶ頭ホテルの見どころをお伝えしましょう。

王ヶ頭の頂にある雲上のホテル

王ヶ頭ホテルの遠景

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの遠景

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

美ヶ原の最高峰・王ヶ頭。その山頂に建つ王ヶ頭ホテルを遠景で初めて見る人は、誰もがその異様ともいえる光景に驚くことでしょう。山頂に見えるのはホテルではなく、天を突き刺さんばかりに屹立する鉄塔の数々。実は、この鉄塔と並んで建っているのが王ヶ頭ホテルなのです。「どうしてこんなところにホテルが?」と不思議に思う人もいるでしょうが、王ヶ頭の周辺は、美ヶ原を代表する名所が多く集まっているところ。王ヶ頭ホテルでの滞在と合わせ、美ヶ原高原美術館・美ヶ原牧場・美しの塔など、魅力的な観光スポットめぐりも楽しめます。

王ヶ頭ホテルへのアクセス・電車利用の場合

王ヶ頭ホテルのシャトルバス

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

電車で王ヶ頭ホテルへアクセスする際には、JR中央線の松本駅から無料の送迎サービスを利用することができます。利用にあたっては前日までに予約が必要で、送迎バスの乗り場は、駅の東口から3分ほど歩いたところにある松本駅前送迎待合所。出発時刻は14:30で、ホテルには16:00に到着します。

王ヶ頭ホテルへのアクセス・自家用車利用の場合(夏季)

王ヶ頭ホテルの外観

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの周辺は自然保護区域。自家用車での立ち入りが制限されているため、「山本小屋ふる里館駐車場」か「美ヶ原自然センター駐車場」のいずれかに自家用車を止め、無料送迎バスでホテルへ移動することになります。山本小屋ふる里館駐車場へは、長野自動車道の岡谷ICから国道142号線とビーナスラインを経由しておよそ50分。送迎バスの運行時間は15:00~17:30で、30分おきの出発です。一方、美ヶ原自然センター駐車場へは、松本ICと梓川サービスエリアスマートICの2ヶ所からアクセスが可能。松本ICからは国道158号線と一般道を経由しておよそ65分、梓川サービスエリアスマートICからは美ヶ原スカイラインを経由しておよそ50分の道のりです。美ヶ原自然センター駐車場からの送迎バスは、14:00以降から利用が可能。松本市内からホテルに電話をかけると、送迎バスを手配してもらえます。

王ヶ頭ホテルへのアクセス・自家用車利用の場合(冬季)

王ヶ頭ホテルのエントランス

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

11月24日~4月21日は冬季の交通規制が敷かれ、利用できる駐車場は「美鈴湖駐車場」だけになります。梓川サービスエリアスマートICから美鈴湖駐車場までは国道254号線を経由して約20分、松本ICからは国道158号線・19号線・254号線を乗り継いで約30分です。

階段を上って2階にあるロビーへ

王ヶ頭ホテルのフロント

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

エントランスとフロントがあるのは、階段を上がったホテルの2階部分。フロントは和モダン調のデザインになっており、まずはここでチェックインを済ませます。

王ヶ頭ホテルのロビー

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルのラウンジ

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

フロントに併設されているのは、ソファーやテーブルが置かれたロビーラウンジ。また、2階には写真集や観光関連の書籍がそろうフリースペースもあり、和みの場として利用することができます。

王ヶ頭ホテルの展望テラス

王ヶ頭ホテルの展望テラス

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの展望テラス

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

標高2,000mを越える高さにあるため、王ヶ頭ホテルには絶景が満喫できるスポットが多数設けられています。そのうちのひとつが展望テラス。眼下に広がる美ヶ原の風景を眺めながら、コーヒーやソフトドリンクが味わえます。

王ヶ頭ホテルの屋上展望台

王ヶ頭ホテルの屋上展望台

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの屋上展望台

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

さらに壮観な眺望が楽しめるのは、屋上展望台。外付けになった鉄製の階段を伝っていく展望台で、深い谷やホテルの周囲に建つ鉄塔を眺めることができます。

王ヶ頭ホテルの客室・東館和室(東向き)

王ヶ頭ホテルの客室

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの客室

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの客室はスイートと一般客室に大別され、スイートは3タイプ、一般客室は和室・洋室・和洋室・展望風呂付客室・特別室の5タイプに分かれています。今回紹介するのは東館にある一般客室の和室で、1枚目の画像は客間の奥から入口付近を見た眺め。正面のドアが入口で、通路の先に客間があるという間取りになっています。客間の広さは8畳で、定員は2名~4名です。

王ヶ頭ホテルの客室

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

窓から見えるのは美ヶ原に広がる大自然。ソファーに腰掛けて、ゆっくりと眺望が楽しめます。眺望については、後ほど紹介しましょう。

王ヶ頭ホテルの客室・テレビ周辺

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

客間にある備品は、テレビや電話といった必要最小限のアイテムのみ。無料でいただけるドリンクは、通路付近のラックに用意されています。

東館和室からの眺望

王ヶ頭ホテルの客室からの眺め

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

一般客室の和室と和洋室は東館と南館に分かれ、東館から見える眺望は、客室が面する方向によって異なってきます。お見せしている和室は東向きで、晴天の日には、八ケ岳・浅間山・赤城山・蓼科山・富士山といった名峰を一望することが可能。西向きの客室から見えるのは乗鞍岳・御嶽山・北アルプスなどですが、視界に鉄塔が入ることになります。一方、南館では、どの客室からも雄大に連なる峰々を眺めることができます。

東館和室の洗面台

王ヶ頭ホテルの客室・洗面台

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

洗面台は簡素な造りで、下に収納されているのは冷蔵庫。板の間になっており、折り畳み式のタオル掛けも置いてあります。

王ヶ頭ホテルの客室・洗面台

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの客室・洗面台

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

洗面台にあるアメニティは、歯ブラシ・ヘアブラシ・剃刀・コットンなど基本的なアイテム。基礎化粧品としては、棚に化粧水・乳液・ヘアトニックがそろっています。

東館和室のドリンクサービス

王ヶ頭ホテルの客室・冷蔵庫

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの客室・お茶のセット

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

無料でいただける温かい飲み物はお茶で、ポットとともにラックに置いてあります。冷蔵庫は空の状態なので、冷たい飲み物は持参して冷やしておきましょう。氷はフロントにある製氷機で調達できます。

東館和室のユニットバス

王ヶ頭ホテルの客室・ユニットバス

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの客室・ユニットバス

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

バスとトイレは一体になったユニット式。一般的なビジネスホテルでよく見かけるタイプで、手前から、トイレ・洗面台・バスタブという配置です。洗面台にあるソープ類は、DHCのボディソープ・シャンプー・コンディショナー。トレイは洗浄機能付きです。

東館和室のクローゼット

王ヶ頭ホテルの客室・クローゼット

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

クローゼットは上下段の構造。下段にはセキュリティボックスが収納されています。

湯上り後の部屋着は作務衣

王ヶ頭ホテルの客室・作務衣

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの客室・はんてん

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

湯上り後の部屋着として用意されているのは作務衣。また、防寒具として着られるはんてんも用意されています。

王ヶ頭ホテルの大浴場・女湯の展望風呂

王ヶ頭ホテルの大浴場

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの大浴場

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルにある大浴場は男湯と女湯の2つ。それぞれに内湯の展望風呂と半露天風呂があり、24時間利用が可能です。今回お見せするのは女湯の方。洗面台には、化粧水や乳液といった基礎化粧品が一式そろっています。ドライヤーは、鏡の横に設置された壁掛け式のタイプです。

王ヶ頭ホテルの大浴場

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの大浴場

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

内湯は展望風呂。晴れた日には、窓越しに遠くまで連なる山々が見渡せます。洗い場にあるボディソープ・シャンプー・コンディショナーは、DHCと馬油のラインです。

王ヶ頭ホテルの大浴場・女湯の半露天風呂

王ヶ頭ホテルの大浴場

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの大浴場

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

半露天風呂は窓が開閉できる構造。悪天候の際には、締め切りの状態での利用になります。内湯も半露天風呂も温泉ではありませんが、それを補って余りある眺望をたっぷり満喫することができるでしょう。

大浴場併設のリラックスルーム

王ヶ頭ホテルのリラックスルーム

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルのリラックスルーム

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

大浴場には、男湯と女湯にそれぞれリラックスルームが併設されています。マッサージチェアやデッキチェアが置かれており、心身ともにリラックスしながら絶景が楽しめるはず。

王ヶ頭ホテルの貸切風呂

王ヶ頭ホテルの貸切風呂

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

大浴場にくわえ、王ヶ頭ホテルには3つの貸切風呂もあります。予約不要で、空いていればいつでも利用できるというシステム。洗面台には、歯ブラシ・ヘアブラシ・剃刀・ドライヤーのほか、クレンジングジェル・化粧水・乳液といった基礎化粧品も置いてあります。

王ヶ頭ホテルの貸切風呂

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの貸切風呂

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの貸切風呂

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

貸切風呂は贅沢な木曽檜造り。眺望と合わせ、檜特有の芳香も満喫できるでしょう。洗い場にあるボディソープ・シャンプー・コンディショナーは、大浴場と同じDHCと馬油です。

信州のグルメが堪能できる夕食

王ヶ頭ホテルのレストラン

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

夕食の会場は2階にあるレストラン。メニューは和洋折衷の会食膳で、信州の食材をふんだんに使った健康的な料理が味わえます。以下でお見せするのは11月の主なメニューです。

王ヶ頭ホテルの夕食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

上の画像で、左手に写っているお膳は前菜。美ヶ原の秋をイメージしたような盛り付けが印象的で、里芋の肉味噌田楽・紅鱒の寿司・上州牛の市松春巻き・柿なます・やまぶし茸の菊花和えが盛られています。

王ヶ頭ホテルの夕食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの夕食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの夕食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

さまざまな風味で味わえる魚料理の数々。上の3品は、佐久の鯉の南蛮漬け・岩魚の塩焼き・信州サーモンの冷製ロールキャベツで、信州の味覚がたっぷり詰まっています。

王ヶ頭ホテルの夕食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの夕食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

お肉料理は2種類で、安曇野豚のセイロ蒸しと上州牛の赤ワイン煮込み。和洋の2通りで、上質なお肉料理が楽しめます。

王ヶ頭ホテルの夕食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

ご飯はキノコ雑炊。山の幸がしっかりと味わえるうえ、優しい味付けになっています。

王ヶ頭ホテルの夕食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

デザートは、スイーツとフルーツの盛り合わせ。標高2,000mを越すレストランで味わう絶品スイーツは、いつもと違った格別な風味に感じるはずです。

王ヶ頭ホテルの夜食

王ヶ頭ホテルの夜食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

ロビーで振舞われる夜食のサービスも、見逃せないグルメ。献立は仕入れ状況や季節により変化しますが、11月の晩に提供されたのはふかし芋です。

王ヶ頭ホテルの朝食

王ヶ頭ホテルの朝食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの朝食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

朝食も2階のレストランが会場。夕食同様、野菜を多く使ったヘルシー志向の献立となっています。

王ヶ頭ホテルの朝食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの朝食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルの朝食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

お膳に並ぶおかずは、どれも心が和む優しい風味。煮物・お浸し・焼き魚・漬物・豆腐など、和朝食ではお馴染みの料理が一通り味わえます。

王ヶ頭ホテルの朝食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

信州そばは、信州グルメの代表格。山の幸とともに温めていただきます。

王ヶ頭ホテルの朝食

出典:宿らん/王ヶ頭ホテル

コーヒー・デニッシュペストリー・自家製ヨーグルトは、朝食後のサービス。場合によっては、眺望が望める席に移動して、これらのサービスがいただけます。

ページ:

1

2

PAGE TOP